子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

コドモごころ☆ロゴロゴ青森

           
 

   コドモに関係のあるロゴマークをまとめてご紹介。
   見かけたことあるもの、知らなかったもの、ありますか?
 

 
            
 

   05.gif 

 
              
             
 

   諸君、ワシの名前を知らんかの?
 
   青森県の子ども達が、県内各地で、いつでも、どこでも学べるようにしている県民カレッジの「子どもカレッジコース」の顔じゃよ。
 

 

   幼児から中学生までが学びたいと思ったときにいつでも、無料で入学できるんじゃ。講座によっては受講料や教材費がかかるものもあるけれどもな。 

 

   県内の様々な体験学習やスポーツ教室に参加したり、県内79の博物館や体験施設に行ってみたり、はたまたカレッジ認定のテレビ番組やビデオを見ても、1単位として受講シールがもらえるぞ。 

 

   50単位のシールがたまると、認定証がもらえるんじゃ。習得単位数により4段階の奨励賞が授与されるしくみになっておる。楽しみじゃろう? 

 

   みんなこぞって応募してくれたまえ。申込み方法や詳しい学習情報はこちらを開いてみてくれたまえー。 

 
 

   

 
  :::::::             
 

    マナビーンズ博士1.jpg 

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  「学ぶって何か楽しい!
  わかるって何か嬉しい」
 

 
 

 
    

 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  マナビーンズ博士 

 
 

  青森県総合社会教育センター主催、
  県内の幼児から小中学生を対象の
  「子どもカレッジコース」の顔
  

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

  子「おかあちゃん、おかあちゃん」
  親「なあに?」
  子「私達って何のマークなの?」
 
  子「リンゴだよねぇ」
  子「違うよ、aomoriの“a”だよ!」
  親「そうねぇ、どっちも当たりよね。私たちは、県内で“子育てを応援するサービス”を行っているお店に付けられるマークなのよ。」
 

 

  子「どんな応援?」
  親「応援の仕方には二種類あってね、一つは割引・特典型の『ニコニコ店』、もう一つはお出かけ配慮型の『ほのぼの店』なの。」
 

 

  子「何が違うの?」
  親「まず『ニコニコ店』はクーポン券の呈示で妊婦や18歳未満の子供連れの家庭を対象に、割引やポイント増量、優先予約などのサービスを提供してくれるのよ。緑色のにっこりマークが目印。」
 
  子「じゃあもう一つは?」
  親「オレンジ色のマークが『ほのぼの店』よ。」妊婦や子育て家庭がお出かけしやすいように、例えば授乳室やプレイルーム、ベビーカーや子ども用食器を貸し出してくれるお店に付くの。」
 
  子「エー!すごい!行ってみようよ!」
  親「そうね、まずはこちらで近くにある店を調べてみるわ」
 

 
 

   

 
  :::::::             
 

    シンボルマーク(大サイズ).jpg 

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  「お店の情報は、
  ホームページを見てね。」
 

 
 

 
    

 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  青森子育て応援
  わくわく店
 

 
 

   子育てを応援するサービスを行っている
  県内のお店に付けられるマーク。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

  子「・・・・」
  母「いいこ、いいこ♪ねんねしてるの?」
  子「・・・ママ、ぼくゆらゆら気持ちいい」
  母「ママのお腹に居るからよ」
  子「なんでゆらゆらしているの?」
  母「ママが歩いているからよ」
 

 

  子「・・・ママ、今度はガタゴト揺れてるよ」
  母「そうね、電車に乗ったから」
  子「そっか、電車ってガタゴト揺れるんだね」
 
  子「・・・ママ、ママ、なんだか苦しいよ」
  母「うん・・・ずっと立っていたからかな、下腹が張ってきたみたい。頑張って、降りる駅まであとちょっとよ」
  子「・・・キューッと閉まって苦しいよ。痛いよ??」
  母「困ったわ・・・どうしよう・・・」
 

 

 
  子「ママ!急に楽チンになった!お腹、ほわぁってあったかくなった☆」
  母「良かったわ。今このマークを見て、ある方が座席を譲ってくれたのよ。」
  子「こないだはこのマークを見て、近くの人がタバコを消してくれたしね。ボクこのマークだーい好き!どこでもらえるの?」
  母「こちらでダウンロードできるのよ。妊婦さんはみんな身につけると、わかってもらえて嬉しいよね」
 

 
 

   

 
  :::::::             
 

    h0301-1d.jpg 

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  「おなかに
  赤ちゃんがいます」
 

 

   
 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  マタニティマーク 

 
 

  妊産婦が交通機関等を利用する際に身に
  つけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすく
  するもの。
  さらに交通機関、職場、飲食店、その他の
  公共機関等が、ポスターなどとして掲示し、
  妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

    みなさんこんにちは。私をどこかで見たことがありますか? 

 

   私は“○○○を大切にする心”をはぐくむ運動に多くの方々が参加してもらうために生まれたロゴマークです。  

 

    将来を担う子どもたちが、心身ともに健やかに、たくましく成長することは、県民全ての願いですよね。子どもに関する痛ましい事件が多発する昨今ですが、子どもたちが、○○○を大切にし、他人への思いやりをもち、たくましく健やかに生きていけるよう県民総ぐるみで、○○○を大切にする心を育てるための様々な取組みを進める運動なんです。 

 

   具体的には、○○○の大切さを伝えるメッセージの発信など、だれもがそれぞれの立場で参加できます。 

 

   例えば19年度は、このテーマに即した絵本の原作を募集し、命を大切にする心を育む絵本を制作しました。学校、図書館、保育所等に広く配布しますので、是非子どもと一緒にご覧下さい。 

 

   また、「声かけリーダー」の皆さんが地域の方々と一緒に、子どもたちへ朝夕の声かけや見守りを行いました。このほか、20年度開催予定の「○○○について子どもと大人が本音で語り合うワークショップ」を企画・運営するコーディネーターを養成するセミナーを開催しました。今後、各地でワークショップが開催されます。皆さんの参加をお待ちしています。 

 

   私をどこかで見かけたら思い出してください。そして一人ひとりに何ができるか考えてみましょう。  

 
 

   

 
  :::::::             
 

  undo_logo1.jpg  

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  ひとつのいのち。
  みんなの
  だいじないのち。
 

 

   
 
            
 

  05.gif  

 
                
   答え・・・⇒   

  命を大切にする
  心を育む県民運動

 
  文中の
○○○は、
  「いのち(命)」です。
 

 
 

  子どもたちが、命を大切にし、他人への
  思いやりをもち、たくましく健やかに生き
  ていけるよう育てるため、県民総ぐるみで、
  命を大切にする心を育てるための様々取り
  組みを進める運動です。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

   こんにちは!○○○です。 

 

   「あそびたい」「しりたい」「まなびたい」という、子どもの心、願いを、まあるいからだにいっぱい詰め込んだ、“子どもの豊かな心を育む環境づくり推進運動(「○○○運動」)”のシンボルキャラクターです。もう、どこかであなたと会ったことがあるかもしれませんね。
 
   青森県では、子どもたちが青森県の豊かな自然、歴史、文化の中で、家庭の絆や地域の温かい見守りに包まれながら、遊びや様々な体験を通して豊かな心を育む環境づくりを目的とした県民運動を推進してきました。
    

   現在、この「○○○運動」を、もっと地域のニーズに合った形で推進しようと、多くの地域に自主的なネットワーク組織が立ち上がりはじめ、地域独自の活動が進められています。
 
   今後の「○○○運動」は、こうして各地域に立ち上がったネットワーク組織がさらにつながり、既存の子どもにかかわる各組織ともつながって、「青い森の子どもを育むネットワーク」として成長することを目指しています。
 
   子どもの豊かな心を育む環境づくり推進運動は、地域の皆さんのアイデアと力でこれからも進められます。もしかしたら、そこでまた○○○と会えるかも?しれませんよ。
 

 
 

   

 
  :::::::             
 

  ashumaru.gif  

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  あそびたい
  しりたい
  まなびたい
 

 

   
 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  あしゅまる
 
  文中の○○○も、
  「あしゅまる」です。
 

 
 

 
   「あしゅまる運動」は、多様な体験や活動を
通して子どもたちが豊かな心を育むことを
  目的としています。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

   

 
 
 

   さて、上に出てきたシンボルマーク・ロゴマークたちの名前と活動、
わかりましたか?
 
   日本全国、そして青森県それぞれの様々な事業・活動がありますが、
  一番使うのは子育て(妊娠)中の貴方と子どもたち!
  楽しく覚えて、上手に活用してみてくださいね。
 
   そのほか、県内の各地域内にも、いろいろな子育てにまつわるロゴマーク
  があります。目に留まったら、どんな活動のマークなのか、調べてみると
  いいことあるかも。だってみんなにもっと知って、もっと使ってもらうためのロゴ 
マーク、なのですから・・・☆ 
    
    あなたが考える「こんな意識が大事よね」というロゴマークを作ってみて、
  ネット上で配布するのも面白いかもしれませんね。みんなに受入れられれ
ば、
  全国、いや、全世界に広がるかも知れません。育児、家事、仕事の合間に、
  ひとつ考えてみてはいかがでしょうか?
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 

 
  • -
  • -

思春期のミカタ~手を離すよ、見守るから。[INDEX]


思春期のミカタ・・・あなたが知りたいのは⇒ 見方?   それとも 味方?















1;思春期の方」  










読む














1-1kuroma_2.gif 思春期のモンダイ     




◆このごろあの子がわからない・・・。不安定で繊細な「ガラスの10代」

時代が変わった! 子どもも変わった?!




 1-2kuroma_4.gif 思春期のシンズイ 






●「子どもが言うことを聞かない」、「子どもがわからない・・・」



●思春期の永遠のテーマ、「反抗」と「性」



●「自分らしさ」「自分の未来」もジブン次第。現代っ子の苦労














  2 ; 思春期の 「方」   













2-1kuroma_5.gif ココロの味方   










読む









●いつも誰かが耳を傾ける keitai_7.gifチャイルドライン



●ケータイ・ネットは味方?警察も地域の味方! paso_1.gif 「少年サポートセンター



●自分の手で声で居場所を創る chair.gif 「青森市こども議会






2-2kuroma_3.gif カラダの味方     










読む


              


● underwear_1.gif             

ピアカウンセリングサークル・スマイル



underwear_4.gif    あおもり思春期研究会




 








3;「」を「」う「」に。 













読む





















3kuroma_6.gif の味方      



●親のための思春期講座



●コミュニケーション術 



●「私はこうしたよ。」先輩たちのワンポイントアドバイス








bn_ta.gif


  • -
  • -

思春期のミカタ(4) 「春」を「思」う「時」に。

            
 

  3;「」を「」う「」に。  

 
 
 
             
 

             
3kuroma_6.gif の味方             CONTENTS         

   

 

  1●親のための「思春期講座」を受ける。

  「コミュニケーション術」を身につける。 

 

  3●“私はこうして乗り切った!” 「先輩の体験談」を読む。 

 

  4●子どもの春をじっと見守る。「春」を「思」う「時」に。 

 
 

   

 
 
 
 

   

              
             
 
 

  1●親のための「思春期講座」を受ける。 

 

   

               
             
 
 

   「子育て」と言うと、ついお乳幼児をのお守りをイメージしがち。うちの子はもう一人で留守番も買いものも大丈夫・・・。でも実は、思春期の「子育て」こそ、親の在り方がとても重要らしい。
 
   思春期を知る。子どもの置かれた環境や心境、親の対応の仕方を知る・・・。正しい情報を知ることで、子どもを見る目が変わるはず。
 
 あなたの家の近くで、もしくは家事の合間にお茶でも飲みながら、「思春期講座」受けてみては?  

 

 
 
  ■地域の「子育てサポートセンター」の思春期講座 
 
                               
             
 
 

   青森県の各市町村では、青森県家庭教育推進協議会から委嘱を受けた「子育てサポーター」が さまざまな子育て講座を企画している。思春期の親を対象とした講座も多く、原則として受講料は無料(託児付)。
 
   詳しくは お近くの「子育てサポートセンター」にお問合せを。身近な「思春期」の子育てのヒントが、見つかるかも。
 

 
             
 
 

  過去の例 >>
 
  ・私の気持ち、あなたの気持ち、上手く伝え合うには…
  ・思春期保健シンポジウム
  ・家族で考える携帯電話?何が起こっているの?どうすればいいの?
  ・思春期の心理と親の役割     
などなど・・・ 

 
      平成20年度から協議会・子育てサポーターの活動内容が変わります。 
 

 
 
  ■自宅で空いた時間に「Eラーニング講座」
 
 
               
             
 
 

   「どこかへ出かけて、お勉強なんてイヤ!」という方には、自宅のパソコンから見られる動画講座が! 

 

   家事の合間に、深夜の息抜きタイムに。いつでもコーヒー1杯分の時間ですぐ見られると好評。わかりやすい言葉と優しい語り掛けに、子育ての悩みが解けていくよう…(閲覧は無料ですが、通信費はご負担下さい)。 

 

  ●閲覧方法⇒「すこやか子育てあおもりネット」のトップページから、左メニュー内の「子育て学習」をクリックして、開いた画面内の「子育てワンポイントアドバイス」をクリックすると、メニューが開きます。お好きなタイトルをクリックすると、ご覧になれます(音量にご注意下さい)。 

 
 

  FILE NO.1★「思春期は子育てがしんどい
  -不登校・摂食障害などをめぐって-  臨床心理士 蝦名享子 さん
 

 

  1 思春期とは… 
  2 思春期にクリアしておくこと
  3 思春期によく見られる心の問題
  4 不登校の6つのタイプ 
  5 不登校の臨床経過
  6 摂食障害
  7 子どもの心の問題に気付いたら
 

 

  FILE NO.5★「子どもの自信を育てるために(小学生編)
  ?できることの積み重ねから?  弘前大学教育学部助教授 小林央美 さん 

 

  1 小学生の時期は
  2 「私はできる」ということを学ぶ
  3 劣等感を上回る有能感を育てる
  4 事例1 お腹が痛い1年生のA子さん
  5 100点を取れなかったらどうしよう
  6 子どもの聞き役に徹する
  7 困ったことを解決するプロセスを大事に
  8 事例2 「私、頭悪いから」という6年生のB子さん
  9 できることの積重を大切に
 

 

  ・・・他にもすぐ聞けてためになる子育てのヒントがいっぱい! 

