子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

ひとりじゃ子育てでっきこない(第1回) 《アトム共同保育園(大阪府)理事長 市原 悟子》

03.gif  f014.gif
 
            
 

        子育て大変!の理由 

 
 

 
  《その1 住環境の変化》 

 

  親が始めての子育てに不安を感じるのは、昔も今も同じだと思います
  しかし、昔は不安を感じたとき同居の姑や近所の経験者の
  アドバイスがあったので深い不安に陥らずに済みました。
  子育ても親だけでなく、他の人も共に
  育ててくれる環境でした。
  現在のように母親一人で子育てを
  している状況とは随分違っていたと思います。
 
 

 

  ill038.gif 

 

 
 
 

 

   

                
 

   

 
    
     ・子育てに関する不安がすぐ解消できる。
     ・共に育ててくれる人が身近にいる。
 
    この2点が現在子育て事情とまったく違います。
    現在はほとんど核家族で、またニュータウンや
    マンションという隣近所との付き合いの少ない
    住環境です。
 
    昔のように嫁姑、地縁、血縁のわずらわしさはない
    一方、昔はどこの地域にもいた世話をしてくれる
    先輩がほとんどいないのです。 
               
 
 
                 
             
 
 
 
  f020.gif 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
   
  《その2 家事労働が苦手な父、母》

 
 

 

   

              
             
               
 
 
 
 
 
 
 
  c_ga-bera_o.gif
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             
 
 
 

      現在の親世代は結婚して親元を離れるまで、男女共に
     衣食住など生活の基本にかかわるほとんどすべてが親任
     せだったと思います。
 
      食事づくり、洗濯、掃除などの家事、家計の心配もなく
     何か問題が起こっても親に泣きつけば親が解決してくれる。
     生活全般に責任をもつことなく過ごしてきた人が多いと思い
     ます。
      性別役割分担がはっきりしていた昔の女性は、小さい時
     から家族の労働力として家事の一端の責任を負わされ、
     日常的に家事をこなしていました。
      家事が苦手、器用にこなせない女性もいたと思いますが、
     幼少期から毎日行うことでできるようになったと思います。 
    
      
また家計を助けるために早くから親元を離れて自活して
     いた人は多かったと思います。
 
  hapi04.gif
      
      ところがいまは、幼少期はもちろん青年期になっても家事
     等の日常の身辺処理など何もしてこなかった人たちです。
      
      結婚して初めて親元を離れ、自分で家事をしないといけな
     い状況になるのです。二人での結婚生活を軌道にのせるま
     でには時間がかると思います。
     
      器用な人なら数ヶ月もすれば家事もできるようになるで
     しょうが、不器用で家事が不得手な人は、毎日がとても大
     変だと思います。
      その上、子どもが生まれると状況はもっと大変になると
     思います。家事と子育てに男性〈父親〉が参加せず、負担
     が女性〈母親〉だけにかぶれば、お手上げになるのは当た
     り前のことです。
 
                               clover.gif
 

 

 
 

 
 
  《その3 人間関係づくりがヘタな大人》


 

 

   

              
             
               
 
 
 
 
 
  042.gif
 
 
    042.gif
 
  042.gif
 
    042.gif
 
  042.gif
 
    042.gif
   
 
 
 
 
 
 
             
 
 
 

    

               
    「人間関係を面倒くさいと思う」
    「自分の親のようになりたくない」
    「他人は信用できない」
    「自分がキライ」
    「自分がよくわからない」と言い
    大人としての自分、親としての自
    分に自信をもてない人、人間関係
    での悩みを抱えている人が多く
    います。
 
    
 
  108.gif 

               
 
  001.gif 
    大人になるまでの、他人に安心できない人間関係の体験が影響していると思います。
    学校生活でイジメの体験(イジメをうけてい
  ても誰も助けてくれなかった。イジメをしていても真剣に叱ってくれる人がいなかった)をもつ人。
   受験競争のなかで他人は競争相手としか
  思えない人、他人との仲間意識や助け合い
  の体験がほとんどない人、人間関係につい
  ては良い思いより嫌な悪い思いだけを記憶
  に残す人たちが親世代になっているのです。
 

