子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか【2】

           
  ←うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか。特集1へ 
                
 

  ------- 

 
 

 
  特集2
 

 
 

  ------- 

 
            
 

  いじめの早期発見のサインを教えていただきました。 

 
            
 

  ------------------ 

 
            
 

  弘前市いじめコール担当
  弘前市教育委員会教育研究所
  指導主事 藤田 澄生 さん
 

 
            
  l-etc1-1.gif 
            
   子どもは学校でいじめられていても、なかなか家で言い出せないものです。そのため、子どもの普段の様子から、いち早くサインをつかむことが大切です。 
            
 

  ■最近食欲がなく、ぼんやりしていることが多い。
  ■「学校」「いじめ」といった言葉を口にすると、びくっとして顔をこわばらせる。
  ■登校時間になると腹痛や頭痛を訴えて、うずくまってしまう。
  ■学校の持ち物(かばん、ノート、消しゴム、上履きなど)がよくなくなる。
  ■制服に泥がついていたり、足あとらしきものがついていたりする。
  ■青あざや擦り傷がついているが、「ころんで自分でつけた」という。
  ■人の気配や物音など、以前はどうもなかったのにやけに恐がる。
  ■一人で過ごすことが多くなり、部屋に閉じこもりがちになる。
  ■ささいなことでイライラしたり、言葉づかいが乱暴になったり、ものにあたったりする。
 

 
              
             
  -------- 藤田さんから -------- 
 プロレスごっこ、遊びのようなフリをしながら嫌がらせや暴力を加えたり、言葉による暴力、インターネットを使って自分の素性を明らかにせずに悪口を書き込む、など、イジメの幅は広いものです。
   ぜひ、普段から、お子さんと「こういったこともいじめになるんだ」ということを話題にし、気になる様子が見られたら「どうしたの?」と一声かけてあげることも早めの対応につながります。
   そして、問題がおきたときは、負の連鎖を恐がって一人で抱え込まないでください。学校を含め、まわりに相談してください。

 
 
  te-girl-01-hane.gif 
            
  l-etc1-1.gif 
            
  l-etc1-1.gif 
                
 

  ------- 

 
 

 
  特集3
 

 
 

  ------- 

 
            
 

  相談窓口をご紹介します。 

 
            
 

  ------------------ 

 
            
 

  全国 
  ■24時間いじめ相談ダイヤル(文科省) 0570-0-78310(なやみいおう)
■いじめ防止ネットワーク ホームページ いじめSOSメール 
 
  青森県
  ■いじめ相談電話24(青森県教育委員会)  017-734-9188
■青森県こども家庭支援センター 総合相談窓口   017-775-8080

■青森県総合学校教育センター子ども専用フリーダイヤル  0120-79-7014
  ■青森県教育庁義務教育課指導グループ  017-722-7434
  ■青森県総合社会教育センターふれあいテレフォン  017-739-0101
  ■こころの教育相談センター(青森県総合学校教育センター)  017-728-5575
 
  青森県内教育関係機関
■東青教育事務所 あたたかテレフォン 017-777-5222
  ■中南教育事務所 あたたかテレフォン 0172-32-3655
  ■三八教育事務所 あたたかテレフォン 0178-27-7777
  ■西北教育事務所 あたたかテレフォン 0173-33-1110
  ■下北教育事務所 あたたかテレフォン 0175-23-0110
  ■上北教育事務所 あたたかテレフォン 0176-62-2300
  ■弘前市「いじめコール」 0172-26-2110
 
  青森県(警察)
  ■ヤングテレフォン 0120-58-7867
■ヤングメール youngmail-587867@extra.ocn.ne.jp

  青森県(人権相談)
  ■子ども人権110番(青森地方法務局)  017-776-9113
 
  青森県内児童相談所
■東青地区 017-781-9744
  ■中南地区 0172-32-5458
  ■三八地区 0178-27-2271
  ■西北地区 0173-38-1555
  ■下北地区 0175-23-5975
  ■上北地区 0176-60-8086
 

 
            
 

  ------------------ 

 
            
 

  最後に 

 
            
 

  ------------------ 

 
              
 

 
  te-girl-01-kirikabu.gif
 

 
 

   親になにができるのか。
  いろいろな方にお話を伺いました。
  様々な場合があり一概には言えませんが
  あわてずに
  一番大切な子どもに目を向け
  守り続けるという姿勢が子どもを救うようです。
  そして
  今日からできることがあります。
  いざというとき

  子どもから何でも話してくれる関係であるため
  子どもに目を向け、子どもの声を聞く。
  普段から信頼関係を築いておくことが、
  「親にできること」なのかもしれません。
 

 
            
  ←うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか。特集1へ 
  • -
  • -

五戸町 子育てHoT Center あ・そ・ぼ

           
   五戸町で19年6月にオープンした「子育てHoT Center あ・そ・ぼ」は、子どもたちの元気な声でとってもにぎやかです。 
            
 

   05.gif 

 
              
             
  おじゃましたこの日は、「子どもが新聞紙を自分の大きさに切る」、という遊びで盛り上がっていました。 

DSCN2303-3.jpg
 
  Pim0002-5.jpg:::::::
  「こんなにちっちゃかったんだ
  よ。」 って、記念にもなるね。
 
              
  Pim0001-3.jpg     子どもたちが遊ぶものは、ほとんどが手作りです。お金をかけずとも工夫次第で、遊びは広がります。
   
他にも小麦粘土(小麦をこねて食紅で色を付けたもの)で遊んだり、スーパーのチラシを切ってお買い物ごっこなどの企画がありました。
  ←小麦粘土
 
            
 

  05.gif  

 
              
             
  センター長の金澤さんの手遊び、歌遊びに子どもたちは笑顔いっぱい! 
 幼稚園の教諭、県の子育てメイトの経験をお持ちの金澤さん。楽しい遊びの紹介はもちろん、若い母親の相談にものっています。また、その幅広い人脈から、保健師と連携をとった対応をするなど、「子育てHoT Centerあ・そ・ぼ」の持つ役割は大きいようです。
   「活動は、子どもと楽しめる時間とともに、お母さん同士がおしゃべりする時間も取れるように配慮しています。」
 
  DSCN2312-2.jpg 
              
  DSCN2320-2.jpg   
             
  スタッフの大澤さんの絵本の読み聞かせにかぶりつき! 
 