 
 
 
 
              
             
 
 

  2●「コミュニケーション術」を身につける 。 

               
             
 
 

   子どもの気持ちを聞きたいと思うのに、いつもお説教になってしまう・・・。親の気持ちを伝えたいと思うのに上手く伝わらない・・・。思春期の子どもとの関係に、イライラしたり、ストレスを感じているお父さん、お母さん。
 
   どうしていつもこうなる?そう思ったら、まず自分の表現を変えてみては?自分が変わると子どもが変わる!県内各地の「コミュニケーション術」の教室をいくつかご紹介。
 

 

  ・親業【青森】・ハッピーコミュニケーション【弘前】
                           
 

 
  s_5.gif 【親業】
  

 
 

 
  《青森》
  

 
 

  ■相手とココロがつながる
  コミュニケーションのワザ

 
   「聞く」「話す」「相手との対立を解く」の3つの方法を基本にしたコミュニケーショントレーニング『親業』は、子どもに限らず、ひととの関係を上手く保つのが苦手な方でも楽しく学べる方法です。
 
   相手の気持ちも、自分の気持ちも大切にする人間関係を一緒に築いてみませんか?
 

 
 

   
 

 

       

 
               
 

  img040.jpg  

 
   img041.jpg 
   ●問合せ申込み

  あおもり親業研究会事務局 幸伸保育園内 代表 中村伸吾

  TEL 738-2111
 
                       
 

 
  s_2.gif 【ハッピーコミュニケーション】

 

 
 

         
  《黒石・弘前》
      

 
 

  ■家庭でも・学校でも・職場でも
   ハッピーライフ 思いを伝えあう
  コミュニケーション上達法
 

 

   コミュニケーションのキーワードは「つながっている思い」「勇気」「勇気づけ」「相手の思いを受けとめる聴き方(で聴く)」「私の伝えたいことを伝わるような伝え方(で伝える)」。
   前向きでハッピーになり、人間関係や生活に役立ちます。事例や課題を中心にコミュニケーションの実践法を学びます。
 

 

  場所:弘前市総合学習センター
  毎月第二・第四火曜日 午後6時30分
 
  メール/ kokoronoeki_narumi*yahoo.co.jp
  (スパム対策のため
  @を*に変えて表示しています)
 

 
               
 

  img009.jpg 

 
   img010.jpg 
 ●問合せ・申込み

  みちのくエンカレッジの会 心の駅・なるみ主宰 カウンセラー 鳴海敏之

 
  TEL090-7933 2411
 
 
 
 
 
 
              
             
 
 

  3●「私はこうしたよ。」先輩たちのワンポイントアドバイス   

 

  最大の秘訣は、「黙って見守る」! 

               
             
 
 

  ・いちいち指示しない。
  ・口を出さない。
  ・話を聴く。
・肩の力をぬく。距離を置いて見守る。
  ・子どもとの約束はちゃんと守る。
  ・最後まで付き合う。
  ・子どもが本気の時、親が真剣にきちんと向きあう。
・不安な時は、大丈夫だよ、と言葉や態度で伝える。 

 

 
 

  ■誰でも悩むのが、思春期。乗り越える力を育てよう。 

               
             
 
 

  ・どの子も悩むのが思春期。悩んでいるのは一人だけではなく、周りのどの子も、その子なりの悩みを持っていると伝える。 

 

 
  ・これから生きていく上で、もっといろんな悩みを経験していく。解決できない悩みも、人に聴いてもらったり、気分転換をして「解消する」力を身につけさせる。
 

 

  ・子どもの役目は、遊んで、学んで、“失敗して、悩んで”、育つこと。親の勤めは“子どもを一人前(一人の大人)”に育てること。 

 

 
 

  ■親の勤めは?親にできることは? 

               
             
 
 

  ・生活の環境・リズムを整えてやること。
  ・食事作りと健康管理、基本的な社会的ルールと善悪の基準を教える(しつけ)。
 

 

 
  ・携帯電話ほしい。外泊したい。子どものおねだりもダメなものはダメ。他所が良くても、うちはダメ。 

 

 
  ・そっぽを向くのも反応のうち。「おはよう」「お帰り」の挨拶や「最近どう?」などの声掛けを続ける。“ここであなたを見ているよ”のメッセージとして。
 

 

  ・たとえ子どもが興奮して声を荒げても、親はあくまで落着いて、声のトーンを控えめに、静かに話す。
 

 

  ・子どもに聞くのではなく、親同士のネットワーク・情報網を作って、子どもの環境を知る。
 

 

  ・子どもに家庭で勉強以外の役割を与える。
 

 

  ・時には子どもと二人で旅に出て、日常と違う環境で将来について話し合う。
 

 

  ・学校に行かなくなった子どものため、犬を飼って世話をさせた。  

 

 
 
 ■子どもに恋人ができたみたい。恋の目覚めは嬉しいけれど。 
 
   
               
             
 
 

  ・息子に彼女ができた頃、様子を見て一度「男の子と女の子は違う。自分の姉がされて困るようなことは、付き合っている女の子にもしたらダメ!ずっと人の記憶に残ること。男ができることを考えて、一生恥ずかしくない付き合いをしてね」と話した。 

 

 
  ・娘に「お母さん、生理が来ないんだけど」と相談され、お父さんには内緒で彼氏も呼んで、「相手を大事にすることは、自分も大事にすること」「学生で命の責任が取れますか」ときっちり本気で話し合った
。その後生理は来たが、いい機会だったと思う。
 

 

  ・「好きということ」「付き合うということ」「体のこと」普段の会話の中で話し合い、「自分を大事にして」と伝える。 

 
 
 
 
 
              
             
 
 

  4●子どもの春をじっと見守る。「春」を「思」う「時」に。 

               
 

  思春期。
 
  大人として異性を大事に、自我が芽生える時。
  それはまるで春を待ちながら、
  厳しい冬を乗り越えようとする、
  2月の若い樹木と同じ。
 

 

  思春期は、子どもたちが、それまでの親子関係に
  「サヨナラ」をする季節。
  もうすぐ、一皮むけた、新しい子どもとの関係が
  「コンニチワ」する
  大事な、楽しみな季節のようです。
 
  それまでにしっかり我が子を受け止めて、
  手を離して、そして目をかけて。
  巣立とうとする子どもの背中に、
  たくさんの言葉にならない「アイシテル」をしておきましょう!
 

 
 

   


 
 
woman_14.gif 
 
 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
 
  • -
  • -

思春期のミカタ(1)思春期の「見」方

           
 

  1;思春期の方」   

 
 

             
 

  1-1 kuroma_2.gif 思春期のモンダイ      

 

 

  ◆このごろあの子がわからない・・・。不安定で繊細な「ガラスの10代」
  ◆
時代が変わった! 子どもも変わった?!
 


 

   1-2kuroma_4.gif 思春期のシンズイ  

 

   

 

  ●「子どもが言うことを聞かない」、「子どもがわからない・・・」 

 

  ●思春期の永遠のテーマ、「反抗」と「性」 

 

  ●「自分らしさ」「自分の未来」もジブン次第。現代っ子の苦労 

 
 

 

 

 

    

 

    

 

  1-1kuroma_2.gif 思春期のモンダイ                     

 
              
               
             
 

   

 
 
 

  ◆このごろあの子がわからない・・・。

 小さい時は素直ないい子だったのに、最近は反発したり無視したり。ちっとも言うことを聞かないかと思えば、妙に無口になって部屋にこもりがち。この頃あの子の姿が見えない。わからない・・・。
 

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆不安定で繊細な「ガラスの10代」 

   小学生高学年から高校生くらいまでは、自立に向かう大切な時期。もうコドモでもない、でもまだオトナでもない。つまり、親は干渉し過ぎてもダメ、放任し過ぎてもダメ。
 

 

   親の存在に苛立ち、友人の存在に過敏になり、自分の力を過信したり幻滅したり。そんな不安定で繊細な「ガラスの10代」は、親だって経験してきたはずですよね。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆時代が変わった! 子どもも変わった?!  

 

   でも今は時代が変わりました。ケータイとネットを駆使して、多くの情報を自由に得たり、友人とそつないやりとりをする子どもたちが増えているといいます。 

 

   コミュニケーション術に長け、親や先生と表面上は問題なく付き合いながら、未来への不安を話せずに、抱えこんでしまう子どもたち。 

 

 
 

  beads_21.gif 
    

               
             
 

   

 
 
 

  ◆思春期の子どもと どう向きあう?
 
  親は、大人は、どう理解しどう向き合っていったらいいのでしょうか。10年後、20年後にこの青森を、日本を、そして世界を担う、思春期の子どもたちに。
  

 

 
 
 

  girl_9.gif 

 

 
 

   1-2kuroma_4.gif 思春期のシンズイ                     

 
 
 
 

    

 

  「子どもが言うことを聞かない」、「子どもがわからない・・・」 

              
 

 
    

 

   

 

   

 

   

 

  boy.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

 
    

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  girl_13.gif 

 
               
             
 

   

 
 
 

  ◆親の下から抜け出したい、抜け出せない  

 

   この時期の子ども達は、自分なりの心の世界を築くために、親の価値観から抜け出そうとします。でも現実的には親に頼らざるを得ませんよね。そこで、親に生理的な反抗を示し、親と一線を画すようになるといいます。 

 

  ◆何でもできるはず!でも何もできない・・・
 
   一方で、まだはっきりとした将来のイメージについてビジョンを持てていない場合は、“自分は何にでもなれる”“何でもできる”という「万能感」を持ってしまいがち。理想と現実とのギャップに触れるたび、戸惑いや深い挫折感を味わいます。
 

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆行ったり来たり、揺れる思春期

   『精神的な自立』への道のりは、決してスムーズな一方通行ではありません。“万能感”から自信過剰に振舞う一方、すぐに“挫折感”が引き起こす“依存心”に引き戻され、甘えと反発との繰り返しになります。親からは「子どもが見えない」「本心がわからない」と見えるのかも知れません。
 

 

   でも、心配することはありません。未来への期待や願望が多いほど、「自立したい」という要望が強く湧き上がるもの。挫折や不安感にさいなまれていそうな時は、家庭ではその努力を称え、温かく受け止め、再挑戦を励ましましょう。真の自立とは、一生をかけて果たすもの。焦らず、温かく見守りたいものですね。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆家庭で、親のあなたにできること

   そしてまた、自意識が過剰になるがゆえに、外で多くのストレスを抱えてくる思春期の子ども達。家庭ではイライラして、「そんなことしてるなら?したら?」「いい加減に?しなさい!」と解決策を押し付けていませんか?
 

 

   「最近どう?」と声をかけてみましょう。たとえ無視されても“ここに貴方を見守っている私が居るよ”というメッセージは伝わるはず。 

 

   もしこどもが話し始めたら、「そんなことがあったの…」「本当はそうしたいと思っているのね」と聴き手にまわってみましょう。誰かに話すことでストレスのほとんどは軽減されますよね。 

 

   問題の“解決策”は子ども自身が見つけるもの。家庭では暖かなストレス“解消法”を教えてあげてはいかがでしょうか。 

 

 
 

  beads_21.gif
    

               
             
 

   

 
 
 

  ◆夫婦仲良く。子離れの心構えも・・・
 
 また子どもが安心して社会に出て行けるように、夫婦が仲良くするのは基本です。これまで子育てにかかりきりだったという親も、子どもが巣立った後の生き方や仲間を探して、少しずつ子離れする練習をしていくのも、大事なことかもしれません。
  

 

 
 

 
 

 
  思春期の永遠のテーマ、「反抗」と「性」 

              
 

 
   
 

               
             
 

   

 
 
 

  思春期の特徴は『反抗』と『性』」と話してくれたのは弘前学院大学の野口伐名教授。「どちらも自立には欠かせないプロセス」と言います。  

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆親子関係には無い、生物学的な欲求

 「反抗」については、上で述べたとおり、親からの「精神的な自立」を求めての行動と言えます。 もう一方の「性」については、第二次性徴によるホルモンの分泌に加え、自らの体の変化と、異性を求める“生物学的な”欲求が生まれます。
 

 

   これは、今までの親子関係の中で、体験したことのない衝動です。子どもは、自分だけがおかしくなったのでは・・・という、不安や罪悪感におそわれることもあります。一旦悩みだしてからは、なかなか親には相談しづらいもの。   

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆正しい「性」感覚を、早い段階から伝えよう

 親よりも友人よりも、異性を崇拝し、自分と同一化したいという欲求は自然な流れ。「相手も大切に、自分も大切に」という正しい性意識の下では、健全な『自立』を促進します。ただ、世間に流布している多くの偏った情報を得て、ゆがんだ性観念にとらわれてしまうことで、自分も相手も傷つけてしまう危険性もあります。 
 

 

   日頃の何気ない会話の中で、「性」についての正しい知識?「いのち」の元となる大事なこと、将来誰かを愛し、家庭を築く上でもとても大切なことだと、話しておくのがいい方法かもしれません。   

 

 
 
 

   

 

   

 

  woman_20.gif 

 

  woman_20.gif 

 

 
 

 
  「自分らしさ」「自分の未来」もジブン次第。現代っ子の苦労 

              
 

 
    

 

   

 

   

 

   

 

  girl_12.gif  

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

 
    

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  girl_14.gif  

 
               
             
 

   

 
 
 

  ◆選ぶのは自分、責任を負うのも自分

 今の子ども達は、昔に比べて豊かで自由な時代に生まれ育った「親」、に育てられた世代。
 
   「自由」で「自分らしく」生きることが信条の世の中では、なんでも「自分で」選ぶことができますが、その結果も「自己責任」。でも「自己責任」ってどこまでなんでしょう。そのリスクを負う不安から、大きな変革を伴う行動を避け傾向が強いといいます。
 

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもの前に
   「立ちはだかる大人」がいない

   かつて地域や家庭内の社会的通念が明確であった時代、親や社会に従うか歯向かえば良いのですから、自立への道のりはむしろ楽でした。今は「勝ち組」「負け組」と言った枠で捉えられ、“小さくても若くても、勝てば文句を言われない”自由な社会。風通しがよくなった代わりに、子どもの周りに「立ちはだかる大人」、つまり「立ち向かうべき大人」の姿も減ったのではないでしょうか。
 

 

   今の子どもたちは、立ち向かって傷つく(傷つける)よりも、「リスペクトもしないけれど、相手の立場もわかる」というように、折り合いをつけてみせます。その裏で「自分が傷つかない居場所」「自分が自分らしく生きることのできる場所」を模索しているようです。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆真の「自分らしさ」は
    他者の中で見えてくる

   
   でも、「自分らしさ」は他者とぶつかり、他者と違う自分を認める中で生まれてくるもの。頭を使ってお互いのメリットを考え、傷つけ合うことを避ける関係性の中で、「自分らしさ」が見えるはずもありません。家庭内においても、友人関係においても、『適度に心地よい』コミュニケーションでしか成り立たない関係。それは心からの信頼がある関係と言えるのでしょうか。
 

 

   ちょっとした挫折や誤解がきっかけで「キレる」現代の子どもたち。思春期特有の過敏さとは言い切れない、傷つけあい、傷を舐めあう、生身の(むき出しの)感情や関係に慣れていない現代っ子の成育環境が見て取れます。 

 

 
 

  beads_21.gif
    

               
             
 

   

 
 
 

  ◆子育てのラストチャンス、お見逃しなく  

 