               020.gif
             
   親同士で悩みを語り合い、支えあえる関係になれたらいい、
  そんな友人が欲しいと望んでいるのに、自発的に関係を作るこ
  とは難しいようです。「自分から話しかけることはできないが声
  をかけてくれたらうれしい、是非声をかけて欲しい」との親の声
  をよく聞きます。
  親同士知り合う場をつくり、親同士をつなぐコーディネーターの
  役割を担う人が必要なのです。
 

 
 
 

 
 
  《その4 子どもを知らない》
  005.gif
 

 

   

                
  f012.gif       自分が子どもを生むまで赤ちゃんの世話などしたことがなく、
    赤ちゃんの成長の様子も知らなかったという親が多くいます。
     育児雑誌を参考にマニュアルどおりにしても、子どもは一人
    ひとり違うので雑誌に書かれているとおりにいかないことが
    ほとんどです。
     子育ては、子どもの様子を見ながら臨機応変に判断する
    ことが求められます。親がいかに頑張っても、思うように子
    どもは動いてくれません。
    子どもは自分の意思を通そうと一生懸命な存在なのですから。
 
 
 
 
  f024.gif 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ill038.gif
 
 

              
    毎日毎日が子どもとの戦いで叱ること
    の多さに落ち込み、こんなはずではな
    かったとの思いは多くの親が感じてい
    ることだと思います。
       
    出産前に描いていた
    〈優しい母とかわいいわが子〉
    という穏やかな生活など皆無です。
    「子育てが楽しめない」
    「子どもを憎らしく思う瞬間がある」
    「私のような育て方で子どもが
    まともに育つのか?」
    と不安と悩みは尽きません。
       
     
   
              108.gif
 
 
 
 
  03.gif
 
 
     子育ては学校での勉強の成果のように
     即座に結果はでません。
     公式を当てはめてれば正解が出る、
     知識を 覚える記憶力があれば満点の
     世界とは全く違います。
       
     答えがでないのですから、自分の判断で
     良いのかと不安になり
     「子育てがしんどい
      誰か変わりにやってよ」
      と叫びたくなる心境だと思います。
 

              
             
               
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
 
 
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
  001.gif
 
 
 
             
 
 
 

    
               実際の子どもがどのようなものか、どんな
          道筋で成長するのか知らない。
          なのに『子どもってこんなものだ』というイメージ
          思い込みが多いのだと思います。
             誰からどのような経緯で思い込まされたのか
          わからないこの思い込みは、とても強烈に
          子育て中の親を支配していると思います。
 
   頭の中の子どものイメージと
   実際の自分の子どもが違うと、
   この子はこれで良いの?
   私の育て方が良くないから?
   どうしたらいいの?と不安に
   なるのは当たり前です。
 
       001.gif      
 
           「最初の子育てのときは、何もかも分からなくて
       不安ばかりで しんどかった。
       2子、3子になるにつれ不安は少なくなり
       しんどさがましになった。
          3子でやっと子育ての楽しさを感じている。
       これまで何に対して不安だったのかと
       不思議に思うほど今は何も不安がなくなった。
       きっと子どものことが分かってきたからだと思う。」
       というある母親の発言からわかるように
          <子ども>というものの特徴を知らないが故の
       不安が大きいと 思います。
          <子ども>というものを知れば、子育ては随分楽に
       なるのです。
   
                    015.gif
 

 

            
 

    005.gif
                次回は、【子どもを知る】と題して年齢別の
            子どもの特性について、ご紹介いたします。
        005.gif
       

 
         line1140.gif
 
   紹介.jpg
 
              
 