   「絵本が大好き」という大澤さんは、ボランティアで、「あそぼ」や「放課後子どもクラブ」で子育てのお手伝いをしています。
   「『趣味』は子ども、なんて言ってるんですよ。子どものためというよりも、自分が楽しいから」と笑って話してくださいました。子育てに関する講座などで勉強も続けている大澤さん。子育て中のお母さんたちの力強い味方ですね。
 

 
            
 

  05.gif  

 
              
             
  「助けてください。」との声から、
  まちづくりグループ「G-five-door
が動いた! 
 主催するのは、五戸町のまちづくりグループ「G-five-door」(ジー・ファイヴ・ドア)です。
   当時、五戸町で自主的に活動していた子育てサークルには、決まった活動場所がなく、メンバー数も減っていっていた状態でした。町で行なったアンケートに、そのメンバーから
「助けてください。」との声。
   「G-five-door」のメンバーの金澤さん、大澤さんを中心に、行政からは、公民館の場所を無料で提供してもらう、情報を町の広報に載せてもらうなど、バックアップをしてもらい、「子育てHoT Centerあ・そ・ぼ」は誕生しました。

   そして、五戸町子育てメイトの皆さんをはじめ、子育てサークル「チビッコクラブ」や、ボランティアの方の協力に支えられ、運営されています。 
  DSCN2344-2jpg.jpg::
 「G-five-door代表
     赤坂喜美さん
  「行政をはじめ、皆さんの
  ご協力のおかげです。」
 
            
 

   

             
  子育てしやすい町。みんなが住みよい町。
  まちづくりグループ「G-five-door」が願うこと。
 
 現在も、ボランティアで、「子育てHoT Centerあ・そ・ぼ」に遊びに来てくれるおばあちゃんもいます。お手製のボールを子どもたちに遊びに使って欲しいと提供してくれるおばあちゃんもいます。世代を超えた交流があります。
   「これからは、おじいちゃん・おばあちゃん、定年退職した方、障害を持った方も加わり、みんなが集える場所になればいいですね。」
   子どもたちのにぎやかな声の陰には、彼女たちの人脈と工夫がありました。町を自分たちでつくっていこうという想いと、それをサポートする行政との信頼関係が、子育て世代を支えています。

  「『あ・そ・ぼ』はだれでも受け入れています。お気軽に遊びに来てくださいね。」 
            
 

  05.gif  

 
              
 

  :::::DSCN2357-2.jpg::::
廃品を集めて作った看板。
  こんな所にも工夫が詰まっています。
  

 
             
  「子育てHoT Center あ・そ・ぼ」 

  場所:五戸町立公民館 
         青森県三戸郡五戸町下モ沢8-2
           電話 0178-62-5111
 
  開催日:毎週月曜・木曜
         (公民館の休館日を除く)
 
  お問い合せ:五戸町役場企画振興課
           電話0178-62-2111
 

 
 

 
  • -
  • -

「おとなガキ大将」のススメ

           
 

   最近、街中で群れて遊ぶ子供達を見かけなくなりましたね。子どもをねらった物騒な事件が相次ぐ中、しょうがないことかもしれません。
   しかし、そのためか子ども同士が伝えてきた遊びが途絶えてきている気がします。群れて遊ぶ中で、きっと成長することも多いはず!
 

 
   ここは、一発!私たち親世代が、ガキ大将になったつもりで、ゲームをしている子ども達を連れ出して、徹底的に身体を動かして遊んでみてはいかがでしょうか。今回、「おとなガキ大将」と称して、その極意をご紹介しましょう。ちなみに、お父さんのメタボ予防にも最適です。(注:翌日、筋肉痛になることをご了承ください。) 
            
 
             
  おとなガキ大将への極意その1:なにをやる?
  おとなガキ大将への極意その2:どこで?
  おとなガキ大将への極意その3:心得
  おとなガキ大将への極意その4:技の伝授
 

 
            
            
 

  おとなガキ大将への極意その1: なにをやる? 

 
            
   私たち大人が子どもの頃やった遊びをいろいろ思い出してみて見てください。ご参考に、いくつかご紹介します。             
 

  オニごっこ系5種/幼児向け3種/低学年向け2種/道具を使うもの2種 

 
 ルールは一例なので、ご自身で慣れ親しんだルールを採用してくださいね。 
            
            
                 
  03346.gif   
  オニごっこ系
 
  03346.gif 
                                               
  高オニ    地面よりも高い場所が安全地帯となり、つかまらない。
  高い所には10秒しかいられない。
 
  色オニ    オニが「○○色!」と指定した色をさわるとつかまえられない。
  オニは逃げる人たちが色をさわる前につかまえる。

 
  凍りオニ    オニにタッチされるとその場で凍って動けなくなってしまう。
  他の人にタッチしてもらうと生き返る。

 
  助け     オニにつかまった人たちは、オニの陣地の壁や柱などに
  手を繋いで繋がられる。他の人に「切ーった!」と言って繋
  いだ手を切ってもらうと生き返れる。オニが複数いた方がお
  もしろい。
 
  十字オニ    5メートル四方の四角に十字にオニ用の通路(幅30センチ
  位)を書く。オニにタッチされずに、オニの通路以外の4つの
  四角を順番に10周すれば勝ち。オニは十字になった通路
  を駆使しタッチする。
             
  DSCN2289-1.jpg 
 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  幼児向け
 
  03346.gif 
あーぶくたった煮え立った
一人を真ん中に座らせ、まわりを数人が輪になってまわる。
  「ムシャムシャムシャ」で真ん中の子の髪をぐしゃぐしゃにする。
             
  あーぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよ
  ムシャムシャムシャ まだ煮えない(気分によって数回くり返す)
  あーぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよ
  ムシャムシャムシャ もう煮えた
  ごはんをたべて はみがきをして おふとんしいて さぁねましょ 
  トントントン なんの音? 風の音 
  トントントン なんの音? 雨の音 
  トントントン なんの音? お化けの音??!キャー!(逃げる)
 
 
  ハンカチ落とし
・輪になって座る。
  ・一人(Aさん)が輪の外をまわりながら、そっと誰か(Bさん)の後ろにハンカチを落とす。
  ・Aさんは気づかれないように素知らぬフリをしながら、1周回ってBさんをタッチする。
  ・Bさんは、タッチされないように素早く気づいて、Aさんを追いかける。
  ・Aさんは、タッチされる前に、Bさんが抜けた場所に座る。タッチされたらもう1回、落とす役をやる。
 
  花いちもんめ
二組に分かれそれぞれ手を繋いで一列に並び、向き合う
             
  (A組) ♪勝ってうれしい花いちもんめ♪ (前に3歩進んで足を上げる)
  (B組)♪負けてくやしい花いちもんめ♪ (前に3歩進んで足を上げる)
  (A組) ♪となりのおばさんちょいときいておくれ♪(以下繰り返し)
  (B組) ♪オニがこわくていかれません♪
  (A組) ♪おかまかぶってちょいときいておくれ♪
  (B組) ♪おかま底ぬけいかれません♪
  (A組) ♪おふとんかぶってちょいときいておくれ♪
  (B組) ♪おふとんボロボロ行かれません♪
  (A組) ♪どの子がほしい♪
  (B組) ♪あの子がほしい♪
  (A組) ♪あの子じゃわからん♪
  (B組) ♪この子がほしい♪
  (A組) ♪この子じゃわからん♪
  (両方)相談しよう、そうしよう(相手チームからだれをもらうか相談する)
      決ーまった!
  (A組)○○ちゃんが欲しい!
  (B組)○○ちゃんが欲しい!
      (じゃんけんをして負けた人は相手チームに移動する)
 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  低学年向け
 