   同じ「思春期」と言っても、真っ向からぶつかり合うことが青春だった思春期世代と、「嫌われるのが怖いから」親友にも深い悩みは話さないという、今の思春期世代の違いにはギャップがあるのを認識しましょう。一般的に子どもに対する“過干渉”は「ウザイ」もの、自立心を阻んでタブーとされます。
 
   でも、子どもが道を踏み誤ったと思われる時。子どもが無闇に反発することで、親(大人)の『本気』度を確かめていると感じた時。
 
   一人前の大人として、社会に出ていく前の通過儀礼として、親(大人)が“全存在を懸けて”子どもときっちり向かい合う『子育てのラストチャンス』が、この思春期にはあるのかもしれません。大人の皆さん、お見逃しなく。
 

 

 
 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
 
 
  • -
  • -

子育てオーダーメイド・サポート「こもも」【青森】

            
   ママだからできる!わかる!ママが今、ほんとに欲しいサポート 
            
 

  line24.gif  

 
              
                
 
             
 

  こんにちわ。
  「モモ」から生まれた「こもも」です
 

 
 

 
 「こもも」は、青森市の「子育ち支援グループ・モモ(※下記参照)」から生まれました。子育て中の母親同士が、「より気軽に」助け合える様に作られたピアサポートグループです。
 
 子どもは日々成長し、子育て環境も、欲しい支援も日々変わります。子育て中の親はもっと気軽にダイレクトに必要なサポートが必要のに、『支援』は本当に欲しい時に欲しいところに届かない…。 

 

    そんな想いから、いろんなスキルを持った母親同士のできることをうまくマッチングして、母親同士をつなげるコーディネートをしようとできたのが「こもも」です。 

 

 

   

 

  hachi.gif 

 

  ※「モモ」とは・・・
   
青森市で「子育てのネットワーク作り」「よりよい子育ての環境作り」をしている子育て当事者によるグループです。⇒
HPはこちらhttp://plaza.rakuten.co.jp/tsumekusa
 

 

   

 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

             
 

   

 

 
 

   

 

  tentou.gif 

 

   

 

   

 

   

             
 

   

             
 

   「やってられない!」と素直に言って
  ヘルプができる関係づくり
 

 

 
 

    「『掃除が苦手』とか、『料理が苦手』とか、『本当は子どもの相手が苦手』というお母さんもいる。その逆に得意なお母さんもいる。個人差がある。なのに“お母さん”となったら一手に請け負わなきゃならない。素直に『やってらんない!』と言えない、そんな今の子育て環境の現状に問題があると思うんです」と代表の橋本 歩さん。 

 

   お互いに顔が見えて仲良くなって、「もうやってられないわ?」と素直に言える。そして助け合える関係づくりを目指します。 

 

 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 
            
 

  line24.gif  

 
              
             
 

    

             
 

  できること ⇔ してほしいこと
  「ピアサポート(助け合い)」を
  お手伝い
 

 

 
 

   こももは、『ピアサポーター』と『コーディネーター』で構成されています。『ピアサポーター』は自分の連絡先と、できること・できないことを用紙に記入して事務局に登録します。『コーディネーター』は事務局としてそれらの情報を取りまとめ、ニーズがあれば、双方の間に立って支援の提供者と[受給者]を結びます。 

 

   どちらも現在子育て中のお母さん。年齢は20代から40代と幅広く、現在25名の登録者がいます。 

 
 

   

 

  ari.gif 

 

   

             
 

    

             
 

  ちょっとヘルプ?!
  どうしたら助けてもらえるの?   
 

 
 

   まずはいつでもサポートが受けられる(提供できる)ように、あらかじめ登録をしておきましょう。氏名と連絡先、自分が「受けたいサポート内容」と自分が「できるサポート内容(スキル)」を記入して提出します(FAX可)。登録料は年500円+保険料280円(調整中)です。 

 

   基本的に「サポートにはサポートで返す」相互ボランティアの形をとっています。サポートのお返しには“2ヶ月”を目安に期限を設け、期限を過ぎたら「お金」で清算することをおすすめしています。 

 

   中には最初から「お金」の方が支援を頼みやすい言う方もいます。「あくまでもプロではなく(有償)ボランティアである」と前提で、双方が了承していれば、金銭が介するサポートもOKです。
 

 
 
 

   

 

 
    

 

  4.gif 

 

   

 

   

             
 

   

             
 

  「運転」「託児」「おやつ」…
  [私にもできること]=
  [誰かが必要としていること]
 

 
 

 
   実際にどんなサポートが必要とされているか、『オーダーリスト(してほしいこと)』を覗いて見ると…

   運転のできるママには「雨や雪の日、バスでは時間がかかるところへ車で送迎してほしい」、料理の得意なママには「アトピーの子も大丈夫のおやつやパンを作って欲しい」、収納上手なママには「我が家の整理のコンサルタントをしてもらいたい」などのオーダーが。
 

 

   一方、『してあげられること』としては、「マッサージ施術できます」「病院に通うとき1?2時間ほど子どもを見ていて欲しい」「英語教えられます」「ねぶた囃子教えられます」などなど・・・。
   
   これならワタシにもできるかも!(ワタシもして欲しい!)というオーダーがたくさん。
 

 

 
 

   

 

   

 

  22.gif 

 
            
 

   line24.gif 

 
              
 

   

 

   

             
 
             
 

  夢は「当事者派遣」に
  「お茶会」「部活」「図書館」…
 

 

 
 

    こももの活動は始まったばかり。当面のメイン事業はピアサポートですが、企画案は尽きません。 

 

   「『支援している』という人たちは本当に母親をみているのか?実際のニーズとのずれを感じる」という橋本さん。“本当に欲しい支援はここにある!”と、行政・企業の子育て関係者を対象に、現役ママの声を集めて伝える「当事者派遣」事業を掲げます。 

 

   また顔の見える関係作りの一端として、登録者同士やその子ども達が顔見知りになるための「お茶会」や、登録者が持っているスキルを少人数対象の講座で広める「部活動」。 

 

   「子連れでは図書館で本を選びにくい」との声を受け、本を借りたい母親同士が日を決めて集まり、小時間子どもを預かり合う「図書館預け合い」など・・・。今後のコモモの活躍から、目が離せません。
 

 

 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

  tentou.gif 

 

   

 
 

   

 

   

 

  kemushi.gif  
 
 
 

 

   

             
 

 
 

             
 

  みんなでやろうよ、子育て。
   親子、家庭、地域がきっと変わる
 

 

 
 

   子育て中のお母さんは頑張り屋さん。できないことでも“無理して”やってしまいがち。でも子育て中には、できることと、できないことが、それぞれ違います。あなたには「こんなことできても・・・」と思えることが、すぐそばの誰かには「とっても助かる!」ことかもしれません。 

 

   自分が「できる」スキルを見なおす、そしてみがく。その一方、できないことは「できない!」と割り切って、得意な誰かに任せてみたらいかがでしょう。あなたがあなたに自信を持つ、そんないい機会になるのではないでしょうか。 

 

   こもも発足の大きな目的の一つは、「必要な人に、必要な情報が行き渡る“仕組み”つくり」。そしてもう一つは「地域のつながり」の復興。「“みんなでやろうよ、子育て”ってことです。」と代表の橋本さんは明るく笑います。
 
   一人では子育て、できませんものね。まずはこの春、一緒に始めませんか?仲間探し、そして、ジブン再発見。
 

 

 
 
            
 

   line24.gif 

 
            
 

   

                                     
      

  komomo-title.jpg 

 
    
 

   

 
 

  ↑ 今回お話を伺った、コモモの橋本さん(左)と川崎さん(と 子どもたち)。 

 
  komomo-004.jpg               
 

   

             
  子育てオーダーメイド・サービスこもも 

  HP【ブログ】はこちら
http://kosodatecomomo.blog15.fc2.com/
 
  サポート登録申込み&問合せ先 
http://form1.fc2.com/form/?id=285272 
 
  komomo-003.jpg 
  

 
            
 

  mattari-bana2.gif  

 

 
  • -
  • -

【子育てMAP】書を捨てよ。地図を持って、街に出よう!

   

 

     もう持ってる? あなたの街の「子育てマップ」  

 
                      
 

 
  ●子どもと一緒にドコ行こう?!
  地図を片手に、
    ベビーカーや
         チャイルドシートで…
hito_6.gif 

 

   あたたかな春風に誘われ、ママも子どもも、気分はどこかウキウキ・・・そんな時、あなたの街の「子育てマップ」を片手に、出かけてみませんか? 

 
 
             
   

  sora.gif 

 
 
 
 

   

 
 
 
 
             
   

  sora.gif 

 
 
 
 

 
   ●あんなところに
    いい遊び場があるなんて
      知らなかったな?♪

     hito_10.gif
   「子育てマップ」とは、子育て家庭が出かけやすいように、主に子育て関連の施設や、公園、保育施設などが載っている地図。「駐車場」や「トイレの有無」なんかも書いてあるから、ありがたい! 

 

 
 

      どんなもの? どうつかう? どこでもらえる?     
 

 
 

                              
                
 

  ※MAP画像はイメージを伝えるために
    内容の一部を表示したもので
    全てのページではありません。
      (クリックすると拡大します) 
 

 
 
    
             
 

  ◆弘前市 『子育て応援マップ』              

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  hito_7.gif NPO法人の弘前こどもコミュニティ・ぴーぷるが弘前市の協力を得て作成した「弘前市全域・子育て応援マップ」。表紙には 「街で役立つベンリな情報が満載」とあります(右画像)。
 
   具体的には市を中央部、北部、西部の3つに分け、「役場窓口」「病院・健康」「文化・学習」「遊び場・運動場」等についてカラフルに表示しています。「レジャー・観光施設」や「ショッピングセンター」なども掲載。
 

 

   駐車場やトイレだけでなく、「授乳スペース」や「オムツ替スペース」の有無も載っているので、チェックしておくといざという時助かります。裏表紙には「子どもに関する相談窓口」一覧も載っています。 

 
 
 
 
 
 
 
    
 
 
 
             
 

   弘前MAP1 
 
         
    

 
 
 

  問合せ⇒弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる
         TEL/FAX 0172-34-0171
 
 
 
 
 
 
             
 

  ◆五所川原市 
  『子育てバリアフリーマップ』
  

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  hito_9.gif 

 

   五所川原の健康推進課が、NPO法人子どもネットワークすてっぷに協力してもらって作ったのが、右の「子育てバリアフリーマップ」。五所川原区・金木地区・市浦地区の各地区ごとに情報をまとめ、平成19年3月に発行しました(20年度にはこの冊子から抜粋したものを作成予定)。
 
   「子育て支援センター」を始め、「公園」「病院・歯科医院」「保育園・幼稚園」、そして「お出かけスポット」など紹介(許可を得たもののみ掲載)。「利用料の有無」や「駐車場の規模」、「公園の日かげ
や遊具の種類」など、ワンポイント案内も丁寧に書いてあります。 

 

  折りたたむとポケットサイズなので、ママバッグの隅に入れておくと良いかも。 

 
 
 
 
 
 

 
    

 
             
 

   1 五所川原MAP1 

 

  2 五所川原MAP2 

 

  3 五所川原MAP3 

 
 
問合せ⇒五所川原市 健康推進課
         TEL 0173-35-2111
 
                                      
 

   

 

   

 
 

   

             
 

  ◆むつ・下北 
  子育て支援ガイドブック(仮)
 
    hito_8.gif 

 

  NPO法人むつ下北子育て支援ネットワークひろばによる「子育て支援ガイドブック」は、平成20年4月中に完成予定。現在追い込み段階に入っているそうです。下北の皆さん、乞うご期待! 

 

 
 

   

 

   

 

   

 

 
 

 
 
 
 
 
   
             
  now printing.GIF 
  
  
 
 
 
 
 
             
 

 
  ◆青森市 子育て冊子
  「LET'S元気!Vol.5
 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  hito_11.gif  『あなたはどの地区?』のコーナーの中で、「全地区マップ」「早見表」「地域子育て支援センター・認可保育所(園)」などについて紹介されています。 

 

  そのほか幼稚園・小児科・耳鼻科・歯科の紹介、お出かけスポットなども掲載。主に第1子を妊娠した方や、4歳未満のお子さんを持つ転入家庭の方などに配布されます。 

 

  また、こども支援センターでは、上記のほか、より詳しい地域子育て情報が入手できます。 まだ見ていないという方は、ぜひチェックしてみて!  

 
 
 
 
 

   

 

  1 LET'S元気! 

 

   

 

         

 

  問合せ⇒青森市こども支援センター
       TEL 017-721-2180
 

 
 
   ●知っトク!ミニ知識
 
   
■青森県健康福祉部こどもみらい課の

  「パパ・ママ・ナビあおもり には・・・
 
「青森県内産科医療機関マップ」
⇒掲載が許可されている産科医療機関を、市・郡名から検索することができます。
 
 

 
  sora.gif 

 
  sora.gif      
    ■青森県子ども家庭支援センターの
  「
データバンク
」には・・・
 
「施設・遊び場情報検索」
⇒県内の施設や遊び場を、施設の分類や名称(キーワード)、所在地から調べる事ができます。
 
 

 
 

 
    マップを「見る」⇒あなただけの地図を「創る」へ。  

 
              
 

  ●子どもと暮らす街
      あなたが子どもと創る地図
     
 
 

 

  hito_10.gif 

 
   小さな子どもを連れて出かける先には、ベビーカーを押すためスロープやエレベーターが嬉しかったり、オムツを替える場所が必要だったり。
 
 「子育てマップ」を見ていると、自然とバリアフリーの視点で、街に“あるもの”“ないもの”“あったらいいと思うもの”が見えてきませんか?そんな希望も自分でちょこっと書き込んでみては?
   そして子育てサークルなどで、「ここに○○○が欲しいよね」と話してみてはいかがでしょう。あなたの「必要」は、みんなの「必要」なのかも・・・。
  みんなの声が集まれば、この街がもっと“優しい街”に変わっていくかもしれません。
 
 
 
 
 

  s_2.gif 

 

  s_2.gif  

 
              
 

  s_2.gif 

 
 
  ●想い出の絶景ポイント
       時間と空間が出会う場所hito_6.gif


   もちろん、あなたと子どもが実際に、地図上の場所に行ってみた日付や感想を、ちょこっと書きこんでみるのも楽しいですね。あなただけの「絶景ポイント」や「想い出の場所」を書き足して。写真と一緒にアルバムに挟んでおけば、ずっと時が経っても、また足を運びたくなる、あなただけの懐かしい宝の地図ができあがりです。
 
 
 
   さあ、こうしてはいられません。明日はマップを持って街に出ませんか?春だから・・・子どもと一緒に! 
 