   アトム共同保育園は「保護者と保育者(保育士・職員)、そして保護者同士がお互いを支え合う“子育てなかま”になって共に子どもを育てていく」という特色のある運営をしている保育園です。
  市原先生はその保育園の理事長として日々子どもたちとかかわり、御講演や著作などでも幅広くご活躍されております。 

 
 

 
 
 
    

 

 
  • -
  • -

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる

                       
  s00.gif 
 
  people.gifmono15.gif 
 
 

  s00.gif 

 
            
 

    弘前市で精力的に子育て支援活動を続ける、特定非営利活動法人 弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる。 

 

    代表の清野さんにお願いして「ぴーぷる」の活動方針、事業内容や今後の活動計画などについてご説明をいただきました。そして清野さんの胸にある、ぴーぷるを通じた熱い想いも伺いました。子育ても街づくりも・・・ステキなぴーぷるといっしょに心「ワサワサする」体験をどうぞ! 

 
 
            
 

  s11.gif
      
 ぴーぷるの活動方針   ・・・>読むs11.gif  

 

  子どもを見守り、子どもの育ちを喜びあえる地域社会の構築を目指して
    

 

  s11.gif
       ぴーぷるの事業内容   ・・・>読む
s11.gif 

 

   1.子育て支援事業 

 

   2.まちづくり事業 

 

   3.学習支援事業 

 

   

 

  s11.gif 
      ぴーぷる代表からのメッセージ ・・・>読む
s11.gif
 

 
 
 

   ■ 特定非営利活動法人 弘前こどもコミュニテイ・ぴーぷる 事務局 

                
  home12.gif
  〒036-8035 弘前市    
     大字百石町 3-1
 
  TEL 0172-34-0171 
  FAX 0172-34-0171
 
  mail1.gif ytyng@cna.ne.jp    URLa_b1.gif
  http://hicope.blogzine.jp/hicope/ 
  • -
  • -

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる (1)活動方針

                       
  s00.gif 
 
  people.gifmono15.gif 
 
  s00.gif 
                          
 

  s11.gif
   1  ぴーぷるの活動方針
  s11.gif
 

 
 

  子どもを見守り、子どもの育ちを喜びあえる地域社会の構築を目指して
  s11.gif  

 

 
              
             
 

   子どもをめぐる心痛む事件が止まない中、その原因の一つに核家族化、少子化 が進行し地域的なつながりが希薄になっていることが叫ばれています。 

 

   メディアやゲームが氾濫している社会環境で、親も子もともすれば個に陥りがちな昨今、これを食い止め安心して子育てを楽しみながらしていける環境づくりや、親子での社会的な体験活動を意図的に地域住民で支えあう場面が必要とされています。 

 
  
             
 

   そのような中、育児相談ができる機関が増えて子育てを支える環境は整ってきているものの、市民レベルでの支援も積極的に行っていってこそ、21世紀を担う子どもたちの時代がより豊かになっていくと感じています。 

 

   子どもと親、関わる人がお互いに認め合い自己肯定感を持ち生きる喜びにつなげていける『人と人との地域循環型の子育て発信場所』となれることを目指して“特定非営利活動法人弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる”は設立されました()。 

 
※2005年8月5日付けで 青森県より164番目で認証
 
 

 

  s00.gif
  << ぴーぷるのTOPへ戻る            2 ぴーぷるではどんなことをやれるの?>> 
 

                
  home12.gif
  〒036-8035 
  弘前市大字百石町3-1
  TEL 0172-34-0171 
  FAX 0172-34-0171 
  mail1.gif ytyng*cna.ne.jp
 
  ※スパム対策のため、@を
   *に変えて表示しています。
   メール送信時は
   @マークに直して
   送信して下さい。
  
  URLa_b1.gif
  http://hicope.blogzine.jp/hicope/ 

 
 

  mattari-bana1.gif banar.GIF 


  • -
  • -

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる (2)事業内容

                             
  s00.gif 
 
  ぴーぷるmono15.gif 
 
  s00.gif 
 

 
  s11.gif
  2  ぴーぷるの事業内容
   s11.gif 
 

               
             