  03346.gif 
               
 
  ●
だるまさんが転んだ
 
 

  01104.gif01104.gif 

 
                                               
      オニは柱(壁)に顔を伏せます。他の人ははオニから少しはなれたところにスタートラインを引き、そこから「初めのいーーっぽ!」と言ってオニに近づきます。 
      他の人は、オニが「だるまさんがころんだ」と大きな声で叫んでいる間だけ動き、オニに近づきます。 
      オニは叫び終わると同時に振り向きます。その時動いてしまった人は、オニに捕まりオニと手をつないで、助けを待ちます。 
      どんどんオニに近づき、「きーった!」と言って、捕まっている人の手を払い助けます。それを合図に一斉に逃げます。 
      オニは気配を察知し「ストップ!」と叫び、みんなを止まらせ、逃げた人の所まで、「だるまさんが転んだ」の言葉の歩数分すすみ、届いた人にタッチします。 
 
  けんけんぱ
               
   丸を右の図のように書いて、スタートラインから石を投げる。
   石が入ったところに足を着けないように、「ケン(片足)・パ(両足)」とリズム良く丸を踏んでいく。
 
  DSCN2293-1.jpg 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  道具を使って
 
  03346.gif 
 

  ゴムとび
  二人が輪の中へ入り、向き合って、「いろはにほへと」と言いながら、ゴムをつまんだり伸ばしたりして、色々な形に変形させる。高さや形は自由。
  飛ぶ人は後ろを見ていて、その形を見ないまま、「飛ぶ」「くぐる」「またぐ」「はねる」を選ぶ。振り向いてその高さ・形がどうであれ、宣言したとおりにする。
 

 
  大縄跳び             
 

  03605-1.gif 

 
             
  くまさんくまさん 両手をついて
  くまさんくまさん 片足あげて
  くまさんくまさん まわれ右
  くまさんくまさん さようなら
 
             
  03606-1.gif 
             
  おじょうさん おはいんなさい
  ○○ちゃん おはいんなさい。
  ありがとう 
  じゃんけんポイ (先に入っている人と跳びながらジャンケンを する。)
  負けたおかたは おでなさい。 (ジャンケンに負けた人はナワから出る。)
 
             
  03607-1.gif 
             
  (最初は縄を揺らして)郵便屋さん、落とし物。
  拾ってあげましょ(ここから縄をまわす)
  1枚、2枚、3枚…
 
               
 

  道具について
  ゴム跳び用のゴム裁縫用の細ゴムなどを使うと良いでしょう。100円ショップなどでも売っています。
  縄跳び用ナワ一人用の跳びナワを繋げてもできると思いますが、長めのロープが1本あると縄跳びだけじゃなく、色々な遊びが広がります。
1対1で引っ張り相撲も駆け引きがあって面白いです。 

 
 
            
 

  おとなガキ大将への極意その2: どこで? 

 
              
  03332.gif     以前だったら、その辺の道ばたで遊んでいたものですが、現在だと、近所の公園などの確保さえた場所がいいでしょう。学校の校庭もおすすめです。
   まわりで遊んでいる子も引き入れてみてはいかがでしょうか。
 
            
 

  おとなガキ大将への極意その3: 心得 

 
            
 

  一、なるべく社会での肩書きを捨て、ガキ大将になりきる。
  一、勝ちにこだわる。
  一、最低限の危険の回避・他人への迷惑をかけないという2点だけ気をつける。
 

 
            
 

  おとなガキ大将への極意その4: 技の伝授 

 
              
 

  遊びを作ってい行く技をさりげなく伝授しましょう。
・遊びを面白くするために、臨機応変にルール変更しましょう。
  ・ズルは認めてはなりません。ルールは変更しても、ズルは認めない、それが「ガキ大将」です。
 

             
  例えば、鬼ごっこのグループの中に一人小さい子がいたりすると、小さい子用のルールを作ります。小さい子が鬼になったときには逃げる範囲を制限するとか、鬼二人制を導入したりします。
   かくれんぼの時に隠れる範囲を決める、鬼ごっこで逃げる範囲を決める、など、その場に応じて、相談して決めなくてはならないことはいろいろあります。やってみて、ゲームが滞ったりすれば、その都度、「タイム!」がとられ、少しずつルールを変更していきます。
 
 それらは、すべて、遊びを「面白くするため」の技なのです。   
 

 
  04305.gif 

 
            
 

  00286.gif 

 
            
   以上、4つの極意をご紹介しましたが、30分も真剣に遊んだら、息はあがり、フラフラになるかもしれません。そんな時は無理はせずに、「子どもに遊びを伝えるのが目的なのだから」と心の中で言い訳をしつつ、次回の作戦を練りつつ、潔く「イチ抜け!」を宣言し、後は子どもに任せましょう。 

  • -
  • -

うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか。

             
   ニュースを騒がす「いじめ」の問題。ニュースを見るたび心が痛みます。そして、「どうか、我が子はいじめられたり、いじめたりせずに、信頼し合える仲間と、すこやかに過ごして欲しい。」どんな親も願っていることだと思います。          
              
 
  bird2-b.gif 
   数々の事件を受けて、国も平成19年2月からは全国統一の「24時間電話相談ダイヤル」を開設するなど、多方面で様々な施策が行なわれています。
 
   ところが万が一「我が子がいじめを受けているようだ。」とわかったとき、動揺してしまうのではないでしょうか。具体的に親は何ができるのでしょうか。親は何をすべきなのでしょうか。
 
            
   「いじめ」の問題を多く扱っている専門の先生方や、我が子のいじめ問題を乗り越えた方にご意見を伺いました。いざというときに、または、そうならないために、ご参考にしていただければ幸いです。 
            
  l-etc1-1.gif 
            
               
                               
  〔特集1〕    いじめに対応する親の初動について
  各先生方、経験者の方に
  ご意見をうかがいました。
 
  〔特集2〕   

  「いじめ」早期発見のサインを教えて
  いただき
ました。 →特集2へ 
 

 
  〔特集3〕    相談窓口をご紹介します。 →特集3へ 
 
  bird-b.gif 
 
            
  l-etc1-1.gif
   l-etc1-1.gif 
                
 

  ------- 

 
 

 
  特集1
 

 
 

  ------- 

 
            
 

  親が「いじめ」に対応する場合の、具体的な初動について、
  いじめの問題を多く扱っている専門の先生方や、
  我が子のいじめ問題を乗り越えた方に共通の質問をさせていただきました。
 

 
            
 

  ------------------ 

 
            
 

   

             
 

  共通の質問はコチラ
  ? 子どもの様子がおかしいと感じた時、親の初動はどうすべきでしょうか。
  ? 親として子どもの「いじめ」の問題にかかわる時、
    最も気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。
  ? 教師に相談する際に、親が心にとめておくべき点は何でしょうか。
 

 
 
            
                                       
  高橋 良臣 さん   

  登校拒否文化医学研究所 所長 

 
  中村 尚子 さん   

  八戸商業高校養護教諭 

 
  中村 有子 さん
  長谷川 俊介 さん
 
 

  青森県社会教育センター
           ふれあいテレフォン家庭教育相談員
 

 
  南 純子 さん   

  青森県スクールカウンセラー  

 
 

            
  登校拒否文化医学研究所 所長 高橋 良臣 氏 
                              
 
  ?
 