  • -
  • -

プレママ・サークル「ままのわ」【弘前】

            
 

  chibi.gifママになる前に、知っトク!
   「ママになるってこんなこと」
 chibi.gif
 

 
            
 

  line24.gif 
  青森県弘前市のみどり保育園を拠点に活動している育児サークル『ままのわ』。
  親子
の交流のほかに、マタニティ勉強会や産後の交流会を企画・運営している。
  雪の残る3月の某日、弘前で行われた『マタニティ教室』にお邪魔してみた。
 

 
              
 

   DSCN2662.JPG  

 

  プレママプレパパ勉強会でもらえる資料  

 

   

 

   

 

  DSCN2661.JPG 

  
             
             
 

    妊娠した!
  出産は、『ゴール』?
  いえいえ、ここが『スタート』です!     
 

 
 

   赤ちゃんができた。「妊婦」となったお母さんは、妊娠中の体や心の変化など、出産までの様々な変化と向き合うことに。約10ヵ月後の出産予定日目指して、仕事を整理し、衣類やオムツを整え、体調を管理して、いざ出産!「おめでとうございます?!」
 
   でも本当
に大変で、そして大切なのは、そこから始まる育児の日々なのだ。 

 

  kao2r.gif
 

             
 

    「産むまで」のことは習うけど、
  「産んでから」は『?』がいっぱい!
 

 
 

   カワイイかわいい赤ちゃん。生まれてきてくれてありがとう♪でも・・・ 

 

   おっぱいが出ない。逆におっぱいが張りすぎて痛い。夜泣きってこんなにひどいもの?抱っこしてないと家事が全然進まないよー。オムツかぶれが痛そう。うーん誰か助けて?!! 

 

   産まれる前だったら、気軽にどこにでも行けて、誰にでも聞けたはずのこと。でも赤ちゃんと一緒だと、出かける準備も一苦労だし、おっぱいのことやオムツのことなんて、誰に聞けばいいの?
 

 
 

   

 
              
             
             
 

    ママのことは、ママに聞け!
  出産と育児、現役の知恵。
 

 

   「私は母乳育児のいい産院に会えたけど、周りの友人たちの多くは解らずに困っていたようなので」と『ままのわ』代表の高杉多希さん。自分自身の出産・育児経験からも、「出産と産後の育児について、ひとくくりに妊娠中から学べる場」の必要性を感じたと言う。

 

  kao2y.gif
 

             
 

    こうすればわかる!
  始められる!
  「楽しい母乳育児」
 

 

 
 

   「母乳育児」が良いとは聞いていても、上手くいかずに簡単にあきらめてしまうママたち・・・。でもスムーズにおっぱいを出すには、妊娠中から“乳首のマッサージ”を続け、母乳の出口を詰まらせないようにしておくことが効果的(お腹が張る時は禁止)。産後、乳房が張るのを予防するには、食生活の偏りや、食べすぎにも注意する必要がある。 

 

   専門家ではない。でも現役のママだからこそ、研究したり工夫したり、聞いて試したみんなの知恵が、ここにギュッと凝縮している。
 

 
 
 

  DSCN2658.JPG  

 

   

 

   

 

  ままのわ作成 勉強会の資料より   

 

   DSCN2686.JPG 

 
            
 

   line24.gif 

 
              
 

   

 

  DSCN2683.JPG 

 

   

 

   

 

  DSCN2682.JPG 

 
 

   

             
 

 
 

             
 

    想像してみて。
  あなただけの、理想の
  「バースプラン」

 

 
 

   「ままのわ」マタニティ勉強会では、妊娠がわかったら(わかる前に)「バースプラン(=お産の計画書)」を想定することを薦めている。例えば「家族の立会い出産」「出来る限り自然分娩(誘発剤、促進剤を使わない)」「陣痛・出産中に音楽を流す」など…どういうお産をしたいかという計画案だ。
 
   豊かな出産と現実の育児に対する知識を集め、あらかじめイメージを持つ。そしてそれをもとに理解のある産院を探し、スタッフと話し合い、信頼関係を築くことで、できる限り「満足のいくお産をする」こと。必ずそのとおりにいくとは限らないのけれど、決して「子どもを産む機械」などではなく、「お母さんとなる自分」の意識が、生まれてくる我が子を安心して受入れる大きな力となるはず。
 

 

   kao2midori.gif 

 

   ティータイムをはさんで後半は、ベビー用品のチラシ広告や実物を前に、『実践編』。ママになると、こんなにたくさんの専門用語や知識が必要になるのかと改めて「ママの知恵」のすごさを思い知る。 

 
  
 
 
 
              
 

   

 

   

             
             
 

    要る?要らない?
  どこで手に入れるとおトク?
  「育児グッズ」の裏ワザ
 

 

 
 

   「人気の“スリング″。種類は沢山あるけれど、違いはわかる?」「お出かけの時も、身一つで済むからラクチンだよ。」「肩に当たる布が広い方が、肩凝りしないよね。」「これは畳んで鞄に入れられて持ち運びに便利」「着物の帯を真似て作った昔ながらのおんぶ紐。長い作業にラクだけど、子どもが寝ちゃうと下ろしにくいのが難。」などなど・・・ 

 

   「チャイルドシートは車種によって適合性もあるけど、車に載せるものはパパの趣味もあるかも。」「同じメーカーでも、ブランドのロゴが付くかどうかで値段が違うんだよ。」「買うならA店の方が置いてある種類は豊富だけど、B店でも実際に車に装着(試着)させてくれるよ。」「これはベビーカーに装着したりロッキングチェアにもなる優れもの。でももらい物だよ。中古でも探せばあるよね。」「ただ保証書付きかどうかは要チェック!」
 

 

  kao2midori.gif 

 

   最初は黙って聞いていたマタニティのママたちも、「母乳パッドっているんですか?」「首は何ヶ月くらいから据わるもの?」「セレモニードレス(退院着)とかって、必要ですか?」「妊娠線防止クリームっていいの?」ママ同士なので、気になったことを気軽にその場ですぐ聞ける。  

 

 
 

   

 

   

 

   

 
 

   

 

      

 

  スリング1 

 

  スリング2 

 

  スリング3  

 
            
 

  line24.gif  

 
              
 

  DSCN2681.JPG 

 

   

               
 

 
    

 

 
    

 
 

   

  

 
               
 

 
    

 

 
    

 
 

   

             
   育児サークル・ままのわ 
 
  HP【ブログ】はこちら
http://mamanowa.blogspot.com/
 
  「マタニティ勉強会」
  申込み&問合せ先 
  ⇒メール:mamanowa*gmail.com
   (スパム対策のため、
     @を*に変えてあります。)
 

 
 
 

   

             
 
             
    近くに先輩ママがいる。
  それだけでグンと安心の子育て。
 
 

   

 

   そのほかにも、話題は「ベビーカー」「ハイ&ローチェア」「授乳クッション」「紙おむつと布オムツ」などなど…。
 
   メモを取らなくて大丈夫?いやメモも間に合わないほどの情報量。でもきっと、産まれてからわからないことがあれば、いつでもまた教えてもらえるだろう。そして今度はきっと、自分が「伝える」側に回るのだ。新しいプレママ・プレパパに。

 

 

  kao2ao.gif 

 

   

             
 

   誰だって手さぐり、試行錯誤…
  だから広がれ、「ママの輪」!
 

 

 
 

   乳幼児が周りで遊ぶ傍ら、育児本やベビー用品店のチラシをめぐって、ママのホンネと裏技が気楽に聞ける。プレママでなくとも、参加していると、なんだか子どもを産みたくなってくる・・・! 

 

   そんな「ママの輪(ままのわ)」が広がれば、青森から少子化問題なんてきっとなくなるに違いない。パワー溢れる楽しいプレママ・プレパパ勉強会には、明るい未来の予感が満ちあふれていた。妊娠がわかったら、まず一度、足を運んでみては? 

 

 
 

 
            
 

  mattari-bana2.gif  

 

 
  • -
  • -

障がい児の親になるということ?最後に

           
 

  障がいのある子どものお父さんやお母さんを応援したくて企画したこの特集、
  「障がい児の親になるということ」。
  仲間や応援してくれる人が青森にもたくさんいます。
  今回紹介した支援は、お住まいの場所から遠いものかもしれませんが、
  近くにも形を変え、色を変え、支援はきっとあるはずです。
  ぜひ声に出して探してくださいね。
  flower7.gif
  ひとつの詩をご紹介します。
  こんな考え方もあるんだと思っていただけたら幸いです。
 

 
            
 

   

                   
 

  「天国の特別なこども」
 

 
 

   会議が開かれました。
  地球からはるか遠くで
  "また次の赤ちゃんの誕生の時間ですよ"
  天においでになる神様に向って天使たちは言いました。
  "この子は特別の赤ちゃんでたくさんの愛情が必要でしょう。
  この子の成長は とてもゆっくりに見えるかもしれません。
  もしかして 一人前になれないかもしれません。
  だから この子は下界で出会う人々にとくに気をつけてもらわなければならないのです。
もしかしてこの子の思うことは中々わかってもらえないかもしれません。
  何をやっても うまくいかないかもしれません。
  ですから私たちは この子がどこに生れるか注意深く選ばなければならないのです。
  この子の生涯が しあわせなものとなるように
  どうぞ神様 この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。
  神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。
  その二人は すぐには気がつかないかもしれません。
  彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。
  けれども 天から授けられたこの子によって
  ますます強い信仰と豊かな愛をいだくようになることでしょう。
  やがて二人は 自分たちに与えられた特別の神の思召しをさとるようになるでしょう。
  神からおくられたこの子を育てることによって。
  柔和でおだやかなこのとうとい授かりものこそ
  天から授かった特別な子どもなのです"
 
  Edena Massimilla 作(大江祐子訳)
 

 
 
 
 
            
 

   flower7.gif 

 
            
 
 

  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る 

 
            
 

    mattari-bana2.gif 

 
 

 
 
 

  • -
  • -

障がい児の親になるということ??大学生ボランティアサークル「テディ」

           
             
  「今日は何して遊ぶ?」  
 
            
   青森県立保健大学のボランティアサークル「テディ」は、障がいのある子と一緒に遊ぶという活動をしている。週に一度、子どもたちに大学に来てもらって、スポーツしたりスーパーに買い物に行ってみたり。子どもたちがやりたいと言ったことを一緒に楽しんでいる。 
            
    

  dream14.gif 

 
            
   サークルのメンバーは全員保健大の学生であるが、全員が障がいを持つ子どもを専門に勉強しているわけではない。専門の勉強をいかして子どもたちに何か特別なことをしようというのではなくて、楽しい時間を過ごすことが目的のサークルだ。 
              
   ほとんどは子どもたちに「今日は何したい?」と聞くが、「今日は天気がいいから近くの公園に行ってみようか。」と誘うこともある。
 
   特に決まり事のない気軽な雰囲気は、本当に遊び仲間のようだ。子どもが「トランプやりたい。」とトランプをもってきたりする。お兄さん、お姉さんと一緒に遊ぶ、この日を楽しみしているようだ。
 
 
             
 

  dream11.gif 

 
 
            
    

   

             
  「子どもの成長を実感します。」  

 
 
            
   現在3年生の川添さんは「子どもたちと遊ぶ」という内容が単純に「おもしろそうだったから」このサークルに入ったのだという。1年生の時から3年間活動してきた。同じ子どもたちとずっと関わってきて、その子どもたちの成長をとても感じるという。パニックをおこすことが多かった子が、学生の人間関係をよく見て、「この人はもうすぐ卒業するから、もうサークルに来ない。」と、寂しい気持ちを表してくれたこともある。このサークルに参加して嬉しいことだ。また、大学での福祉の勉強で行う、普段の実習とは違う経験ができることも、良かったという。 
              
                
 

  dream12.gif 

 
 
 
   外出先で子どもがパニックを起こしてしまい、困ってしまった経験もある。そんな時は、どんな対応をすべきだったのか考え、サークルの仲間と話し合ったりする。 
            
   現在は週1回の活動であるが、子どもたちが楽しめるように、クリスマス会や、誕生日会なども企画しているが、学生のスケジュールと重なることも多く、なかなか実現できないのだとか。
 
   これから社会へ出ていく大学生にとっても、また、普段は学校や施設などの決まった環境の中にいることが多い子どもたちにとっても、貴重な体験になっている。もちろん親にとっても、子どもが親の手を離れ楽しく過ごせる場所が増える、障がいを理解してくれる若者が増える、心強い大学生の活動だ。
 
            
    

   

                   
 

  青森県立保健大学ボランティアサークル「テディ」連絡先 

 
 

   mate_auhw2002*yahoo.co.jp
  (スパムメール対策のため、@を*に換えて表示しております。
  送信の際は*を@にしてください。)
 

 

 
            
 
 
            
 

  障がい児の親になるということ「最後に」へ進む→  

 
            
 

 
  ←障がい児の親になるということトップへ戻る
 

 
            
 

   mattari-bana2.gif 

 

  • -
  • -

障がい児の親になるということ??おもちゃ図書館「きんんたおうひろば」(むつ市)

           
  むつ市市立図書館の一室に「おもちゃ図書館きんたろうひろば」を訪ねた。 

              
             
  障がいのある子どもたちが
  おもちゃを通して
  楽しく遊ぶことができるように。
 
 
   そんな願いから始まったボランティア活動、それがおもちゃ図書館だ。
 
   障がいのある子どもたちは遊びの機会に欠け、また上手に遊べない傾向がある。
   そうした子ども達に沢山のおもちゃを用意して、気に入ったおもちゃを選んで遊ぶという機会を提供している。また、家でも楽しく遊べるように貸し出しもする。
 
  kintarohiroba.jpg 
            
   日本では国際障害者年を契機に1981年に東京三鷹市でボランティアグループにより活動が始まり、1983年に全国組織として「おもちゃ図書館全国連絡会」が結成された。現在では全国に約500ヶ所のおもちゃ図書館が設置されている。
 
   青森県内では現在3ヶ所、きんたろうひろば(むつ市)以外には、 「十和田おもちゃ図書館」(十和田市)、「おもちゃ図書館わの部屋」(黒石市)が活動している。
 

            
             
  むつ市のおもちゃ図書館「きんたろうひろば」はもうすぐ10年目 
 

   きんたろうひろばは1999年4月に「ボランティアグループ・しずく」が立ち上げた。おもちゃ図書館財団からの寄贈や、バザーの収益金などで集めたおもちゃが100点以上ある。 

 
              
   本来障がいのある子どもたちのためのおもちゃ図書館であるが、むつの地域では小さい子が遊ぶ場所が少ないことから、2年目からは全ての子どもたちに門戸を広げ、遊び場を提供してきた。
 
   しかしここ数年、子どもの育ちによって遊び方やおもちゃの選択の違いを感じてきていたことから、10年目となる来年度(20年度)から、「配慮の必要な子どもたちの時間」を設けることにした。より障がいのある子どもにあった遊び場となるよう、また親が利用しやすいようにとの考えだ。
 
  woodtoys.jpg 

            
             
