子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

子育て支援から「子育ち・子育て・個育て支援」に 【全ての子どもと大人には本来「力」がある】《第2回》

            01413.gif
 
   【2】. 一人一人の個性と能力を発揮して
        ともに生きることのできる社会の実現をめざして

   
                                       《松葉谷 温子》
  line1150.gif   
   
    私たちが生きている現代社会を、「ひと」としての力・人間力を発揮しやすい
   社会か否かの視点で見直して見ましょう。種として獲得してきたシステムとし
   ての「力」は、DNAレベルで人為的に簡単にはどうこう出来るものではありま
   せんが、遥かに短いスパンで変わる社会のあり方は、人為的に為された変化
   です。
    次代を担う子どもが、人間として基本的な能力・力を獲得し、育み鍛えるに
   相応しい環境・社会のあり方を選択し、つくり直すことに、大人の当事者として
   関わることができるでしょう。
                                 fuki01.jpg
 
  line1150.gif
   
 

              
  02.jpg   

 
   1.「豊かさ」のもたらした矛盾を超えて、真の「豊かさ」とは
 
  これまで高度成長の時代を経て、丁度今の中国やインド、東南アジア等
   の諸国の状況を見ると、20??30年前に子育てしていた頃を思い出します。
   
    多くの人が物質的豊かさを追い求め、また努力さえすればそれが手に入
   るという比較的単純で目標を定めやすい時代でした。このような時代が大き
   く変わり始めていた2004年に縁あって、市役所で仕事をする機会を得て、行
   政の役割が大きく変わりつつあり、変わらざるを得ないことを思い知らされま
   した。人・国民の意識や習慣・慣行は戦後をそのまま引きずっている状態だ
   と痛感しました。     
 
    現代社会を貧困化社会に対し富裕化社会と呼び、その特徴の人間の育
   ちにとってのプラスとマイナス面を対比することで、その像と課題を浮かび
   上がらせ、「人が育ち生きる・家族支援の必要性を説く考え方(大阪市大
   教授・畠中宗一)」を見て、現代社会に生きる当事者としての関わり方を考
   えてみます。
           
   sky1.jpg
 

                               
    富裕化社会の+の特徴 
  利便性、快適性の追求、家族機能の外部化=サービスの商品化と外注、不快感の排除
  (エアコン、紙おむつ、個室、ICT機器・・)
 
  個人単位、家族単位で生活を自己完結できる、私事化の促進・肥大化、集団としての家族の側面の過小評価=対人関係や葛藤を回避する傾向 
  生産的・課題達成型の価値観の重視、メンテナンス(整備維持管理ケア・・)の過小評価
  生活力の訓練の機能低下
 
                               
    富裕化社会の?の特徴 
  動物的な身体感覚の衰退、家族機能の低下
  (五感の鈍化)
 
   お互いが助け合わずに生活できる、社会的な関係を必要としない、規範意識の希薄化、(他人を意識しない生活、ひきこもり現象を支える、不登校、援助交際=被害者のない犯罪・合意形成)、関係性の中での自立=情緒的自立が促されない、想像力の貧困
 
  その価値観になじまない受け皿がない。メンテナンスに相当する役割がなく、他の家族への心・配慮・感度の衰退、情緒の発達の機会を奪う、
 

   この現代社会のままの延長上には子どもの発達も真の豊かさも
   保証できないでしょう。
 
   
 flower1.jpg
              
 

 
     1) 行財政改革は、一人一人が自家発電装置を持つこと

    国の構造の転換、意識の変革等行政改革の真の目的・コペルニクス的転換
   のために、エネルギーを自ら供給し自主運営する国民・住民をいかにサポート
   するかが非常に重要になります。
   
    つまり、一人一人が本来持っている力を発揮しやすくし、その自主的な力に
   国や社会や地域の将来をゆだねうるようにする変革だと思っています。国民・
   住民・当事者がそれぞれのライフステージで自分らしく幸せに生きている実感
   を持つには、自ら納得のいく選択をしていくことが重要です。
   納得のいく選択には、ここに起こる事柄や課題について正しい知識を得ること
   が不可欠です。知は力なりです
          blueberry.jpg
    
2)無意識になっている習慣・行動様式を意識化して
                       ライフスタイルを変える


    この様々な面での多様性を認め合わざるを得ない、社会的・経済的・文化的
   激変の時代に生きるには、そのライフスタイルを変えざるを得ないわけです。
   より大きな・広い目的の達成という意味づけを理解し、主体的に関わることとな
   らないかぎり、新たな習慣への切り替えは難しいと考えます。
   