                   
 

  ---------------------------子どもの様子がおかしいと感じた時、
  親の初動はどうすべきでしょうか。
 

 
             
 

  一番目に考えなくてはいけないのは、
  いじめられた子の「心のメンテナンスケア」
 

 
 どうしても親は、あせって解決しようとしてしまいますが、一番目に考えなくてはいけないのは、いじめられた子の「心のメンテナンスケア」です。先生に相談して問題を解決しようとするのは2番目3番目にやることです。
   いじめられた子は失望と、絶望、恐怖の中にいます。崩れてしまった自尊心を積み重ね治す作業を一緒にするために、甘えさせ、ゆっくりと自分を取り戻すことが一番重要です。実際に、いじめられた子は幼児戻りして、母親にベタベタすることがあります。
   次に、普通の話をしながら、少しずつ状況を読み取り、気持ちをくみ取って行くことです。ひどく傷つけられた子は、外へ出たがらなくなり、人に会いたがらなくなります。夜、恐怖で眠れなくなることもあります。その都度、全面的につきあうことです。
 
  
 
  ?
 
                   
 

  ----------------------親として子どもの「いじめ」の問題にかかわる時、
  最も気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。
  

 
             
 

  子どものペースに合わせる。
  悪者探しをしない。
 

 
 一つは、子どものペースに合わせること。子どもの心に寄り添い、子どもの心の動きにあわせることです。子どもなりの手順があります。それは親から見ると、もたついて、遠回りにしているように見えます。が、けっして、親のペースで物事をすすめてはいけません。それは子どものストレスになります。悲しいとき一緒に悲しみ、寂しいときは一緒に寂しがる、子どもの心に寄り添うことで、子どもは温かさを感じます。
   また、一つに、悪者探しをしないこと。悪者を探すことでは解決しません。悪いのはお母さん、というように自分を責めたりしてもいけません。
 
 
 
  ?
 
                   
 

  -------教師に相談する際に、親が心にとめておくべき点は何でしょうか。  

 
             
  とにかく親の気持ちを丁寧に伝える 
 教師というものは「いじめ」というものを認めたがらなく、隠したがる場合もあります。とにかく親の気持ちを丁寧に伝えることです。今、自分たち親が真剣に考えていることは子どもの心の成長だと。裁判を起こしたりするつもりもない、早い解決だけを望んでいるのではない、子どもの心を助けたいだけなのだ、と。どうか、孤立しない政策を立てて欲しい、子供たちの感性が豊かになるように指導してほしいということを、教師を責めずに、じっくりと話し合うことです。 
  
              
  DSCN2294-2.jpg    高橋良臣氏
自宅に子どもを預かり、生活を共にするなど、長年にわたり、不登校、引き籠もりの本人や家族を援助する。実践から生まれた、現場に役立つ考え方・対応法を紹介する著書多数。
 
  主な著書
       「不登校・引き籠もりのカウンセリング
                ?子どもの心に寄り添う?」
       「不登校・引きこもりの日常・親の疑問に答える」
       「いじめは待ってくれない!
               ?いじめ対応、いつでも、どこでも」
 
            
 
 
            
  八戸商業高校養護教諭 中村 尚子 さん 
                              
 
  ?
 
                   
 

  ---------------------------子どもの様子がおかしいと感じた時、
  親の初動はどうすべきでしょうか。
 

 
             
 

  私ならまず抱きしめます 

 
まず、私なら子どもをぎゅっと抱きしめます。何があっても、どんなことをしても私があなたを絶対に守るんだということを伝えます。とにかく、安心させます。 
  
 
  ?
 
                   
 

  ----------------------親として子どもの「いじめ」の問題にかかわる時、
  最も気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。
  

 
             
 

  先走ってしまわない 

 
 親が先走ってしまわないことです。子どもに、まだ、エネルギーが残っているなら、子どもに主導権を持たせます。その場合でも、常に「私があなたを絶対に守る」というメッセージは伝え続けます。 
 
  ?                     
 

  -------教師に相談する際に、親が心にとめておくべき点は何でしょうか。  

 
             
 

  隠さないで話し合う 

 
  もちろん怒りを持って話をしに行ってもいい、怒りを教師に伝えることも必要で               
  はありますが、教師の話も十分に聞くことです。怒りだけで、話を聞かなくなってしまっては、話し合いは平行線になります。
   重要なことは、お互いに隠さないで話し合うこと。自分も隠さないで話し、教師にも隠さないで伝えてくれることを確認します。情報交換を密にし、新しい情報は教えあえる関係を作るといいと思います。
 
   te-girl-01-pen.gif 
  
                            
            
 

  青森県社会教育センターふれあいテレフォン家庭教育相談員 中村 有子 さん                                      家庭教育相談員 長谷川 俊介 さん 

 
                              
 
  ?
 
                   
 

  ---------------------------子どもの様子がおかしいと感じた時、
  親の初動はどうすべきでしょうか。
 

 
             
 

  焦らずにゆったりと 

 
 まず焦らずにゆったりと話を聞くとこです。問いつめるよう形になってしまわないように、一つ聞いたら、こどもから数個返ってくるくらいの余裕を持って聞きましょう。最初は「イジメ」とういう言葉を出さず、いろんな話をしましょう。子どもから話してくれるよう、普段から子どもの話を良く聞くことが必要になります。
 
   また、深刻な「いじめ」ではなく、成長過程にありがちな、些細なトラブルである可能性もあります。その場合、子ども同士で解決するべきところに、親が入っていくことで、問題がこじれて悪化してしまうことがあるので、一つの事象に過敏になりすぎないことです。その深刻度を見極めるためにも、日ごろからの会話により、子どもの友達の情報をある程度把握していることが重要です。親も子どもの友達を大切にしましょう。
   いずれにしても、日ごろからの信頼し合える親子関係が必要になります。
 
  
 
  ?
 
                   
 

  ----------------------親として子どもの「いじめ」の問題にかかわる時、
  最も気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。
  

 
             
 

  親のたじろがない、毅然とした態度 

 
 あわてないこと。たじろがない毅然とした態度が、子どもにとっての支えになります。親から「大丈夫だ」「一人じゃない」「いろんな選択肢がある」というというメッセージを発し続けることです。親にとって子どもと向き合うチャンス、子どもにとっても、他者への思いやりを学ぶチャンスだととらえましょう。どの社会にもいじめはあります。耐える、乗り越える訓練でもあります。
   また、親だけで解決するのは無理なので、いじめの内容、段階によって、担任や専門機関、場合によっては警察等、様々な協力を得られるようにしましょう。
 
 
 
  ?
 