  「ボランティアグループ*しずく」の長利さんにお話を聞いた 

   「ボランティアグループ*しずく」の長利さんは、東京で保育士の仕事をしていたときから「おもちゃ図書館」の存在を知っていた。帰省後、むつ市に必要性を感じボランティア仲間に声をかけた。
 
   幼い頃住んでいた地域に養護学校があったこと、勤めていた保育園が療育施設と併設されていたことから、なんとなく障がいのある子どもが気になっていたのだという。
 
              
 

tiikugangu.jpg 
 
   モンテッソーリ教育の教員の資格もお持ちの長利さんは、モンテッソーリ教育に基づいたおもちゃについての知識も豊富だ。
 
   鮮やかな色彩のおもちゃ、形がはっきりとわかりやすいおもちゃが、子どもたちの感覚の発達を促す。きんたろうひろばにもそんなおもちゃがたくさん用意されている。
 
  ←木製玩具は手ざわりもよい。 
 
              
 

 
おもちゃについての本や、
  障がいについての本も
  用意されている。
 
 
 
 

             
  多くの子どもを見てきた長利さんは、おもちゃ図書館を訪れる親子の心強い味方でもある。 

 
 
 

  shogaijibooks.jpg 

 
            
                   
 

  平成20年度の予定 

 
                    毎月第1日曜
                 バリアフリーデイ    (全ての子どものために)
 
                    毎月第3日曜
  10:00?12:30 スペシャルエンゼルタイム(配慮の必要な子どもの時間)
  13:00?15:30 バリアフリータイム    (全ての子どものために)
 
  *開催している時間中はいつでも自由に出入りでできる。
  *開催場所の確保等で多少の日程の変更もある。
  *住所や名前を登録すると無料でおもちゃの貸し出しも行っている。
 
 

  お問い合わせ
  ボランティアグループ*しずく 長利  TEL/FAX 0175-24-3686
 
  開催場所
  むつ市立図書館 0175-28-3500
 
 

 
            
             
 

  おもちゃ図書館のことは→おもちゃ図書館全国連絡会 

 
 

 
  
            
 

  障がい児の親になるということ?
「大学生ボランティアサークル・テディ」へ進む→ 
 

 
            
 

 
 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 
  • -
  • -

障がい児の親になるということ??ひかりの岬こどもデイサービスセンター(弘前市)

           
  NPO法人「光の岬福祉研究会」ひかりの岬こどもデイサービスセンター (弘前市) 
            
   現在、登録している子どもはは40人弱。 1日の定員10名で9時から6時まで(学校のある日は放課後から)障がいを持った子どもたちの支援を行なっている。
 
   広々としたホールで、数人の子どもたちが遊んでいた。主に知的障がい・身体障がい・発達障がいをもった子ども達が利用している。動けない子と動き回る子、障がいの程度も様々なので、親との十分な話し合いがかかせない。
 

              
  hikarinomisakiasobiba.jpg   

  「あえて、おもちゃはたくさん出しておかないようにしているんです。」
  と所長の太田さん。
 
  『あのおもちゃで遊びたい。』
  『だからだしてほしい。』
  『どこにあるんだろう。』と
 
  子どもたちが考え、伝え、行動する事が、増えることを望んでのことだという。

 

 

            
  大きな差
  ?なかよし会(学童保育)や保育園に通えない障がい児には、フォローがない!
 
            
 
   以前、障がい児とは全く関わりのない職業に就いていた所長の太田さん。体育教師だった経験から障がい児の親子の体操教室に誘われた事がきっかけで、障がい児との関わりが始まった。
 
   一般に障がい児は、一般の保育園に入園することや、学校が終わった放課後に地域の学童保育に通うことが難しい。スタッフが足りない、設備がない、スタッフに専門的な技術がないことなどが理由となる。このような現状に大きな差を感じたことが、太田さんがこの事業を始めるきっかけとなった。
 
              
 
             
  ニーズの混在
  ?託児(預かり)と発達支援
 
             
 
   親が子どもを見られない間に預かる「託児」としての支援からスタートしたが、それだけを主目的とする支援のあり方に疑問を持つようになる。
 
   障がい児には、その障がいにあった「発達支援」もまた必要である。そういった意味で、児童デイサービスにはニーズが混在している。「その子にあった特別な支援を受けながら、子どもが安全に楽しく過ごせること、そして料金が特別高くないこと」。全て必要な要素だ。
 
   しかし、新しい自立支援法の中でも「児童デイサービス」はまだ確定されていない状況だ。多様なニーズ、揺れ動く枠組みの中で、この事業は転換期にあるといえる。
 
 
 

      otasan.jpg
          所長の太田さん 

             
  児童デイサービスがなくなることを願って
       ?自分の地域に居場所を。
 
 
   障がいのない子どもと同じように、障がいを持つ子も、住んでいる地域で、学校の余暇の居場所が確保されれば、託児としての「預かり型」のデイサービスは不要になる。放課後、遠くて特別な施設にわざわざ来なくてもいい。それが理想だ。「預かり型」を主たるニーズとする障がい児デイサービスが不要になることを願って、障がい児デイサービスをやっているというわけだ。
 
   実際に、障がい児たちが地域で暮らせるための援助もしている。この施設を利用していた自閉症の子どもが、学区の児童館のスタッフに障がい特性を理解してもらい、地域の児童館へ通えるようになった例もある。  
 
              
                   
 

  hiakrinomisakicard.jpg 

 
   言葉よりも視覚的な情報を理解しやすい子どものために作られた写真や絵、文字のカードが事務所の壁に。
   例えば、「帰るよ」と言葉で伝えるよりも、車などの絵や写真を見せることで、「帰る」ことが理解しやい。
   
 
 
 
             
  利用者がサービスを選んでいけるように 

 

   地域がこの子どもたちを受け入れ、サポートしてくれる体制が整ったとしても、専門的な発達支援のニーズは残る。
 
   現在も弘前市内の児童デイサービスは連携をとって、子どもの受け入れを協力しあっているが、今後はそれぞれの児童デイサービスが専門性を深め、それぞれの役割を担い、利用者が選んでいけるようになることが、理想であり、求められている。
 

 
            
             
 

  青森県健康福祉部障害福祉課ホームページ > 「障害者自立支援法」 各種情報 
  で、青森県内障害児児童デイサービスの情報がご覧になれます。
 
  「障害福祉サービス事業所名簿」
  (事業所の一覧がエクセルファイルで開きます。一番下の「児童デイサービス」というシートの見出しをクリックすると、児童デイサービスの事業所だけを表示できます。)
 
  「自立支援法障害児施設の利用請求関係」 
 

 
 
 
            
 

  障がい児の親になるということ?
  「おもちゃ図書館「きんんたおうひろば」(むつ市)」へ進む→ 
 

 
            
 

 
 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 
  • -
  • -

障がい児の親になるということ??サークルくれよん(十和田市小さな森保育園)

           
             
  「サークルくれよん」
  ?心や身体の保護を求める
子どもたちを受け入れる環境の中で
 

   子どもの発達が気になっている親や、発達支援を必要とする子の親が、月に1回集まっておしゃべりをしている。
   お母さんたちが集まると、当然そこは井戸端会議。話す内容は子どものことだけには限らず、笑い話あり愚痴ありのにぎやかなおしゃべり会だ。
 
            
 

  kureyon.jpg 

 
            
   気心の知れた何気ない会話ではあるが、その中には自閉症の子どもが行ける病院のことや兄弟のことなども話題にあがり、情報交換の場となっている。参加者に話を聞くと、こういった場は他ではあまりないのでとても貴重だという。
 
   お母さんたちのリフレッシュの場、サークルくれよんは、「小さな森保育園」と「療・育センターコスモス」という、どんな子どもも受け入れ、そして熱心に発達を支援する環境に守られている。そんな安心感がただよう。
 
            
 
             
  小さな森保育園の「子育て支援センター ど ろ ん こ 」 

   サークルくれよんは十和田市の中心部にある小さな森保育園の「子育て支援センターどろんこ」の活動だ。
 
   小さな森保育園の母体である社会福祉法人北心会では、知的障害者授産施設「クリエイティブサポートぷちぶろう」も運営している。サークルくれよんの会合が開かれているこの場所、珈琲館らびっとは、「ぷちぶろう」に隣接し、ぷちぶろうで作られたお菓子がいただける。おいしいコーヒーとお菓子と共にお母さんたちのおしゃべりもはずむ。

 
              
  tiisanamori.jpg    kosumosudoronko.jpg 
            
 
             
  保育園の隣には「療・育支援センター コ ス モ ス」   

   また療育支援センターコスモスも運営している。こちらは小さな森保育園に隣接した施設であり、一般の学童保育事業の他、障がい者の日中一時支援事業、幼児の相談指導事業を行っている。噂を聞いて遠方から子どもと発達相談に訪れる親もいる。
 
              
 

   

                   
 

  kosumosu.jpg  

 
 

  療育支援センターコスモスの中
  木で包まれた空間で気持ちが良い
 

 
 
 
   保育園と療育支援センターコスモスの前に広がる園庭では、保育園に通う子どもも療育支援センターに通う子どもも、どろんこになって遊んでいる。子育て支援センター「どろんこ」の名の通りだ。
 
   保育園でもダウン症や、自閉症、また身体障がいなど、あらゆる種類の障がいのある子どもも受け入れている。療育支援センターコスモスと連携し、同じく北畠道之博士の療育指導に基づいた発達支援を受けている。
 
            
   療育指導の中心にあることは「心の関わり」が大切なこと。小さな森保育園の宮本ひろ子園長は、「障がいのない子もある子にも共通することだ」と、いろいろな子の発達を見てきた中で実感してるという。 
            
 
             
  子どもたちのために勉強し続けるスタッフ 
 
                
   保育園のスタッフは月に一度、藝術・言語テラピー研究所「青い丘」から講師を招き、演劇を通しての治療教育を学んでいる。療育センターを利用している障がい者たちを参加させて、年1回の演劇の発表会も行っている。    tiisanamorihoikuen.jpg   

   また、絵本を読み聞かせるのではなく、素語りでお話を語ることを取り入れている。落ち着きない子どもでも、目を輝かせて集中して聞く様子がみられる。素語りにはスタッフの技術も必要だ。  

 
            
 

   また、園長先生を中心に障がい者たちがデンマークに福祉の体験に行ったこともある。勉強し続ける熱意と情熱、「その子に合った支援をしてあげたい」という園長の思いがある。
 
 サークルくれよんに途中から顔を出した園長先生。多くの知識と経験をもった園長を頼りにし、話を聞くお母さんたち。サークルくれよんには多くの意義があるようだ。
 
 

 
            
             
 

   社会福祉法人 北心会 ホームページ
  子育て支援センター「どろんこ」
  療育支援サンター「コスモス」
 

 
             
 

  来年度、小さな森保育園では藝術・言語テラピー研究所「青い丘」から
  川手鷹彦氏を講師として招き、素語りの技術と心を学びます。
  日程:4月10日・5月19日・6月16日・7月14日・10月27日・12月1日
  料金:3000円
  どなたでも参加できます。
  お問い合せ:小さな森保育園(大柳) (017-23-4793)
 

 
 
 
            
 

  障がい児の親になるということ?
  「ひかりの岬こどもデイサービスセンター(弘前市)」へ進む→
  

 
            
 

 
 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 

  • -
  • -

障がい児の親になるということ??いちえの会(親同士で気持ちを共有しよう)

           
             
  「障がい児の親の心のケアってないよね。」 

   自分たちが、障がい児を前にどうしていいかわからなかった頃、心をはき出せる場があったら、もっと楽だったのではないか。
   「いちえの会」の乳井さんは、自閉症の息子さんを育ててきた経験を思い返す。これからも同じ思いをする人は必ずいる。これからの誰かのために、そして自分自身のために、「同じ立場の人たちが自らのことを話し、思いを共有できる場」が欲しい。一期一会で出会う人たちの場、それが「いちえの会」だ。
 
              
  bird13.gif    

   心のケアという面では、単に集って勝手に雑談するのでは成り立たない。みんなが一つのステップとし、気持ち良く帰ってほしい。
 そのため、仙台市から児童相談所で発達相談のグループカウンセリングをしている方を呼び、きちんとしたグループワークの方法を月一回学んでいる。実際の活動から、その成功例や失敗例も教えてもらっている。 

 
            
 

 
  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 
            
   いちえの会のグループワークは、強制ではないので、好きなときに参加してくれればいい。まず、「困った自慢」をしてもらう。他の参加者を評価しない、認める、聴きあう。
  仙台で1999年から活動している「くおれネット」のルールを参考に活動していく予定である。(*「くおれネット」は子育てを通して自分も育つ「育児は育自」をモットーに活動している生涯学習グループだ。)
 
            
             
  グループワークのルール
(参加者が全員が気持ちよく話し、気持ちよく帰れるために)
 
  ・自分の今の思いを正直に話す。
  ・人の話は評価や批判をせず、共感しながら聴く。
  ・話し合いの内容は外に洩らさない
  ・自分が話したくなるまでは無理に話すことはなく、人の話を聴くだけでもOKである。
   
 
 
            
   解決策を出す場ではないと理解して参加して欲しい。しかし、自分の気持ちを話すことから、自分の気持ちをみつめ、気づき、整理ができてくる。そして、実際の解決策はなくとも、共感してもらえることで、心が落ち着く。 
            
 

  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※  

 

   

 
                
 
 
 
  leaf009.gif 
             
  親の人生を楽にしよう 
 
   いちえの会の穐元さんによると、最終目標はこのグループワークを通して、障がい者を家族に持つ人たちが、「いい男・いい女」になることだという。つまり、参加者一人一人が生活の中で力んでいる部分が少しでも和み、自分の人生が楽しくいいものだと思えるようになること。
   家族に障がい者がいるということを、自分自身の人生設計にとっての「障がい」としてとらえている部分を、少しでも少なくできるように…。

 
 
 
 
  leaf010.gif 
            
 

   

             
  いちえの会のこれから 
 
            
   現在、青森市・三沢市・弘前市から7人が、ファシリテーター(グループワークを中心になって進めていく人)になるべく、勉強中だ。今年夏頃からは一般の希望者を受け入れたグループワークを開催予定。
 
   会の活動が順調に進めば、同じく障がい児の親とはいっても、抱えている問題は多種なので、より気持ちに寄り添っていけるように、その内容によってグループ分けしていけたら。今後はそれぞれのライフステージで悩みを抱えている人たちも参加できるようになればと考えている。
 
   当面は、障がい児を持って間もない親を対象としているので、発達支援センターや、養護学校、施設などで、参加者を募集する予定だ。
  (今夏以降決定後、チラシなどを掲示する予定なので、詳細はそちらをご覧ください。)
 
 
            
 

  障がい児の親になるということ?
  「サークルくれよん(十和田市小さな森保育園)」へ進む→ 
 

 
            