    私は時々「夕鶴」「鶴の恩返し」の与兵のことを思い浮かべます。欲望は直ぐ
   になれ、更なる要求へと駆り立て、飽くことがありません。 
                                         akaimi3m.jpg
  
  3)人との関わりの豊かさが人間力の開花を促し
                        
人への感度を磨く
    

    コミュニケーション能力、人間関係・対人関係をつくる力、感情をコントロール
   する力は、日々の生活の中で「人と関わること」を通して培われるものです。
   
    大人たちが良かれと思って求め続けてきた生活に、経済・産業界も拍車をか
   け、便利さや快適さを追求してきました。それに反比例して、衣食住・介護看
   護・養育等のサービスの外注による家族機能の外部化は家族機能を低下さ
   せ、近隣・地域・コミュニティ等との関わりが薄くなっていったのです。
 
    小児科医は、関係性に課題のある子どもや親の増加、また健診が子どもの
   病気の診断から親の養育指導へと変化していることを指摘しています。
    そして、将来日本社会は、ロボットによりその快適さや便利さ、効率性を満
   たす方向を目指していくのか、あるいは科学技術を上手に活用して人間との
   共存を考えていくのかの選択のときを迎えています。
      kuri.jpg
    昨年、10日間ほど北欧三国の子ども政策視察ツアーに参加しました。
   北欧では国・社会の中心に「人・人間が生きること」をすえているというのが率
   直な印象でした。三国は一律ではありませんが国の主要な資源として「人間」
   を位置付けているのです。
 
    「バリアフリー」ひとつとっても、日本ではできるだけ他人に迷惑をかけず、そ
   の人の力でできるように障害になるものを取り除くことが見受けられますが、
   北欧ではお互いに暮らしているという感覚で、石畳や段差、階段などで困って
   いる時には、周囲にいる人が自然に手を差し伸べるという具合の「人」を入れ
   たバリアフリーです。
 
    もちろん石畳にあった乳母車のチューブ入りのタイヤなど、そのような環境で
   暮すに必要なハードやソフトの手立てはしていますが、それをスムーズにして
   いるのは人の手や心なのです。問題をことさらに騒ぎ立てるより、よいところを
   のばし広げ認めあう、「ともに生きる」という空気を感じました。
 
    ちなみにノルウェーの保育園・幼稚園では、人の話を聴くこと、自分のことば
   で自分のことを表現することを教育の目標にしていました。
                                  saboten.jpg
  line1280.gif
 
 

 
  24.jpg 
 
 flower1.jpg
              
 

 
    4) 人が資源 人を大切にする社会のあり方
                         . .           
                  私事から私たちごとへ

 
    日本も、科学技術をよりどころとしてきましたが、進んだ科学技術を生み出
   し担うのは「人」であり、人が将来も変わらぬ最も重要な資源といえるでしょう。
   もっと本来持っている子どもの可能性を開花させるに相応しい社会のあり方 
   に、永い見通しに立った、実質的な対応・対策が実行されることを願います。
 
    この日本社会を、そして地域をつくっているのは私たち一人一人です。
   公共の担い手として、自らの「幸せ創造の当事者」として、大人は社会にど
   のように関わるかを自覚的に選択していくことです。
 
    やっと「ワーク&ライフバランス」ということばが言われるようになり、少しずつ
   ではありますが、少子化対策も、働く人への子育て支援から、こどもへの関
   わりの視点を入れたシステムとしての家族のあり方に大きな影響を持つ「働
   き方・働かせ方」の変革へ踏み込んできました。
    clover1.jpg
    これが子どもの成長を保証する国のあり方として、総合的な取り組みになる 
   ことを願います。
   社会の中で「子どもの権利、子どもとして尊重される権利・・」が社会の空気
   としてあたりまえになる。このことは結局は目前の不利益を懸念するより「損
   して得取れ」のごとく、多様性の受容とより重要な大きな目標の共有により、
   国民の主体的エネルギーを「人・子ども」を中心においた社会づくりへと、より
   現実味を持ってくるのではないでしょうか。
 