                   
 

  -------教師に相談する際に、親が心にとめておくべき点は何でしょうか。  

 
             
  共に、信頼関係を 
               
   子どもと「先生に相談しましょう。」「先生に内緒にしてもらう約束をしましょう。」など、その都度、話し合い、子ども、先生、親が、共に信頼関係を築くことができるように配慮しましょう。      te-girl-01-book.gif 
 
 
            
            
  青森県スクールカウンセラー 南 純子 さん 
            
             
 
  スクールカウンセラーとして不登校の問題を多く扱っていらっしゃいます。また、3人のお子さんの母親でもあり、ご自身のお子さんのいじめ問題を乗り越えられた経験もお持ちです。当事者の気持ちを理解している南さんに、カウンセラーとしてのご意見をうかがいました。 
 
 
                              
 
  ?
 
                   
 

  ---------------------------子どもの様子がおかしいと感じた時、
  親の初動はどうすべきでしょうか。
 

 
             
 

  泣いてもいいんだよ。話してごらん。 

 
  子どもが愚痴をこぼせる雰囲気、言い分をしっかり聞ける雰囲気をつくることです。泣くこと、愚痴をこぼすことは悪いと思っている子どもが多いものです。「泣いてもいいんだ、はり裂けそうな心を、言葉にしてごらん。」と、安心して気持ちを吐き出すことができるようにしましょう。
   
   子どもと一緒になって泣いたり、腹を立て落ちこんで、眠れないほど悩んだとしても、人としては当然だと思います。そんな親の生身の姿を見て、子どもは苦しみを分かち合えた気持ちになったり、理屈抜きで、親を味方と感じるのではないでしょうか。親だからこそ感情的になるのです。
   けれども感情を出した次には、できるだけ冷静でいようと努めることは必要だと思います。母親と父親が役割を見直すことや、他の兄弟に協力を求めることも大切なことだと思います。
   いじめ問題に突き当たった時は、まさに「ピンチの裏にチャンスあり!」。親と子が、深く話し合い分かり合い、家族が協力するきっかけにしていくことが大事です。
 
  
 
  ?
 
                   
 

  ----------------------親として子どもの「いじめ」の問題にかかわる時、
  最も気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。
  

 
             
 

  親のネットワークをフル活用  

 
 一人で抱え込んで孤立してしまうことは避けたいです。また逆に、妙に開き直ったりあきらめてしまう事が一番良くないと思います。家族だけでどうにもならない時は、積極的に周囲にSOSを発信してみると、必ずわかってくれる人はいるものです。塾や習い事の先生は学校と違う視点にたって物事を見ているので、心強いサポーターです。ヒントをもらったり、具体的な方策を提案してくれることもあり、心を開いて相談してみることをお薦めします。困った時、持つべきものは「ヒューマンネットワーク」です。 
 
 
  ?
 
                   
 

  -------教師に相談する際に、親が心にとめておくべき点は何でしょうか。  

 
             
  「まず、事実の確認をしてもらう」 
             
   「親子でこの問題を乗り越えたいので、協力して欲しい」という姿勢で、親の思いを正直に訴えることです。協力の第一歩は「事実の確認をしてもらう」こと。犯人探しをし、逆襲するためではなく、あくまでも問題解決のための第一歩です。  
               
 
  te-girl4-01-a.gif 
 
   いじめは表面の現象だけをとらえるのは危険です。被害者、加害者が後で逆転することも多く見られので、双方のコミュニケーション能力を育てるような関わりが求められます。いじめた側を出校停止にする等ということは、短絡的で何の解決にもなりません。抑圧されたマイナス感情は、次のいじめを生み出すだけです。
   「我が子に限って…」ではなく、「我が子も、いじめるいじめられる存在になり得る」ことを肝に銘じ、自分事として考えてみると、大事なことが見えてくるのではないでしょうか。親子で一緒に乗り越えていこうという姿勢さえあれば、必ず解決の道はあるということを忘れないで欲しいと思います。
 
 
 

  「うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか」特集2・3へ 

 

 
  • -
  • -

「自ら然くあるままに、育てよ児どもら」(3)?懐かしく新しい、青森の自然育児・自然教育


 

  ---CONTENTS---new mame.gif 

 
     
  1.   自然だから安心、自然だから育児が楽しい!《自然育児友の会 青森 
  2.  
  3.   大丈夫、人は必ず成長する。あせらず“根っこ”を育てよう《十和田シュタイナー教育を学ぶ会》 
  4.  
  5.   自然の中で体験することは、世界中みな同じ。 《ガールスカウト 青森県支部》 
  6.  
  7.   自然に育て、自然に育てられる。《白神山地を守る会/NPO法人 白神一ツ森自然学校》 
  8.  
  
 
 
 

   3 自然の中で体験しよう、そして世界でつながろう。 
  《ガールスカウト 青森県支部》       
 

 

  ガールスカウト青森支部  副支部長 碇谷さん 寺島さん 

 

 
  ◆ 「人と交わり」ながら、「自然とともに」、「自己開発」。
    
それが、ガールスカウト。 

            
  gs-044.jpg 
 

    「ボーイスカウト」と並んで「ガールスカウト」という団体があるのをご存知だろうか。「ガールスカウト」は、野外活動や、国際交流、難民支援など、仲間と協力しながら、少女たちが主体的に活動するための団体だ。 

 

   活動のポイントは3つ。「人との交わり」、「自然とともに」、「自己開発」をメインとした活動にふれながら、自分にあった活動を進めていく中で、自然にそれぞれの資質・能力を高めていくことを目的としている。 

            
  gs-052.jpg 

 
 

   就学前1年(年長児)の少女から成人女性まで、趣旨に賛同する方ならいつでも誰でも入会可能(男性は、成人会員として登録ができるので「娘を参加させたい」というお父さんも是非どうぞ)。少女の成長過程に合わせた5つの部門(※下記参照)で、世界平和への貢献活動と日常生活での姿勢を実践している。
 

 

   実は“世界最大の女性による社会教育団体”という「ガールスカウト」、女の子として生まれ持った資質を大事に、時代と地域に沿った教育内容をもとにしつつ、「人に役立つ」大人になれるよう、少女たちの心を育てるための活動をしている。 

            
 

   「ガールスカウト」って、「ボーイスカウト」と何が違うの?
  --------------------------------------------------------
 1908年にイギリスで始まった『ボーイスカウト』運動の代表者ロバートベーデン-ポウエルが、「男の子と女の子にはそれぞれにあった活動の仕方があり、女の子の活動は、女の人に任せた方が良い」と考え、自分の妹に引き継いだのが始まりです。
 
   運動についての主な考え方はボーイスカウトと同じですが、異なる団体として活動していくことになりました。今では、『ボーイスカウト』には女の子も入れますが、『ガールスカウト』では産む性としての女性性を大事に、少女ならではの活動運営を続けています。
 

 

 
 