 

 
 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 

 
            
 

  banner4.gif 

 
 
 
  • -
  • -

障がい児の親になるということ??障がいのある子と楽しむ日々

           
 

  分娩台の上で、看護師の知識と母としての思い 

 
   タケヒロ君は青森県立第一高等養護学校に通う高校1年生。アテトーゼ型脳性麻痺一種一級という障がいをもち、言語障害もある。
 
   青森市内の産婦人科でタケヒロ君を出産する際に、逆子だったが普通分娩でも出産可能との診断を受けて普通分娩で出産した。しかし、赤ちゃんが予想以上に大きかったため、出産が長引いた。
 
              
   タケヒロ君のお母さんは准看護師だった。生まれたときにすぐに泣かない赤ちゃん。タケヒロ君のお母さんは分娩台の上でじっと時計を見つめていた。「泣いて、早く泣いて」と思いながら。11分間泣かなかった。准看護師の知識から、「この子は助からないか、寝たきりになる。」と感じた。その一方で母親として「うちの子だけは大丈夫。」と。
 
   赤ちゃんだけが総合病院の「NICU(新生児集中治療室)」に運ばれた。1週間後、お母さんが退院して赤ちゃんに面会に行く車の中で、初めてお父さんからタケヒロ君の状態が伝えられた。
 
 
  04817.gif 
            
 

 
「重度の障害が残る」と言われたが 

 
   当初の医師の説明では笑うとか、人を認識することはないだろうと言われた。だが、「絶対」ということはないはずと、とにかくいろんな体験をさせることにこだわった。いろいろな物をさわらせた。おもちゃも洋服も、認識しやすいように色鮮やかなものを選んだ。食べられないけれど、ご飯を用意し、周りを汚しても自分の手でさわらせ、口に持っていかせるようにした。
 
   1年たたないとどういう麻痺が出るか分からないという説明だったが、早いほうがよいのではと考え、生後6ヶ月からあすなろ学園(現:あすなろ医療療育センター)に訓練に通い始めた。
 
                
   吸引力が弱く、口からミルクを飲めなかったので、鼻の穴から胃に通した栄養チューブでミルクを飲んだ。なんとか口から飲めないかと、ほ乳瓶やほ乳瓶の乳首を全メーカー・全サイズ揃えて試したりした。
 
 
  04816.gif
    
 
 
   ミルクは結局飲むことはできなったが、離乳食は口にすることができたので、医師にも相談し、思い切って栄養チューブをはずした。
   毎日、栄養の摂取量、水分量、おしっこの量を量り続けた。思い返せば、「なんとか自分の口から食べ物をとらせたい」と、余裕がなくなっていた頃だと思う。
 
            
   せっかく助かった命。家族で楽しみたい。 
 
   看護師をしていたときに、いろんな病人やまた、その家族を見てきた。お金持ちでも入院中誰も見舞いに来ない人、反対にいつもたくさんの家族が来てる人。そういう経験からかもしれないが、「その人にとって何が大事かは、誰にも決められない」という思いが強い。
   この子は命が助かっただけでも幸せだ。親戚・知人から、言われたくない言葉を言われたときもあるが、そんな時は聞き流す。
  「この子にとって何がいいかも分からないのだから、とりあえずなんでもやってみよう。とにかく経験してみないと。」
 
              
                   
 

  何でもやりました  

 
   小さい頃は呼吸も安定せず、鼻にチューブをつけ、時間が来ると栄養の注入、定期的に痰(タン)を吸引。出かけるとなると当然荷物も多く、苦労もあったが、それでもあちこち旅行もした。
   釣り、キャンプ、水泳。普通のことばかりだけど、餅つきやお祭りの行事も家族で楽しんできた。
   
 
 
 
 
 
  takehirokun1.jpg
  キャンプを楽しむタケヒロ君一家 
              
  takehirokun2.gif
  毎冬の楽しみのバイスキー 
 
 
 
                   
 

  どうすればできるか 

 
   身体が不自由なので、物理的にできないことはたくさんある。でも、できなくてあきらめるのではなく、どうすればできるかを考えた。パソコンができるように特殊なキーボードをつくってもらったり、水泳ができるように浮き輪をつくったり。 

 
 
 
 
 
 
 
            
 
子どもの成長とともに。 
 
   タケヒロ君が小学校高学年の時、「なぜ、僕の足は動かないんだ。」と自分の足をたたきながら泣いたことがあった。子どももまた、障がいの受容をしなくてはいけない時期がきた。お母さんは、生まれたときの状況を説明し、謝った。
 
              
   中学生の時、「どこまでがんばらなくちゃいけないんだ。」と言ったことがあった。うまく動かない手を駆使し、身の回りのできることをしたり、勉強をしたりし続けていたタケヒロ君。この子は私が思っている以上にがんばっているんだ。がんばらせ続けてきたということに、お母さんは気づいた。
  「がんばらなくていい。この子の人生を楽しんでくれれば。」
 
 
  01225.gif 
            
   障がいのある子が生まれたとき、親が乗り越えた思い。子どもの成長と共に形を変え、子どもと一緒にその時その時に対応していくしかないのかもしれない。 

 
            
 
  タケヒロ君のお母さんから。今がんばっている親御さんへ。
 
            
   自分だけが大変じゃない。一人じゃない。まず、外に出て!いろんな風にあたって!いろんな空気を吸って!きっといろんな事が見えてくるのでは。 
 
            
 

  障がい児の親になるということ?
  「いちえの会(親同士で気持ちを共有しよう)」へ進む→
  

 
            
 

 
 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 

 
  • -
  • -

障がい児の親になるということ??自閉症の子を理解するまで

           
 

  2才で自閉的傾向とわかって 

 
   小さい頃はすぐにどこかへ行ってしまうので、常にたいし君を追いかけていた。言葉が増えない、視線が合わない、落ち着きがない。そんな様子を見ていたのだろう、日頃通っている小児科の医師が、行くたびに「言葉は増えた?」と聞いてくれたが、言葉の数は逆に減っていっている位だった。
 
   2才を過ぎた時、その小児科医から保健センターを紹介され、行ってみると今度はやまぶき園の「あそびのひろば」を紹介された。そしてやまぶき園に2才から就学前まで母子通園した。
 
            
             
 

  自閉症とは…
  決して「心の病気」や「親の育て方の問題」ではなく、
  先天的な「脳の機能障害」と現在は考えられている。
 
  特徴としては…
  ・コミュニケーションが苦手
  ・意味不明なことを1人でいう
  ・身体に触れられることや特定の音を極端に嫌がる
  ・こだわりがあり止められるとパニックになる
・状況に関係なく突飛な行動をする
  などがあるが、これらの障がい特性は個人差が大きく一人一人違っている。
  自閉症の特徴と対応の仕方
  →Q&A日本版作成ネットワークによる「あたらしい自閉症の手引き」
 

 
 
            
                   
 

  これが助けとなった◆1◆ 

 
 

   パソコン通信のニフティサーブのフォーラム。当時(10年ほど前)、今のようにインターネットが普及していなく、自閉症の情報も探しづらい頃、「障がい児教育フォーラム」を見つけて会員になった。
   全国の障がい児を持つ親や、教師、医師などの関係者が、幅広く書き込みをしていた。とにかく情報が欲しい。困っていることを書き込みすると、仲間や専門家から返事がもらえた。(今は、パソコン通信はなくなりインターネットサイトとなっているが、当時ほどの盛り上がりはない。) 
 

 
 

 
  tree61.gif 

 
            
                   
 

  これが助けとなった◆2◆ 

 
   施設の先生に愛され通園したこと。そこで同じ体験を持った人と出会ったこと。悩みを話し思いが通じ合ったことで孤独が癒され、情報交換もできた。
   幼稚園に行くなら、2年保育がいいらしいという話を聞いて幼稚園に入園した。たいし君の場合は、その後も普通小学校に通うステップともなり、「普通の子と関わりながら成長したので、人と交わるのをいとわない子になったのでは。」と、お母さんは語る。
   やまぶき園、幼稚園、なつどまり希望の家に一緒に通った仲間は、大きくなった今でもかけがえのない存在だ。
 
 

 
  c75.gif 

 
            
 
  「普通の子に近づけたかったのだ」と気づくまで

 
   「障害児教育フォーラム」の情報で、障がい児の力を伸ばした幼児教育の塾があると知り、4才からその塾に通わせた。何とかこの子に力をつけさせてあげたい、あげなくては、というお母さんの思いと、やりたくないのに無理やり覚えさせられるのが嫌いなたいし君。当然ぶつかり合い、ある日イライラがつのったお母さんがたいし君を殴りたくなる衝動が抑えきれなくなったときに気がついた。
   
      「何とか普通の子に近づけたいという思いは、母の願いだったのだ。
                      そうではない。本人の意志を大切にしなくては。」
              「普通であるよりも個性的に生きていいんだ。」と。
 

            
 
  大変だったのは知らなかったから
 
            
             
 

 
  幼児期
  「どう育てていけばいいの?」「この子はどうして親を求めないの?」「なんでいなくなるの?」「どうして夜おきてしまうの?」「これが一体いつまで続くの?」自閉症がどんなものなのか全く分かっていなかった。
 
  学童期
  自閉症の障がい特性をだんだん理解してきていたが、例えばたいし君に音の感覚過敏があることなどに気づいていなかった。外出事や普通学級でたくさんの音の刺激に囲まれていたのは本人も苦しかったろうと今にして思う。
 
   障がいを受け入れる一番の近道は、障がい特性を理解すること。講座などの勉強会に出かけて自閉症の不思議がとけた。
   障がいを受容できたのは、たいし君と暮らして10年くらい経った時、「うちの子、自閉症なの」と普通に言えた時だと思う。
 

 
 

 
 
   hh02.gif
 
  hh03.gif 

 

            
 
  必要なのはライフステージごとのサポート
 
            
             
 
   ライフステージごとに、乳幼児期、保育、就学前、学童期、地域生活、福祉施設、就労や制度について必要な情報やサポートがある。診断を受けて間もない時期に、きちんとした情報・サポートがあれば、障がいを持っている子どもを抱えた親も子育てを楽しめる。将来の見通しがつけば、子どものほんの少しの成長を心から喜べる。
 

 

  hh01.gif 

 

            
 
  今がんばっている親御さんへ。
 
            
             
 
   たいし君が、障がいがある事で治療を断られ、行ける眼科がなく、困っていた時、たいし君の通える眼科を見つけてくれたのが「発達障害者支援センター ステップ」だった。(「ステップ」の事業の詳細は後記HPにて)
   「こういうことで困ってるんです。」といろいろな施設やセンターに相談に行くと、情報を持っている支援者・相談員が助けてくれる。
  「一人で抱え込まないで!ガッツのある素晴らしい支援者・相談員の方は、私たちを励まし力づけてくれます。支えられているしあわせもあるんですよ!」
                     
   同じ体験を持つ親などの仲間の存在はとても大切。仲間の話を聞くと「うちもやれることをやろう」と元気がででくる。(前向きな仲間の意見を聞くこと。ネガティブな意見に引きずられて落ち込むこともあるので(笑))
 
 

 
  hh15.gif
 
  hh16.gif
 

 

            
 
  自分の体験をもとに。今とこれから…

 
   小学校入学前の就学時検診で自閉症と診断を受け、そして、養護学校(現:特別支援学校)入学という判定がおりたが、地元の普通小学校の普通クラスへ入学したたいし君。4年生になるときに、その小学校に新設された特殊学級(現:特別支援学級)に編入した。それまで毎日学校に付き添っていたお母さんも、勇気を持って子離れの決意をした。そして青森市自閉症児(者)を持つ親の会に入会した。
 
   現在たいしくんは中学生。地域の学校に通い続けられたのは周りの方の助けと理解があったから。学級の先生がたいしくんを大切にすると、子どもたちも自然と大切にする。子どもたちの方がたいしくんの障がい特性を素早く理解した。地域での生活はたいしくんだけでなく、周りの子どもたちの成長につながったようだ。
 
    人の成長過程で基礎となる大切な幼児・学童期に、たくさん愛され、成功体験を重ね、ほめてもらって、自信を持つ。人と関わる事が楽しいという体験をたくさんさせて、前向きな自閉症児が増えることがたいし君のお母さんの願いだ。この大切な幼児・学童期に関わる保健師や保育士、先生方に、そして支援者にも正しい自閉症の障がい特性を伝え、理解を深めてもらいたいと思っている。
 
   現在たいし君のお母さんは「自閉症親の会」で、会員の親子レクレーション、新入会員さんとの顔合わせを企画をしたり、自閉症の正しい障がい特性の理解を目的とした連続講座のスタッフとして活動している。
 
            
 
                   
 

  たいし君のお父さんから 

 
   思い通りにことが運ばなくてイライラし、かんしゃくを起こす人は身近にいませんか?自分が話したことが相手に通じなくてイライラし、かんしゃくを起こして当たり散らしたことはないでしょうか?
 
     自閉症の人は、そういう情緒的な不安定さの中で生きています。私たちの生活の中で当たり前のように思っていることが、彼らには当たり前には理解できないため、ルールやしくみがわからず、コミュニケーションも通じません。適切な支援がないと、そういう環境の中で朝から晩まで過ごすことになります。  
 
   行ったこともない外国、例えば、中近東あたりの町に突然ワープして放り出されたとしたら、どんな気持ちになるでしょうか。見たこともない町で、日本とは全く違う服を着た現地の人が聞いたこともない言葉で話しかけてきました。どうふるまっていいかわかりません。これからどうなるのか、どうすればいいのか見通しも立ちません。ギャーッと叫びますか?泣きわめきますか? ・・・自閉症の人はそうやってパニックを起こすことがあります。
 
   自閉症は、目が見えないわけでも足が悪いわけでもなく、一見普通の人に見えるので、自閉症の人を見たことがない人に理解できるように説明するのは、たいへん難しいことなのですが、そういう人がいるんだということを知っていただければ幸いです。
 
 

   


                   
 

  青森市自閉症児(者)を持つ親の会でこんなことしてます。
  お気軽にいらしてください。
 

 
  1・定例会 
  不安でいっぱいの新米ママさんの悩みを先輩ママ達が聞いたり、お役立ち情報の交換をしています。
    青森市男女共同参画プラザ カダール(アウガ・5階)和室にて。
    毎月第3木曜日、10時?12時(夏・冬休みの月は休み有)
 
  2・自閉症連続講座
  自閉症の正しい障がい特性の理解を目的として定期的に開催しています。
    「乳幼児支援者セミナー」
    「学童期支援者セミナー」
    「成年・成人期セミナー」
    「親のためのセミー」
  アピオあおもりにて。 担当 小笠原(多)。詳細は、定例会で。
 

 
 
 

 
 

            
             
 

  たいし君のお父さんがたいし君の成長をつづっているホームページ
   「たいしダヨリー」
   http://homepage2.nifty.com/taishikun/index.html
 

 

 
  自閉症児(者)を持つ親の会の仲間でつくっている勉強会
 
   「自閉症児の為の個別課題作りサークル「ビーンズ」」
   http://blogs.yahoo.co.jp/beansdaisuki
 
 
  たいし君のお母さんご紹介の施設
 
   青森県発達障害者支援センターステップ
   http://www16.ocn.ne.jp/~aoshien/
 
   自閉症・発達障害サポートセンター「夢」(NPO法人「夢」)(八戸市)
   TEL 0178-47-9128
   メール you-me77@bridge.ocn.ne.jp
 
   障がい児・者支援センター「スタジオ ビータ」(NPO法人あーるど)
   http://business4.plala.or.jp/vita/index.htm
 
   青森県知的障害者総合福祉センターなつどまり「希望の家」
   http://www.natudomari.jp/kibou/set_kibou.html
 
 
  その他ホームページ
  (リンク集に各種病気のサイト、親のサイト等が紹介されています。)
 
   青森県総合学校教育センター特別支援教育課(017-764-1993)
   http://www.edu-c.pref.aomori.jp/tokushi/
 
   青森県障害者相談センター
   http://www.pref.aomori.lg.jp/ssodan/
 

 
 

 
            
 

  障がい児の親になるということ?
「障がいのある子と楽しむ日々」へ進む→
  

 
            
 

 
  ←「障がい児の親になるということ」トップへ戻る
 

 
            
 

 
  banner4.gif 

 
  • -
  • -

障がい児の親になるということ

           
 
 
  障がい児の
  親に
  なるということ
 
 
            
 

 
  障がいのある子の親になって。
 
  育て方がわからない。
 
  どう付き合っていけばいい?
 