 

   非営利活動法人として、「子どもをも守り、子どもの育ちを喜びあえる、地域社会の構築を目指して」をミッションに、常に子どもの生活実態に目を向け、子どもにとって必要な活動を実践し、様々な実体験の中でバランスのとれた人格を育てていくことを目指して活動をおこなっています。 

 
 
             
 

   主な事業としては、子育て支援、まちづくり、学習支援を主要事業として、子育て支援の視点からみた社会貢献活動をおこなっています。 

 

 
 

 
 

 
 s11.gif
 
 
 
      ※以下の事業内容開催(予定)日はすべて、2008年8月現在のものです。
         詳しくはページ下の連絡先までお問い合わせの上、ご確認下さい。
 s00.gif            
  1.子育て支援事業                                                                                        
  タイトル    内容    開催日
 
  ■チャオチャオ!   

   就園前の子どもとその保護者、およびマタニティーママのてづくりの出会いのひろば 

 
    
  ■チャオチャオ!ひよこひろば   

  1歳半まで、またはヨチヨチ歩きの子どもとその保護者を対象とした出会いのひろば 

 
    
  ■チャオサロン   

  子育て中の親、および地域の大人のための託児を設けた趣味の教室 

 
  9月4日(木)
  10月2日(木)
  11月6日(木)
  12月4日(木)
  2月5日(木)
  3月5日(木)
 
  ■ファミリーシアター   

  親子で心が動かせられる共有時間と心の栄養を培うプロの集団による生の舞台鑑賞 

 
  不定期 
 
  ■ひこぴーくらぶ
 
 

  親子の体験活動を通し、地域住民が安心できるまちづくりの推進活動 

 
  不定期 
  ■おもちゃひろば
  (学びあい支えあい
  地域活性化推進事業)
 
 

 
   おもちゃを通して市民レベルのコミュニケーション力向上を図り、地域間のつながりを活性化させる活動 

 
  7月27日(日)
(終了しました) 
 
  ■おもちゃと絵本が
  つなぐ私たちの
  コミュニティづくり活動
 
 

  おもちゃと絵本に出会う機会をつくる仕組みづくりと場を提供し、子ども達の健やかな育ちを支えていく活動 

 
    
 

  s00.gif 

 
            
 
 

  2.まちづくり事業 

                                                         
  タイトル    内容    開催日 
  ■まちをあそぶ!   

  子どもたちが心と身体を動かして、自らの力で楽しめる遊びを創り出していく体験活動 

 
  7月13日(日)
  (終了しました)
 
  ■あそび環境づくり指導者育成プログラム
 
 

   遊び、表現活動を通じて、関わりあう中で、一人ひとりが自分らしく表現することを目指し、豊かな遊び環境、および豊かな地域社会を創り出す活動 

 
  9月26日(金) 
  ■百石町納涼まつり   

 
   百石町商店街夜店まつりへの参加 

 
  7月18日?7月19日(土)
  (終了しました)
 
  ■省エネルギー推進・普及啓発活動   

  市民レベルにおける効果的な省エネルギー推進・普及啓発活動 

 
  2009年
  2月10日(火)
  予定
 
 

  s00.gif 

 
 
            
 
 

  3.学習支援事業 

                                                                   
  タイトル    内容    開催日 
 
  ■人権教育
  学習推進活動
  (人権教育・学習推進
  モデル事業)
 
  参加体験型による人権学習の機会の提供と学習効果にかんする調査・研究活動    10月18日(土)11月22日(土)2009年1月23日(金)注:各日予定 
  ■元気まち創造
  サポーター育成活動
   (元気まち創造
  サポーター育成事業)
 
 
   将来のまちづくりの担い手である高校生の人材育成活動。08年度活動は、弘南鉄道弘南線の見どころマップづくり活動 
  7月?11月初旬 
  ■私らしく元気アップ講座(学びあい支えあい地域活性化推進事業)    子育て中の女性と子育てがひと段落したら社会参画したいと思っている女性を対象とした学習会と実践の活動      
 