  ◆自然とともに、人と交わる。自分の可能性が見つかる。 

            
  img005.jpg 
 

 
   「野外活動としては、ボーイスカウトの方が積極的かな・・・」と副支部長の碇谷さん。体を動かしたり、力を使うことについては、ひょっとしたら男子の方が得意なのかもしれない。でもだからこそ、少女の団体「ガールスカウト」が大事にするのは、少女たちが自然の中や社会の中で自己開発、つまり自分の可能性を発見し、「自ら考え行動できる女性として」主体的に生きる術を身につけること。 

            
  img001.jpg 
 企画も子ども、活動実践も反省も子ども。あくまでも大人はそれをフォローし助言し見守る立場をとる。 「ギャザリング」と呼ばれる全国大会では、主催も実行委員会も各支部の持ち回りで、子どもが主体となって企画運営を行う。「いじめ」や「環境」、「友人関係」など、子どもたちが選んだテーマについて、交流が行われる。
 
 

    今年8月に行われたシニア(中学生)対象の3泊4日全国キャンプ。青森県支部から参加した少女の感想にはこうある。   

            
 

  img004.jpg 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「自分にまだ足りないもの・・・人を動かす力・キャンプの技術」「行って得たこと・・・返事ができるようになった・人に合わせられるようになった・気配りができるようになった」「全国にはいろんな人がいました!これが4日間で感じた一番大きなことです。」
 
  親と離れ、自分の住む地域から出て、全国の仲間に刺激を受けて帰ってくる。その時少女たちの目には、故郷や自分の未来は違って映るに違いない。
 
 

  ◆団、支部、そして世界へつながる、青森の少女たち。 

            
  sikumizu.gif 
 

   日本では6万人、世界では144カ国、約1000万人の仲間がいる「ガールスカウト」。青森県内で活動するガールスカウトは9ヶ団。青森市・弘前市・十和田市・三沢市・八戸市・むつ市の各所にそれぞれ1?2団が配置されている。 

 

   日韓青少年交流事業として韓国へ派遣を行ったり、アラスカのガールスカウトを受入れたり、国際交流も活動の一環だ。「ロックイン」と呼ばれる国際交流イベントは年に2回。三沢米軍基地内にある支部との交流イベントや、ジュニア以上の希望者には一泊のホームステイも設けられている。 

            
  img007.jpg 
 

   「ピースパックプロジェクト」として、会員の子ども達自身が集めた未使用の文房具などを、世界の不安定な社会環境で生きる子ども達に贈るという活動も続けられている。1994年から10年間はアフガン難民の子ども達を対象としていたが、2005年からのここ3年間ははタイのミャンマー難民の子ども達に、ただ発送するのではなく、会員の子ども達の中から選んだ代表が現地に赴いて手渡している。 

            
 

  gs-122.jpg 

 

 
 

   そんな矢先起きた、タイでのジャーナリスト射殺事件。ニュースを見てショックを受けた子どもの中には、「そんなひどい国へピースパックを贈るのはいやだ」と言う子も。だが「そういう国だからこそ、困っている子どもたちがいるはず・・・」という意見が出たことで、改めて自分と世界とのつながり、そして今世界(社会)で起きていることに対して、自分に何ができるのかと考える機会になった、と寺島さんは言う。 

 

   日々伸び伸びと成長する青森の少女たち。その活動の舞台はいつもこの地域から、そして世界へとつながっている。
 
 
 
 

 
 green.gif               
             
  DATA
 
  社団法人 
  ガールスカウト日本連盟
   → 
ホームページはこちら 
 
 

  お問合せは・・・
 
  青森県支部事務局
  青森県荒川字藤戸119-7 
  青森県総合社会教育センター内
  TEL/FAX 017-729-1965
    (月・木 13:00?16:00)
 

 
 

 
 
 
 
 
    

 

 
  ●ガールスカウト5つの部門 

                                                        
  テンダーフット    就学前1年    自然の中で地域の様々な年代の人とともに、「豊かな感性を持つ」(育てる) 
  ブラウニー    小学1?3年    「自分を表現する」自分ができることを増やしていく。 
  ジュニア    小学4?6年    「仲間と協力する」集団での活動から仲間と協力することを学び、思いやりの心を育てる。 
  シニア    中学1?3年    「体験を通して自分を見出す」 自ら見つけた課題解決・目標達成のために自分たちで企画・実行し、評価する。 
  レンジャー    高校生相当    「責任ある立場で自分を生かす」地域や他の人に役立つ活動に重点を置き、自分の将来を見つめ、仲間と企画運営・評価していく。 

 
 

  ●成人活動・・・( リーダー、運営員、SCAPP などとして少女達の支援活動に関わる。 )
 
 

 
 
 
 

  特集4:自然に育て、自然に育てられる。《白神山地を守る会/NPO法人 白神一ツ森学校》に続く>>
  mattari-bana2.gif 

  • -
  • -

「自ら然くあるままに、育てよ児どもら」(4)?懐かしく新しい、青森の自然育児・自然教育


 
 

  ---CONTENTS---new mame.gif 

 
     
  1.   自然だから安心、自然だから育児が楽しい!《自然育児友の会 青森 
  2.  
  3.   大丈夫、人は必ず成長する。あせらず“根っこ”を育てよう《十和田シュタイナー教育を学ぶ会》 
  4.  
  5.   自然の中で体験することは、世界中みな同じ。 《ガールスカウト 青森県支部》 
  6.  
  7.   自然に育て、自然に育てられる。《白神山地を守る会/NPO法人 白神一ツ森自然学校》 
  8.  
 

   

 
 
 
 

   

 

  4 自然に育て、自然に育てられる。
《白神山地を守る会 / NPO法人 白神一ツ森自然学校》   
 

 

  白神山地を守る会 / NPO法人白神一ツ森自然学校(鯵ヶ沢) 
  代表 永井雄人さん

    

 

 

  ◆ 山、川、そして海。田畑と里山に囲まれた、地域の自然学校。
 

 
 sirakami 007.jpg sirakami 001.jpg sirakami 034.jpg
 
                
             
 

   白神山地の麓、赤石川流域。国内外、または世界各地から、世界遺産「白神」の息吹に触れるため、多くの人が訪れる。 

 

   山・川・海に囲まれた、緑深い里山の小さな廃校。自然保護の観点から、ブナの種を拾い、苗木を育て、山への植樹を行っていた「白神山地を守る会」が、地元住民の在野の知恵を伝えようと立ち上げたのが、NPO法人「白神一ツ森自然学校」だ。

   年間を通じ、様々な世代を対象とした、四季折々の自然体験プログラムが用意され、地域スタッフのサポートで、それぞれが白神地域や自然環境について肌で感じ、その体験を持ち帰る。
 

 
 
 

 
  :

  :
  :
  :
  :

  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
 

 
             
   豊かな白神の自然環境の中で、人が育ち、地域が育つ仕組みを子ども達と共に考える。それが一泊二日のエコスクール。 
             
 

   校舎内にテント泊する1泊2日の日程。内容は、ブナの苗木を山に植樹し、ブナ林を散策。ブナの木工を手がけ、川沿いの養魚所を見学し、川で戯れ、そして海に下る。
 
   学校の隣りで育てた稲と野菜を、清流・赤石川の水で調理する。その食事を、木造校舎の教室でいただく。
   
   「ご飯、おいしいね。」「水がおいしいからだね。」「空気もだよ」自然と子ども達の感性が開かれ、敏感になっていくようだ。
 

 
 

 

  ◆ 自然の大きさを肌で感じる。子どもの心も大きく広がる。 

 
 

  nagaishi syokuju.jpgsirakami 023.jpgsyokuju2.jpg
 
 
 
 
 
 
 

                
             
 

    芽を出してから50??70年してやっと種をつけるというブナの木。その種を拾い集め、数年かけて苗床で育てた苗木。大事な「ブナの子」を掘りあげ、荷台に乗せる。
 
   そこからバスで、山道を延々数時間。見渡す限り、山、また山。「山って大きいなぁー!」「こんな山奥に木を植える必要あるのかな?
 