  私の人生はどうなるの?
 
  そんな人たちにむけて…
 

 
            
 

 
 

 

   

             
 

  先輩!
  どんな子育てしてきましたか?
      
 

 

 
            
 

 
 

 

   

             
  自閉症の子を理解するまで >>> 
 

  自閉症のたいし君のお母さんにお話を聞きました。
  全国の仲間とつながり、地域の人に助けられ、
  試行錯誤の子育てのお話です。
 

             
  障がいのある子と楽しむ日々 >>> 
 

  出産時のトラブルで脳に障がいを持った、たけひろ君。
  たけひろ君のお母さんの、やってみなければわからないとの信念は
  生まれたときからずっと変わりません。

 

 
            
 

 
 

 

   

             
 

  みんなはこんな時どうしてる?
  仲間ならわかってくれるかな、この気持ち
          
 

 

 
            
 

 
 

 

   

             
   いちえの会?親同士で気持ちを共有しよう >>>   
 

  「障がい児の親の心のケアってないよね。」
  自身の経験から、ピアカウンセリンググループを開くべく、勉強中のグループ。
  私らしい人生のために。
 

             
  サークルくれよん(十和田市小さな森保育園) >>> 
 

  情報交換?井戸端会議?
  笑って何でも話せる安心感は
  保育園、子育て支援センター、療育支援センター、
  全てが連携し、見守られているから。

 

 
            
 

 
 

 

   

             
 

  子どもも私もどんどん外へ
  そんな時のつよーい味方
        
 

 

 
            
 

 
 

 

   

             
   ひかりの岬こどもデイサービスセンター(弘前市) >>>   
 

  地域の学童保育や保育園のかわりに障がい児に居場所を。
  それだけではありません。
  預かって、発達支援して、地域生活も応援します。
 

             
  おもちゃ図書館「きんたろうひろば」(むつ市) >>> 
 

  遊びの機会に欠け、また上手に遊べない傾向が多い障がい児たちに
  遊ぶ場と良いおもちゃを提供する「おもちゃ図書館」。
  その子の発達にあったおもちゃを紹介してくれると共に、
  親子で気軽に遊びに行ける場でもあります。

 

             
  青森県立保健大のサークル「テディ」 >>> 
 

  障がいを持った子どもたちと一緒に遊ぶボランティアサークル
  親は若い力に助けられ
  子どもは大好きなお兄ちゃんお姉ちゃんと遊ぶ、

  楽しいひとときをもらいます。

 

 
            
 

 
 

 

   

             
 

  最後に            

 

 
            
 

 
 

 

   

             
   障がい児の親になるということ >>>   
 

   

 
  • -
  • -

思春期のミカタ(2)「ココロの味方」

           
 

    2 ; 思春期の 「方」    

 
             
             

 

 

   2-1kuroma_5.gif ココロの味方                    CONTENTS                

 

  いつも誰かが耳を傾ける keitai_7.gifチャイルドライン 

 

  ケータイ・ネットは味方?警察も地域の味方! paso_1.gif少年サポートセンター 

 

  自分の声で居場所を創る chair.gif 青森市こども議会 

 
 

 

 

 
   ●いつも誰かが耳を傾ける keitai_7.gif「チャイルドライン」 

 
 

 

                      
 

   

               
             
 
 

  子どもの本音は「ケータイ」で語られる 

 

   平成20年2月に青森市で行われた、「チャイルドラインフォーラム」。前年度『秋の全国フリーダイヤルキャンペーン』での結果報告書が資料として配られた。 

 

   期間中にかかってきた電話数は、全国で約65,000件。そのうち、半数以上が「携帯」からの着信だった。携帯電話が子ども達の間に定着している現状が伺える。 

 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 
 

  「学校」での「人間関係」に思い悩む心 

 

   電話をかけてきた年代別で一番多かったのは女子は「小学生」、男子は「中学生以上18歳まで」からの電話。主な相談内容は、子ども達が日常のうちで最も長い時間を過ごす『学校』での話題、特に『人間関係について』や『いじめ』、『性の悩み』が多い。 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆「うわべの友達関係」に疲れぎみ?の女子 

 

   電話の受け手によれば、「今の子ども達はコミュニケーション能力を磨く機会が少なく、上手く人間関係が結べなかったり、人間関係を会話で解決していくことができずに、いじめにもつながっていったりしているようだ」という。 

 

   「思春期の女の子の友達に関する悩みは深刻。うわべの関係づくりにつかれきっている様子が見える。」という声も。  

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆世間の「性情報」に翻弄され不安…男子 

 

   『学校』に次いで、性や恋愛・異性関係など『自分自身のこと』についての相談も、大きな割合を占めた。 

 

   「性の悩み」の半数以上は「男子」からの電話。思春期の男の子にとって「性」は大きな関心ごとだが、仲間同士であっても自分の性のことは話しにくい。世間に氾濫している性情報に翻弄され、自分に自信をなくして迷い悩んでいる、そんな様子が伝わってくるという。 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆「誰かとつながりたい」…寂しい子ども達   

 

    その一方で、雑談が主の「ただ聞いていて欲しかった」「話し相手が欲しかった」、そんな電話も多いという。「チャイルドラインにはいろいろな電話がかかってくるけれど、共通しているのは“だれかとつながりたい”という人間本来の気持ち。子ども達はさみしいんだなぁと思う。」とある受け手は言う。 

 
 
 
 

     

 

  keitai_4.gif  

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  denwa_3.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  keitai_5.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  keitai_7.gif 

 
  ※【チャイルドライン】について⇒詳しくはこちら    過去記事は⇒こちら 
 

 
 

 
 
    

 

  ●ケータイ・ネットは味方?警察も、地域の味方!
               paso_1.gif 「少年サポートセンター」
 

 
 

      

                      
 

   

 

   

 

   

 

    bird_3.gif 

 

  bird_2.gif 


 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

     

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

     

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

             
 

  少年サポートセンター 

 

  青森警察署
    017-776-7676
 
  八戸警察署
    0178-22-7676
 
  弘前警察署
    0172-35-7676

   
 

 

  ヤングテレフォン
 
  0120-58-7867
  (こどもはなやむな)
 

 

 
  五所川原警察署
    0173-33-7676
 
  十和田警察署
    0176-25-7676
 
  むつ警察署
    0175-23-7867

月?金曜  
  8:30?17:00 
  (祝日・年末年始除くく)
 

 

 
  ●ヤングメール

  送信はこちら
  youngmail-587867*extra.ocn.ne.jp
 
  (スパム対策のため、@を*に変えてあります)
 
  24時間受付
  (1?2日後に
  メールで回答)
 

 
 

 
 
  bird_3.gif 

 
 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆学校に収まりきらない子どもをサポート   

 

   青森県警本部少年課。ここには少年非行、いじめの対策、犯罪被害など、少年非行防止と健全育成活動を行っている「少年サポートセンター」本部が設置されている。そこで少年サポートセンター所員でもある少年課の工藤由香利さん、山谷光寛さんに、携帯電話やインターネットが抱える課題について話を聞いた。 

 

   少年サポートセンターは、少年担当の少年補導職員(ジャンプメイト)が中心となって活動をしている。非行少年の補導をはじめ、地域のボランティアや学生ボランティアの協力を得ながら、非行少年や被害少年の継続的な立ち直り支援や居場所づくりの支援も行う。 

 

   また、保護者や少年本人から寄せられる「ヤングテレフォン」、「ヤングメール」への相談に対応をしたり、近年はインターネット上の匿名“掲示板”を利用した「ネットいじめ」の対応指導などにも関わる。 

 

 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆ケータイ・ネットの特性やリスクを知ろう  

 

   携帯電話やパソコンにフィルタリング機能を設定することにより、違法・有害情報に触れる可能性は低くなる。しかし、子どもたちはフィルタリング機能を設定することを“拒む”傾向がある。 

 

  「ネットいじめ」と呼ばれる、「学校裏サイト」や「ブログ」での掲示板上の個人攻撃、誹謗中傷。「ネットいじめ」の被害者や加害者にならないためにも、フィルタリング機能の設定は“必要”である。 

 

 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもが映しだす大人のモラル低下 

 

   「近年の傾向として、非行少年は減少傾向にありますが、一方で携帯電話の使い方を誤り、犯罪に巻き込まれる少年が増えています。」と山谷さん。 

 

   また、、依然多いのが「万引き」。携帯を使って見張り役とやり取りをするようなケースもある。 

 

   その陰で問題なのは、「たかが万引きくらい」「金を払えばいいんだろう」という親の姿勢、倫理観の低下がある。大人側の倫理観の低下が、思春期の子どもたちに映し出されている。 

 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆「安心」のネット空間、「誤解」のネット交流 

 

   ネットは本来、家庭や学校、地域に持ち込めない問題を相談しあえる“プライベートで安心できる空間”として発展してきた。 

 

   しかしネットの特性として、軽い「悪口」のつもりで書き込まれる内容が“活字化”することで固定され、拡大し、憎悪感が持続しやすいことなどは、一般にあまり理解されていないという。 

 

   ネットやメールのもたらすリスクは「有害サイト」へのアクセスだけではない。ネットやメール上では、誰でも「本音」をさらけ出しやすい。しかしその一方で、情報の受け手に表情やニュアンスは伝わらず、双方の「誤解」も生まれやすい。
 
   山谷さんは言う。「思春期に入る前からの、早い時期からネチケット(インターネットり上のエチケット)やメディアリテラシーを身につけさせるための、しつけ・教育が必要だと思います」。
 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 

   

 
 

   

 
 

  ◆警察も、地域で子どもを見守る味方  

 

   思春期の子どもたちは、時に学校と家庭以外の場で問題に直面することもある。その時、親は身近に一人でも多くの“味方”を持つといいだろう。 

 

   少年サポートセンターは、県内を青森・弘前・八戸の3ブロックに分け、それぞれに支部を置く。 

 

   学校からの要望を受け、薬物乱用の防止やネット犯罪被害の予防、非行防止の講和を行い、意識啓発にも当たる。被害にあった子どもの支援には、心のケアの専門家が対応することも。非行少年の支援には、立ち直りのためにできることを考えていく。 

 

   「処罰ばかりではありません。時間をかけて、その少年に合ったケースバイケースの対応をしていく必要があります」と工藤さん。その少年や保護者に継続的に助言・指導・支援を行う。
 
 警察という場所に足を運ぶのは、誰でも少々緊張する。しかし各警察署の少年担当係や「少年サポートセンター」は、こうした学校に収まらない子どもたちに目を向け、いざという時サポートする、“頼りになる味方”であるということを心得たい。 

 
 
 
  ※【少年サポートセンター】について詳しくは
  ⇒
こちら (少年サポートセンターHP ピア・ナビ) 
 
 
 
 

  自分の声で居場所を創る chair.gif 「青森市こども議会」 

 
                      
 

   

 

   

                 
             
 

   

 
 
 
 

   ◆「青森市こども委員会」は、子どもの目線で青森市が住みよい街になるように企画し、立案する委員会。子どもの視点に立った子どもの為の取り組みを進めるために、子ども自身に関わる様々な市の取り組み(施策)などについて、子ども自身が考え、進めていくための委員会である。 

 

   市内に住所のある小学校5年生から高校生までの子どもたちが、子どもの意見反映や、ネットワークづくりについて、月に一回開かれる会議で話し合う。社会全体で、子ども自身の視点に立ち、子どもをすこやかに育むための総合的な計画として作られた「青森市子ども総合計画」に基づいて、「子どもの最善の利益の保証」を目的に、まず『子どもの権利条約』を広めることを念頭に始まった。 

 
 

    ◆その活動は平成20年度で4年目を迎える。1年目は、「子どもの権利条約」をもっと多くの人に知ってもらいたい!という想いから、子ども自身の手で啓発ポスターを制作。 

 

   2年目は「青森市をもっと好きになるために」というテーマで、子どもの権利に関するワークショップを行った。 

 

   「子ども自身が相談したい時にいつでも相談できる場が必要」「自分の住んでいる地区に、友達と気軽に集える場所が必要」「『子どもの権利条約』を知り、意見を深めるため、ホームルームなどで自由に話し合いができる時間が必要。」という3つの意見がまとまった。 

 
 

    ◆そして3年目の平成19年夏には、大規模なワークショップを開き、『子どもの考え、つなげよう!?青森市をもっと好きになるために?』と題して、小・中学校の一般生徒も参加し、「青森市をもっと好きになるために」をテーマに、4つの班に分かれて、市の関係者、大人たちと活発に意見交換をした。 

 

   その他「子どもの祭典」で浪岡地区のこどもたちと交流を楽しむなどした。 

 
 
 
 
             
 

   

 
  
beads_21.gif
 
               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもによる、子どものための、街づくり。 

 

   学校か、家庭、そして部活や塾・・・。子どもと大人の間で揺れ動く思春期の子どもたちだが、子どもたちが暮らす地域にそれ以外の“居場所”はあるだろうか。  

 

    青森市には、子ども達が、自分たちの目線で気付いたことや社会への疑問点を、話し合い、自分たちの声として “実社会”に問う場がある。 

 

    ある時は行政の各担当者。子ども自身が、子どもの目線で、子どもに関わる施策について話し合う。それを行うのが「子ども委員会」だ。 

 