    すでにに多方面・多分野・多形態の民による活動が、新しい公共の担い手
   として社会に芽吹き育ちつつあります。
   この民的資源の成長蓄積の流れがあってこそ、行政の唱える「協働」も多様
   な連携相手を得ることができるようになります。そして、より目的達
成のため
   の実質的協働が可能になり、ソフト面での行財政改革になるはずです。
   つまり行政は民と競合するのではなく、互いの長所を活かし、新たな役割を
   獲得していく必要があるのです。そのための行政内部の協働が不可欠です。
                                     blueberry.jpg
                                       
 

 
  15.jpg 

 flower1.jpg
              
  21.jpg   
    5) 住民は当事者意識と行動力を支える学び 
 
    行政の変革は時間の問題です。
   住民も、契約と受益者負担、自己責任を求められ、行政への参画の機会も
   格段に広がる中で、時代の変化に相応しい意識の変革、すなわち主体的
   に自分が暮らす地域や社会に関わり、意思表示をし、必要なら行動する
   当事者意識を持つこと、そしてその行動、関わりを自分・自分たちにとって
   より確かなものにするための「時代」(いま・将来にむけて)の学び=障害を
   乗り越える生涯学習が非常に重要になってきます。
   
    転んだ時の杖 転ばぬ先の杖 要は、たった一回の人生を納得して味
   わえるには人生への主体的関わりと責任は必要条件だということです。
 
    納得の中にもちろんそれぞれのテンポと多様性を認め合うことが前提とし
   てあり、それが人権尊重の社会でもあるのです。
   
    一人の力、一人の思いはささやかでも、自分や自分たちのために暮らしや
   すくする行動を共に楽しみながら、納得して進めましょう。
   意味ある目的のための行動は、良いストレスとして私たちの人間力を刺激
   しますし、新たな人との出会いをもたらします。
 
 
   
misebaya.jpg 
 

 
            
 

 
                                             komachi_bn1.gif
 
 
 
 
 
 
 
    
  
 、
 
 

 
 
   
 
 
    

  • -
  • -

弘前発・ままのわ的マタニティーライフ | 適正な体重増加のススメ

  弘前発・ままのわ的マタニティーライフ vol.2 [適正な体重増加のススメ] 

 

  ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ 

              
 

  Question 1
 
  妊娠中は、
  赤ちゃんのために、
 
  いっぱい
  食べたほうがいいの? 

 
 

  先日、母がこんなことを言っていた。
 
  『前は小さく産んで大きく育てろって言われてたけど、 この間テレビで"体重をあまり増やさないと、 胎児の発達が良くない"って言ってた』
 
  だからいっぱい食べてもいいんじゃない、と。
 

 

  ・・・なぜそうなる? 

 

  確かに増えが悪いと、発育不良になるケースもある。が、だからといってやっぱり太っていいわけではない。 

 
              
 

  妊娠中は、子宮周りに脂肪がつきやすいといわれ、 体重の著しい増加は難産になる可能性を高める。妊娠中毒症のリスクも高くなる。だから、産院での体重増加については、厳しいところも多い。 

 

  通常体重が増えるのは、〔食べた分〕>〔動いた分〕だからである。
  なので、よく動く人はたくさん食べても体重は増えにくい。
 

 

  しかし妊娠中は太りやすく、気を抜くと一ヶ月に1kg、2kgなんて簡単に増える。
  ここで動きたくない人は、体重を増やさないために「食べない」ことを考える。
 

 
 

  Question 2
 
  妊娠中は太りやすく、
  太ると
  難産になりやすい。
 
  だから
  食べないほうがいいの? 

 
■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■            
 

 
 
  ↓
 
  ↓
 
   ANSWER!
 

 
 

   ポイントは、きちんと食べて、とにかく動く! 

 

  ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■   

 

   

 
               
 

  Answer 1
 
 
「食べない」のは ダメ。
 
  主食を「ごはん」に
  「和食」のススメ! 

 
 

  妊婦は普通に食べても体重が増えるのだから、 増やさないために食べる量を抑えると無理が出てくる。 

 

 
  栄養のバランスが悪くなり、お腹は満たされても栄養失調になったりする。
  そこから胎児の発育不良、という問題が出てくる。
 

 

  食べるものも大切になってくる。
 
  洋食メニューに偏りがちだと脂質が多く、砂糖も多い。
  産後に母乳を与える際にも乳腺が詰まる原因になる。
 

 

 
  主食をご飯にすると、おかずも和のものになり、
  腹持ちもいいので、おやつに手も伸びにくい。
 

 
 
              
 

  体重を増やし過ぎないように、と言うのは簡単。 

 

  大事なのは『どうやって適正な体重増加をするか。
 

 