 

   ブナ林の純度の高さで世界遺産認定された白神でさえ、戦後植林された杉林がたくさんある。その後林業の不振で荒廃した山林を元に戻すために、海へと続く赤石川源流の近くにブナを植えなおしているのだという。 「この山が川を育て、海を育てているからね。」と永井さん。 

 

   急な斜面で大人の手助けを借りながらも、自ら鍬を手に土を掘り、苗木を植えた子どもたち。「大きくなれよ」と声をかけ、しっかり根元を踏み固める。雨にも負けず、風にも負けず、いつか自分が植えたこの木がこの山になり、川と海を育てるように。 

 
 
             
   ヤマブドウを探してブドウヅルを見つけ、「すっぱーい!」と叫びながらつまんだり、樹齢250年というブナの木に触れ、その大きさに感動したり「自然の大きな空間に包まれることで、子どもの心も大きく広がるんです。」と話す永井さん。子ども達は体と心いっぱいに、木を、山を、味わっているようだ。 
 
 

 
  :

  :
  :
  :
  :

  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
 
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
 

 
             
 

   夕食後、親を対象に「危険なこどもたちの環境」についてミニ講座が行われた。 自然体験学校を主宰し、多くの子ども達や学生と関わりあう中で、感じてきた実感だという。 

 

   「子供の成長過程には、年齢に応じて多くの発達段階があります。その時期に子どもが自然に興味や関心をもった対象に、子どもが納得するまで徹底して体験させる。それを親は一歩下がって愛情を持って見守ることが大切です」と話した。 

 

    もし十分な愛情と深い理解ある眼差しで見守り、自発的な体験を十分させてもらえた子は、「自分に自信を持ち、自立することができる。」つまり「自然と他者に対して優しくなれる」と言う。 

 

   逆に「それはだめ」と自主性を奪ったり、「もっとこうしなさい」と急かされたりして、体験が満たされていないと、自信が無く社会で孤立したり、他人に自分の存在を認めさせようと極端な行動を起こしたりとする。自分で実感する体験をつまないと、他者への感動や理解力が働かなからだ 

 

   核家族化が進み、情報化が進む中、忙しい大人は、子どもが自然に発するシグナルを見落としがち。「親は社会変化の速さに惑わされず、家庭の安定を守り、自分の内面にも目を向ける余裕を作ろう」、そう永井さんは語った。  

 
 

 

  ◆たっぷりの愛情で、思いっきり体験。子どもの自信が育っていく。 

 
 

  sirakami 068.jpg 

 

  sirakami 071.jpg 

 

  yamabudou.jpg 

                
             
 

   かつて永井さんは、スウェーデンの森の中で子どもを育てる「ムッレ」という児童教育を学んだ。白神山地の「森の学校」が持つ効用に触れ、「次世代を担う子ども達に、自然と人間がどうやって共生してきたか、共生していくべきかという知恵を、言葉や文字ばかりではなく、『体感』する機会をつくってほしい」と呼びかけた。 

 
             
 

    翌日、ビジターセンター「ハロー白神」の見学に向かう途中、道端にウサギの屍骸が横たわっていたあっ、ウサギだ!」「死んでる!」「えーっ、見たーい」と子ども達。 

 

   すると永井さん「見たいの?じゃあ…」と言って、そのウサギを隠すことなく、子どもたちの前に持ってきて見せた。
 
   顔をゆがめる大人とは対照的に、むき出しの好奇心を見せるこどもたち。じっと覗き込み、おそるおそるつついてみる 「かわいそうだね…」「かたいね…」「山に帰ろうと思ってひかれたのかな」神妙な面持ちで、それぞれに『死』と向きあい、じっと理解しているようだ。
 

 
  
 

 
  :

  :
  :
  :
  :

  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
  :
 
  :
  :
  :
  :

 
 

 
             
   また養魚場見学の帰り、川で魚を捕まえたい!」と言い出した子どもたち。その場には着替えもタオルも持ってきていない。けれど永井さんは「ダメ!」と止めたりはしなかった。川に入っていく子どもたちをニコニコ見守りながら、一緒に石をひっくり返して稚魚を探している。
 
   「子育ては、その時期にその期間で必要としている愛情を注ぎ、徹底的にいっしょに体験することで、自信がつく。」そう語った永井さんの理念と実践がそこに見て取れた。
 

             
 

 
    「帰りたくないなぁ。」「楽しかったねぇ・・・!」

   たっぷりとした空間と時間を体で実感した子どもたち。伸びやかな子どもたちと共に、大人も健やかな気分に立ち返った。
 
   子どもも自然。大人も自然。身近な自然を育てに出かけ、自然に心を育てられる場所がある。
 
   ここ青森の、自然の中で。
 

 
 
                
 
             
  「白神山地を守る会」・
  「NPO法人
  白神一ツ森自然学校」
  へのお問い合わせは・・・
 
 
 
 

 
  ●白神山地を守る会
  事務局
  TEL/FAX017 743 8314
  preserve*shirakami.gr.jp
 

 
 

  ●NPO法人
白神一ツ森自然学校
  事務局
  TEL 0173 82 7057
school*shirakami.gr.jp

 

 
●スパム対策のためアドレスを変えてあります。
  メール送信時は*を@に直して送信してください。

                
  子ども田舎暮らし体験セミナー(冬編)
 
   平成20年1月4日(金)?6日(日) 2泊3日 12000円
 
  スノーシュー体験・動物の足跡探し・スキー・ソリ体験・岩魚の薫製・干しもちづくり・かまくらづくり・キャンプファイヤーや花火大会
 

 
 

 
  blue.gif
  おわりに
 

 

   「子育て」ってなんだろう。
  「自然」ってなんだろう。
  そこからこの特集は始まりました。
 
  取材を重ねる中で出会ったのは、
  子どもたち一人ひとりが持つ
  「自然な力」を信じて見守る、大人たちの姿でした。
 
 

 

  この取材も終わりに近づいたある日、
  小さな子どもたちの会話が耳に止まりました。
 
  自然ってね、昨日と今日で違うこと。毎日違うことだよ。
 

 

  そうか、そうなんだ。
  生きてること、死んでいくこと。自然に変わっていくこと、その毎日が君たちの自然なんだね。
 
 

 

  どうぞ自然豊かな青森で、
大人も、子どもも、
“自(みずか)ら 然(し)くありますように”。
 

 

 
 

<<自然育児特集TOPに戻る

 

  mattari-bana2.gif 

  • -
  • -

NPO法人むつ下北子育て支援ネットワークひろば?私たちに必要なものを私たちが?