 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆子どもの力で、できることをしていきたい 

 

   委員会は小学5年生から高校生までの上限25名で構成される。学校を通した推薦ではなく、興味を持った子ども達が自主的に応募してくると言う。 

 

    ある小学6年生の応募理由。「普段の生活でふと思ったことを大事に、悪いことばかりでなく良い点は向上させ、改善して欲しい点は改めてもらえるよう、 

 

    子どもができることをしていきたいと思う。(小6)」小学生でも、しっかり考えているものだ。 

 

 

  beads_21.gif 


 
 

   

               
             
 

   

 
 
 

    ◆「子どもの権利条約」から始まった 

 

   もともとは、市の施策で「子どもの権利条約」を子ども自身が学び、使う場として考案された。 

 

    月一度の定例会で話し合われる内容は、街を歩く子どもたちの目線と本音そのものだ。 

 

   「通学路にタバコのポイ捨てがたくさんあって気になる。」「ある機関の受付けの職員の対応が悪い。」「街に子どもの居場所がない。あっても子どもが気軽に使いにくい。」など。 

 

     それらの議題は年に一度、大規模な「意見交換会」として、行政の担当者や一般参加者も含めた大きな話し合いの場に持ち込まれる。 

 

     「なるべく沢山の人たちに話を聴いてほしい。そのためならどこにでも行く。」臆すことない子ども達の姿勢と、縦横無尽に飛んでくる鋭い質問に応えるため、今年は各担当課の課長が話し合いの席に加わった。
 

 

 

  beads_21.gif 


 
 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆「子どもがこんなに考えているとは…」 

 

     「子どもはスゴイ!こんなに子ども達がいろいろ考えているとは知らなかった。」これは参加した大人たちの感想。 

 

     大人は、話し合いの場で改めて、街で“共に生きている子ども”の声を知る。子ども達も、「街にゴミ箱を増やせばゴミが減るような、単純なことではない」という現実や、自分の住む地域のために大人たちが奮闘しているという事実を知る。 

 

     大人と同じテーブルについて、自分の住む社会の在り様を学ぶ。それからが子ども委員たちの、本当のスタートとなる。
 

 

 

  beads_21.gif 


 

   

               
             
 

   

 
 
 

  ◆予算不要のアイデアぎっしり「子ども提案書」  

 

   「意見交換会」の場で聞いたことを元に、現地視察を行い、さらに対応可能と思われる改善点を考えるのだ。 

 

    本年度のテーマは『居場所(施設)』。小中学生にとっては家から自分の足で行ける、各地域ごとの“市民センター”にターゲットを絞る。実際に市民センターに足を運び、視察後の提案を文書にまとめて提出した。タイトルは『子ども達がもっと利用しやすい市民センターであるために』。 

 

    「市民なら誰でも利用できるはずのセンターなのに、実際は大人や高齢者が多く、子どもは利用しづらいのはなぜか。」「子どもに関する情報を子どもは知らされない。子ども対象の掲示スペースを確保して欲しい。」「館内案内図が見づらいところにあって、どこになにがあるのかわかりにくい。」など・・・。 

 

     どの提案も、多くの予算を必要としない。ちょっとした工夫、あるいは子どもの視点に立ち返るだけで、利用者である子どもたちの利便性も向上する。この取材時はセンター側の“返事待ち”の状況だったが、その回答や果たして如何に・・・。 

 
 

  beads_21.gif
   
 

               
             
 

   

 
 
 

  ◆大人を超えて未来へ、思春期の子どもたち 

 

    実際に街に足を運び、目と心で感じた疑問を声にする。その声を、今住んでいる社会に伝わる形で伝える練習。これは生きた勉強。子ども達はなかなか止めたがらないという。身近な未来を、たった十数年後のこの地域を創るための。 

 

    子どもの権利条約を元にした、意見表明の舞台である「子ども委員会」。自分たちの居場所を自分たちで切り開こうとする思春期の子ども達には、大人へ向かい、大人を超えていこうとする、こんなに力強いパワーが眠っている。
 

 
 
 
 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  green_2.gif 

 

  h19-061.jpg 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  green_3.gif 
h19-101.jpg 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  green_1.gif 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

  h19-051.jpg 

 
 
  「青森市こども委員会」→詳しくはこちら 
 
   ■事務局:青森市こども支援センター

  青森市中央3丁目16?1  総合福祉センター2階
    TEL 017-721-2180
 
 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
  • -
  • -

思春期のミカタ(3)「カラダの味方」

           
 

    2 ; 思春期の 「方」    

 
             
             

 

 

   2-2kuroma_3.gif カラダの味方            CONTENTS        

 

              

 

   underwear_1.gif 「ピアカウンセリングサークル・スマイル」 

   underwear_4.gif    「あおもり思春期研究会」 

 
 

 

 

 
    underwear_1.gif 
                   ピアカウンセリングサークル・スマイル  
 

 
                      
 

  woman_22.gif 

 

    

             
 

  ピアカウンセラーの役割」とは・・・ 

 

  カウンセリー(相談をする人)の問題を相手に代わって解決するのではなく、相手が自分の考えや気持ちを明らかにし、カウンセリー自身で解決策が見出せるよう支援することである。そこには、「人は、機会がいあれば自分自身の問題を解決する能力を持っている」という、ピアカウンセリングの基本前提がある。 

 

 
             
 

  ライフライン」とは… 

 

  人生設計。過去と未来を含めた人生の流れ。時間軸を横軸にとり、本人の成長段階に添って、誕生から未来に向けての個人的な人生計画(過去も含め)。ここでは、これを一枚の紙に書き出す作業により、その人自身の指針を確認するために使っている。 

 

 
 

   

             
 

   「ピアカウンセリング」とは・・・
 

 

   従来の指導型の健康教育に換わり、思春期にある人々自身が主体となり行動変容をもたらす健康教育・性教育の方法。 

 

 
 

   

 
 

 
 

               
             
 
 

  ◆学生による、生徒のための思春期教室
 

 

   「ピア(仲間)の不安や悩みを同じ目線で受け止め、寄り添って支えあっていこう。」県立保健大学のピアカウンセリングサークル・スマイルでは、依頼を受けて思春期講座を行っている。主に高校生を対象とした集団に対して、ピアエデュケーション(仲間とともに知識、スキルを共有しあうこと)スタイルの講座で、生徒からも非常に人気が高い。 

 

   

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆あなたもわたしも価値観は違う、
     だからあなたもわたしも宝物。
 
 講座の目的は「自分と相手を大切にする」こと。性について皆で楽しく語り、正しい知識を得る。エクササイズや劇、意見交換などのセッションを通じて、他の人の意見を聞き、他の人の考えを学ぶ。
 

 

   だからテーマは『あなたもわたしも宝物』。その意識を感じてもらうことが何よりの課題だ。 あなたも私も価値観は違い、多様だ。違いを理解しつつ、相手の性=生を大事にすることが、自分の性=生を大事にすることにもつながる。同世代の価値観を共感・共有することは、相手のこと、そして自分自身を大切にすることにもつながる。 

 

   お互いを大切にするためにはどうしたらいいのか。ピアカウンセラーは生徒と同じ目線で性=生について語り、ただ口で「大切に」と言うだけでなく、生徒自身にエクササイズや劇、ディスカッションを通じて、価値観の多様性を知り、性に関する知識を得て納得してもらうよう工夫している。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆「将来のイメージ」、家庭でもっと話し合って。

   例えばクラスを小グループに分け、自分の今後の『ライフライン(人生設計)』を書き出してもらう。
 

 

   「大学を出て、就職をして、結婚は…何才?出産は?」生徒にはまだ漠然とした遠い未来。でも自分の性、パートナーの性、性にからむ現実はいつでも彼らの中にある。性の問題は、「いのち」の、「自分の生き方」の問題でもある。 

 

   「将来についてのイメージを、持っていない子たちが多いのが気になります。」と話すのは、いくつもの講座を行ってきたスマイル代表の戸沼清美さん。将来助産師になる夢を追いながら、この活動を続けてきた。
 
   「ライフラインを考えるセッションでも、『子どもは要らない』とか、『子どもはできたらその時考える』とか…家庭の中で、性のことや自分を大切にすることについて、日頃から話し合ってもらえれば、と思います。」
 
 

 

   対象の生徒が今までの人生を振り返り、さらにこれからの人生を考えることで、自分はこんな人生を歩んでいきたいんだ!という想いを確認して欲しい。
 
   「お互いの未来や将来、夢を守るためには『自分と相手を大切にする』ことが必要だと、対象の生徒に感じてもらえるよう、“ピアっ子”(ピアカウンセラーのこと)も頑張ってます。」
 

 

 
 

  beads_21.gif  

               
             
 
 

 
  ◆思春期の子どもの味方は、思春期の先輩!

 スマイルの「ピア・カウンセリング」とは、親や教師に聞きにくい、性の疑問や悩み相談に“同年代”の仲間が知識、スキルを伝えることにより共有しながら、一緒に考えたり、感じたり、その生徒が自己決定するプロセスに寄り添って支えることだという。だが、こんな楽しい思春期教室なら、学生や生徒ならずとも、ぜひ体験してみたい。
 

 

   オファーがあれば、依頼に見合った様々なプログラムを用意して、県内各地に出向くことも可能だそうだ。ピアカウンセリングの思春期講座、スマイルへのお問い合わせは下記まで。 

 
 
 
 

  ピアカウンセリング
  サークル・スマイル

 

 
 

   青森県立保健大学内 あおもり思春期研究会事務局
  TEL:017-765-2056
  メール
 teensmile*auhw.ac.jp
  (スパム対策のため、@を*に変えてあります。) 

 

 
 

    underwear_4.gif
                          「あおもり思春期研究会」 

 
 

      

                          
               
             
 
 

  ◆あおもり思春期研究会、10代の電話相談
 
   あおもり思春期研究会では、祝日を除く毎週火曜日の5時から8時まで、10代の性と恋愛について、電話相談窓口を開設している(右記参照)。
 

 

   実際に寄せられる電話相談の内容は、主に「男子」からの「体の変化」についての相談が多いそうだ。 10代の子どもだけでなく、10代の子どもを持つ親からの相談も受付ける。 

 

   先に述べたピアカウンセリング講座の会場では、友人の手前か、あまり深刻な相談は寄せられないと言う。電話相談の件数もあまり多いとはいえないとか。しかし例えばデートDVや家庭内性的虐待、援助交際など、周囲に打ち明けにくい深刻な悩みを、信頼して相談できる中立的な場所として、この性の相談窓口はとても大事な存在だろう。 

 

 
 

  beads_21.gif 

               
             
 
 

  ◆偏った性情報を信じてしまう子ども達 
 
   「青森はわりと進んでいるんです。」と話すのは、あおもり思春期研究会の会長での平岡友良先生。
  青森県では全国的に早い段階から、医師会と教育委員会が連携し、『産婦人科校医』の設置と中・高校生対象の『思春期講座』とを進めてきた。かく言う平岡先生も、東青地区の産婦人科校医の一人だ。
 

 

   当初、思春期講座の主なテーマは「望まない妊娠の回避」や「性感染症の予防」など“問題対策型”の知識が中心だった。 

 

   しかし、現代の子ども達はメディア等を通じ、もっと幼い段階から、偏った性情報を入手して信じこんでしまう傾向にある。そこで、より深く正しい理解を促すように講義内容も変わってきたと言う。 

 

 
 

    beads_21.gif 

 

   

               
             
 
 

  ◆信頼できるメディアと地域のネットワークを 

 

   今では、「性は“いのちの基”である」という根本的な概念から、「ピル服用についての知識」「AV(アダルトビデオ)の性観念は偏っている」といった具体的な事実まで、「性」の理解を幅広く伝えている。 

 

   平岡先生は言う。「仲間内でのピアカウンセリングも大事ですが、大人の中に“信頼できるメディア”が必要です」。 

 

   家庭でできる対応は?と問うと、「まずは地域の関係者と連携を取り合うことでしょうね」、と県内各地の産婦人科校医を紹介してくれた。〔※右記囲み参照〕性の問題に悩んだら、近くの校医を知って、相談してみるのも一つの手段だ。 

 


 
 

  beads_21.gif 

 

   

               
             
 
 

  ◆「思春期講座」を家庭で会話のきっかけに
 
   思春期研究会では、会員を主な対象に、定期的に話し合いの場を設けており、一般参加可能の「市民公開講座」も年に2度開いている。
 

 

   『思春期教室』と聞けば、親の世代は小学4年の頃、女子だけ別教室に呼ばれて、生理についての話を聞いたくらいではないだろうか。どこか面映いような後ろめたいような気持ちがしたっけ。 

 

   今の「思春期教室」は、時代に即してだいぶ趣が違って来ているようだ。小学生は「いのちの大切さ」を助産師から学び、中学生は「からだの変化」について保健師から、そして高校生は産婦人科校医や大学生と共に、“今”の自分と“未来”を繋げるものとして、互いの「性」を考え、認め合う。性は恥ずかしいものではなく、大切で、誇れるものだと。 

 

   思春期講座には実際に足を運べなくても、「今日の思春期講座、どんな話が出たの?」と子どもに聞いてみよう。家庭の中で、子どもの性や未来について、楽しく語り合う機会にしてみてはいかがだろう。 

 

 
 
 
                  
 

  「10代
  恋愛と性の電話相談」 
  毎火曜(祝日を除く)
  17時?20時
  017-765-4112 
 

 

 
 

  bear_1.gif  

             
 

  ●産婦人科学校医 
 
[東青]
  青森西高校
  あおもり協立病院
  017-762-5500
  平岡友良
 

 

  [西北]
  五所川原高校
  千歳産婦人科医院
  017-776-2893
  千歳 和哉
 

 

  [中南]
  弘前中央高校
  レディースクリニック・蓮尾
  0172-35-2110
  蓮尾 豊
 

 

  [上北]
  三沢商業高校
  八戸レディースクリニック
  0178-29-0322
  小坂 康美
 

 

  [下北]
  大湊高校
  むつ総合病院
  0175-22-2111
  小川 克弘
 

 

  [三八]
  八戸東高校

  苫米地レディースクリニック
0178-47-5651
  苫米地 怜
 

 
 

   

             
 

  その他の相談機関
 
  ●あおもり協立病院
  中高生向け
  携帯サイト
  ⇒こちら
 

 

   

 

  ●あおもり協立病院
  産婦人科メール相談k-sanfu*aomori-h-coop.com
  (スパム対策のため
  @を*に変えています)
 

 

 
 
 

  あおもり思春期研究会<事務局>  
   〒030-8505 青森市浜舘間瀬58?1
  青森県立保健大学 母子共同研究室内
   TEL:017-765-2056 
 

 
      

  あおもり思春期研究会 

 
 
 bn_ta.gif<< 思春期のミカタ INDEXに戻る
 
 
  • -
  • -