  ■子育てママの再チャレンジ講座(女性の再チャレンジ事業) 
  子育て中の女性と子育てがひと段落したら社会参加をおこなうための学習講座    10月?2009年2月予定 
 
  ■調査研究・
  普及啓発活動
 
  子育て支援の視点から、自発性・主体性による青森県の発展に寄与する政策提言・調査研究活動      
s00.gif 
 
 

  << ぴーぷるTOPへ戻る               3 ぴーぷる代表からのメッセージを読む>> 

 

  s00.gif 

 

    お問合せは・・・特定非営利活動法人 弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる 
 

                
  home12.gif
  〒036-8035 
  弘前市大字百石町3-1
  TEL 0172-34-0171 
  FAX 0172-34-0171 
  mail1.gif ytyng*cna.ne.jp
 
  ※スパム対策のため、@を
   *に変えて表示しています。
   メール送信時は
   @マークに直して
   送信して下さい。
  
  URLa_b1.gif
  http://hicope.blogzine.jp/hicope/ 

 
 
 

  mattari-bana1.gif banar.GIF 

  • -
  • -

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる (3)メッセージ

                                   
  s00.gif 
 
  ぴーぷる 
 
  s00.gif 
 

  s11.gif
   鳩のイラストぴーぷる代表 清野真由美さんからのメッセージ
  s11.gif 
 

 
  message.GIF女の子イラスト 
s00.gif              
 

    私自身、地域全体で子どもを見守っていける環境、 子どもの育ちを喜び合える環境をつくらなくてはならないと思っていました。そして、それには財政面、人材 面でいろいろな人たちに関わって欲しいと。そのために はやはり、NPO法人として活動するのが一番いい形でした。 

 

   今年の春に2代目の代表に就任しました。収入は、 主に100人ほどいる会員からの会費と委託事業費、寄付金からなっています。おこなっている主な事業は、子育て支援事業、まちづくり事業、学習支援事業です。 

 

   事務所が弘前市の弘前公園に近い百石町という商店街にあります。弘前公園では、『まちをあそぶ!忍者修行大作戦』というまちづくり事業を7月13日に子ども、大人あわせて200人の大所帯で開催しました。今年で2回目ですが、昨年は約130人の参加、今年は1,5倍の参加者数でした。二年続けて来た子どもも大勢いて、この事業によせる子どもたちの熱い期待を感じました。
 
 

 
    忍者修行大作戦は、今の子ども達が失っている「イメージ遊び」で、まちとの出会いや関わり合いの中で、新たな視点でまちを眺めてみたり、イメージをかぶせて遊ぶことで、未知の想像力を発揮するあそびです。 

   修行が終われば「巻物(修行修了証書)」がもらえるんですよ。幼稚園年長から小学校6年生まで参加できるのですが、もし、幼稚園から小学校6年生まで毎年参加すれば7本の「巻物」がもらえますよね。そんな子どもが現れるように、この事業はずっと続けたいと思います。
 

 

   子ども達との関わりも勿論ですが、大人との関わり合いも大切です。子育て支援の目線で、まちづくりも、学習支援もおこなっています。 活動を通じて、胸がワサワサと揺さぶられるような、そんな素敵な弘前のまちにしていきたいと思います。 

 
                  
  忍者修行2008 写真 
 
  ぴーぷる役員構成
  (平成20年度)

  s11.gif  

  代表理事:清野眞由美
  専務理事:田中 弘子
  常務理事:八?角弥(事務局長)
  理事:中畑信子
  ・佐々木富美子
  ・工藤英子(事務局次長)
  ・古川良一
  ・三浦佐知子
  ・今 薫
  監事:鶴賀谷貴・宮川文枝 

 
 

  s00.gif
  << ぴーぷるのTOPへ戻る         

 
 

  mattari-bana1.gif banar.GIF 

  • -
  • -