           
 

  hiroba 005-1.jpg 

 
            
 

  mutushimokita.gif
  障害のあるなしにかかわらず、
  全ての子どもたちが豊に育ち合える地域づくりをめざして…。
 

 
            
             
                               むつの「困った」を何とかしたい。                        
 
   「NPO法人むつ下北子育て支援ネットワークひろば」の多岐にわたる活動内容は、その幅広さ、きめ細やかさに驚かされます。
   以前、児童相談所で行なわれたフォーラムに集まったメンバーでの話し合いの中で出た声。
 
    「必要なのに、むつにはない!むつにもこんなものがあったらいいのに!」
 
 そんな地域の課題を話し合ううちに、「じゃあ、私たちが始めましょう。」と「ひろば」は始まりました。
 
            
 

  ●●●●●●● 子育てサポート事業 ●●●●●●● 

                   
  子どもを気兼ねなくみてもらえる場所がない。 
             
 

  →→→→→→ 一時預かり「ひろばっこ」
 むつは、地域柄転勤族が多く、何かあったときの託児サービスへのニーズはありましたが、対応する受け皿がありませんでした。
   「ひろば」の運営する一時預かりサービスでは、依頼者宅や、保育サポーター宅、または、ひろばの事務所内の「ひろばっこ」で、お子さんを預かっています。
 

             
 

  hiroba 008-1.jpg
  ひろばっこの様子 

 
 
 
                   
  安心して託児ができる場でありたい。 
             
 

  →→→→→→ 保育サポーター養成講座 
 一時保育事業を継続して行なっていくには優秀な保育サポーターの養成は欠かせません。また、空いた時間に保育サポーターとして働く場を提供することは、地域の雇用を増やすことでもあります。 

 
 
                   
  子どもと一緒にちょっと出かけられるところがあればいい。 
             
 

  →→→→→→ フリースペース「ひろば」 
 天気が悪い日、そして冬、家にばかりいると煮詰まってしまいますが、気軽に出かけられて、お茶しながら誰かとおしゃべりして息抜きできたら、また子育てがんばれますよね。 

 
 
                   
  子育て中でも自分のために学びたい、学びあう仲間が欲しい。 
             
 

  →→→→→→ 下北マミィ大学  
  →→→→→→ ママのための子育てプチゼミ
  

 子育てがうまくいかなくて、イライラしてしまう時も、子育てについて学んだことと、自分自身のための時間があれば、精神的に支えられます。テーマは、様々「現代子育て事情」「絵本と子育て」「腰痛体操」などなど、子育て中のお母さんに役立つ情報ばかりです。
 

             
 

  hiroba1-1.jpg
  「大学」ってきくと難しそうですが、
  「子育てにちなんだカルチャー講座」なんだそうです。
 

 
             
         これからの日程
  2008年1月17日 「アロマセラピー」
  2008年2月14日 「メイク・ネイルファッション」
  いずれも 10:00?12:00 下北文化会館にて
 
 
 
 
            
 

   

             
 

  ●●●●●●● 障害者生活支援事業 ●●●●●●● 

 
                   
  知的障害者が自立した生活ができる場を。 
             
 

  →→→→→ グループホーム「サンライズ」
 むつには、当時知的障害者のグループホームがありませんでした。世話人の援助を受けながら、地域で自立した生活を営んでいます。 

 
 
 
            
 

   

             
 

  ●●●●●●●● 地域づくり事業 ●●●●●●●● 

 
                 
  bb-19.gif     キッズひろば(親子文化体験・農業体験
障害者ニュースポーツ体験会      
  ちがいを豊かさに(人権教育)     
 
 
 
 
  などなど
 
 
            
                
                         私がいろんな人に助けられて子育てできたので             
                 
 
  bb-9.gifbb-2.gif 
 
             
 

  「一人で子育てするのは大変。
  できるわけないんです。
  でもそれをみんなでやると
  これほど楽しいことはないんです。」
 

 
 
 
  bb-1.gifbb-11.gif 
 

   「ひろば」の代表理事の小川千恵さんにお話を伺いました。 

 
              
   「周りの人々に本当に助けられて子育てできたことへの感謝の思いが今に繋がっています。孤立して子育てしている人をつくりたくない、という思いです。真っ当に人への信頼を持てる子どもたちになってほしいから。
   やりたい人が集まってきて背中を押された感じです。ここまできたのは、怖いもの知らずでやってしまったところもありますね(笑)。
むつの課題をちょっとずつクリアしていきたいと思っています。
   運営側にも余裕が必要だと思っています。みんな楽しくないとね。来年度はこれから先10年を見据えて基盤を整備していきたいです。」
   
   忙しい小川さん、息抜きは「絵本の読み聞かせ」だそうです。ボランティアで図書館などをまわっているとのこと。「夢は神出鬼没の紙芝居おばさんになること!そんなひまができたらいいなあ。」
 
 

  hiroba 011-1.jpg
  「子育て支援も障害者支援も
  地域づくりです。」
 

 
            
             
 

                          「ひろば」のこれから…。                   

 
                 
 
   bb-16.gif 
 
             
 

  子育て支援の拠点づくりのために。
  「人・場所・もの・情報 」
 

 
 
 
   bb-17.gif 
 
            
   「みんながもっと気軽にフラっと立ち寄れて、しかも、常設されている」という場所を作るために、「ひろば」は新たに動き出しています。
   そして、そこにいけば子育てに役立つ良い「もの」に出会える、そこにいけば子育てに必要な「情報」が得られる。そんな子育て支援の拠点になる場所を目指しています。
 
              
 

  hirobakun-1.jpg  

 
 

  「もの」…おもちゃは、子育てに欠かせないものですよね。そのために来年度は「良いおもちゃってどんなもの」という勉強から始めます。
 
  「情報」…まずは情報収集。各子育て支援センターの情報を結ぶなど、、むつで子育てするために必要な情報を一冊にまとめた「子育てガイドブック」を作成中です。
 

 
              
 

  hiroba 006-2.jpg
  どこからそんなパワーがでるのか、
  終始、穏やかに話してくださった小川さん。
  お忙しい中ありがとうございました。
 

 
 

   

             
 

  託児の受付/
  その他お問い合せは


むつ下北子育て支援
  ネットワーク ひろば
 
  むつ市新町17-7
  0175-23-7844
 
 
ホームページ
  託児の案内や
  行事の内容の詳細が
  ご覧いただけます。
 

 
 
 
            
 

  mattari-bana2.gif 

 
  • -
  • -