  よく食べ、よく動くことが一番。
  食べるものをきちんと食べて、その分を動いて消費すること。
  子宮や産道は筋肉と靭帯の固まりだから、動かすことで伸びもよくなる。
 

 

  かと言って妊娠前にまったく運動しない人が、 急に運動すると、怪我の恐れも。まずはゆっくりとストレッチから。 私はこの間ラジオ体操で筋肉痛になりました…。 

 

  さて、冬の妊婦は今日も息子を連れて散歩…寒い(泣)。 

 
 

  Answer 2 
 
 
  まずは
  ストレッチから、
  体を動かしてみて。
 
  冬の散歩
  気持ちいい… よ♪  

 

 
   (寒いけど(泣)) 

 
 

  ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ 

 

  written by 育児サークル・ままのわ代表 takiko 

 

  ままのわ活動日誌(外部サイト)http://mamanowa.blogspot.com/ 
 

  • -
  • -

発達障害をお持ちの方をサポートしたい!(1)

発達障害をお持ちの方をサポートしたい               
 

  line_bg.gif
   青森市内で 自閉症やADHD・LDなどの発達障害をお持ちの方やそのご家族に役立つグッズの販売やレンタルを行っている「FLY!BIRD」。その他にも育児、子育て支援関連の書籍や、小規模作業所や福祉作業所の製品も扱っている。
 

 

   ここの運営を行っている「発達障害サポート企画BIRD」は、
自閉症児のお母さん達が集まって、互いの悩みを相談しあううち、その必要性に駆られて立ち上げたもの。 

 

   「BIRD」代表の田中さんに、発達障害について、またBIRDを立ち上げた理由と想いについて伺った。 

 

  bird.gif 

 
 
  line_bg.gif  
 
 

  bird_1.jpg 

              
 

   わが息子は、発達障害の仲間の自閉症です。
 
   これまでに、息子とともにさまざまな医療機関や療育施設に通い、私自身も強く成長できました。
 
    親の会にも入会し、親仲間も増え、先輩お母さんの話を聞き、心強く思っています。 

 
 

   しかし、そんな中でも、やはり息子の将来は不安です。 障害を持つお子さんをお持ちの親御さんは皆さん同じでしょう。
 
    将来ちゃんと仕事に就けるのか?一人で生活できるのか?
 
   親亡き後、どのように暮らしていくのか?
 
 
 

 

 
 
 
 
 その子にあった支援ツールの必要性              
 

   これまで、親の会の中での活動で個別課題作成サークル「ビーンズ」なるものをやっておりました。 

 

   そこで、ほかの親御さんと一緒に子供達が理解しやすいような視覚的なスケジュールを作ってみたり、作業の手順書を作ってみたりしていました。いわゆる支援ツールというものです。
 
   なぜそのようなものが必要なのかは、以前の自閉症についての記事(過去記事へのリンクが開きます)をお読みいただけるとご理解いただけると思います。
 

 
 

  ですからここであえて発達障害や自閉症の特徴については書きません。 

 

   ただ、いわゆる普通のお子さんでも何か新しいことを教える時には、丁寧に優しく教えますよね。それと同じなんだということです。私たちもテレビで料理番組を見ながらレシピをメモしたり、カレンダーに予定を書き込みますよね。そこのところをもうちょっと詳しくしてあげるという感覚です。
 

 
 

 
 

 
 
 
 作れないなら作ってあげる
 
              
   その活動を通じて思ったことは、見よう見まねでも器用に何でも作れる方がいる反面、作りたいけど何がわが子にあっているのか、または何からすればよいのか分からない、と悩んでいる方も多いということです。
 
    講座に参加し知識はあるが、実際にどうすれば良いかはやはりその子その子でちがいますからね。  
 
    

  そこで思ったのが、作れない人のために作ってあげようと。
 
   また、以前から仕事上ネットの世界は、比較的明るい方なので、調べ物はすぐにネットでという感じでしたが、意外にあまりネットを活用されていない方も多く、世の中にはとても便利なものがあるのに、存在自体を知らなかったりともったいないなとも思っていました。
 
    では、支援機器も販売しようと思い立ったわけです。 

 

  続きを読む >>
来月の更新をお楽しみに。
 

 
 
  written by 発達障害サポート企画「BIRD」  代表 田中 なつみ
 
 

        → サポートショップ「FLY!BIRD」 http://shop.fbird.jp 

 
  • -
  • -