子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

子どものSOS受け取ります!(2) 虐待から子どもを救う 青森のネットワークづくり


取材日 2007/08/17-/31


--CONTENTS-- (目次をクリックすると各章にとびます。)

  1. (前回掲載分)子どもに寄り添い、子どもに耳を傾ける ?チャイルドラインあおもり
  2. “お母さん”が苦しいとき、子どもだって苦しいんだ ??スマイルオン  
  3. 「家庭」の安らぎを取り戻すために?ファミリーリカバリーセンター  
  4. 子どもを救う、家族をすくう “受け手”をつないで・・・

“お母さん”が苦しいとき、子どもだって苦しいんだ

    ?お母さんから元気になろう! 笑顔のスイッチ、「スマイル・オン」!

so top.jpg

         (上の画像をクリックすると「スマイル・オン」のHPが開きます。)          

punfu.jpg

【施設やショッピングセンターなどに
おかれたパンフレット】

 「親子関係がうまくいかない時、子どもたちもつらいですが、お母さん、お父さんだって、苦しんでいるはずです。」

 スマイル・オンの代表、野呂さんは静かにそう言った。「だから私たちは決して責めたりしません。まずはここで、お母さんが背負った重荷を下ろして欲しいと思います。」







dream6.gif






 
スマイル・オンでは、青森市内で『お茶会』と称した“育児相談会”を開いている(※1)。 「子どもへの虐待が止められない」「子どもを愛せない」といった育児の悩みをはじめ、「自分自身も幼い頃虐待を受けた」「生活の悩み」「夫婦関係の悩み」など様々な悩みを受け止め、一緒に考えようと試みる。

 「虐待は決して特別な問題ではなく、どこの家庭でもどんな親にでも起こりうること。」パンフレットや携帯用・PC用ホームページで広く情報を発信し、365日・24時間送信可能な“メールでの相談”も受付けている。

 「子どもは虐待を受けたからといってお母さんを嫌いにならない。だからお母さんにはここで苦しさを吐き出して、少しでも元気になって欲しい。」 今はメンバー間でカウンセリング講座を受けるなど、サポート体制の充実を図っている。

IMG_2331.JPG

【カウンセリング講座を受けるメンバー達】



さらに「この先、DVなどに苦しむ女性の自立支援活動もしたい」し、ゆくゆくは「虐待を受けた子どもをケアする『自立支援ハウス』もつくりたい。」


15歳以上で、家庭に問題があり、犯罪を起こしたことが無い青少年を受入れる施設が無い青森の現状にも、胸を痛める野呂さん。虐待で苦しむ子どもを守るため、その親の救いとなるため、スマイル・オンの活動は続いていく。


kumo1.gif

スマイル・オン

〒038-0001
青森市新田1-12-13
青森ジョイフル・チャペル内
TEL /FAX 017-766-8840

HP :http://www.geocities.jp/smile_on_aomori/

毎週火曜10時?12時 育児相談お茶会(※1)
MAIL :
smile_on_since2005*yahoo.co.jp
(上記の*を@に変えて送信してください)






(※1: 2007年11月現在 お茶会は休止中につき、メールにてまずはご相談ください )




お父さん、お母さん、そして「家庭」の安らぎを取り戻すために

 ?閉ざされた家族に、安らげる居場所を・・・「ファミリー・リカバリーセンター

frc top.jpg 教会写真.jpg

(上の画像をクリックすると「ファミリーリカバリーセンター」のHPが開きます。)  

DSCN0785.JPG
【向かって右より、
スマイルオン代表の野呂さん、
ファミリーリカバリーセンターの
澁谷友光さん、久美子さんご夫妻】


スマイル・オンのお茶会が開かれるのは、海近くの小さな教会の一室。その教会を管理しながら、家庭の悩み相談を広く受入れているのが、「ファミリーリカバリーセンター(以下FRCと表記)」の澁谷友光、久美子さんご夫妻である。

  「教会という仕事柄、様々な深刻な悩みと向き合ってきました。」と話す澁谷夫妻。悩みを抱え、海に飛び込もうとしていた人を助けたことも1度ではない。「相談の中でも、虐待、離婚、DVなど、とびぬけて『家庭の問題』が多いんです。“教会”という敷居を取り払って、より広い受け口をつくるべきだと思い、センターを立ち上げました。」布教活動とは関係なく、無料で、育児相談、夫婦問題など、様々な相談にのる。

candle2.gif

  カウンセラーとしての一面も持ち、学校や企業で“子どもとのコミュニケーションスキル”について講演を行うこともある。また、虐待などが原因で施設に預けられている子ども達をキャンプに連れて行き、実の親のように子ども達に向き合い、その相談にのったりすることも。

 中でも独特なのが、センターで月に数回開かれる お父さんだけの話し合いの会。「男の人だけ集まると驚くくらいよくおしゃべりするんですよ。」と久美子さん。お酒は無し。その代わり簡単なゲームで場を和ませる。「外での緊張が高い分、その鎧をはずした中で話し合うことが大切」と澁谷さんは言う。会社の中で多くのプレッシャーを抱え込み、家庭の中でも安らぎを作り出せない男性も多い。オープンな雰囲気の中で、子どもについて、夫婦について思っていることなど話し合う。

 時に閉ざされた空間と化す、現代の「家庭」。その中で正常な機能が失われていく「お父さん」「お母さん」「子ども」・・・。その中でFRCは、“家族の再生”の場となろうとしている。


kumo4.gif

ファミリー・リカバリーセンター

〒038-0001
青森市新田1-12-13
青森ジョイフル・チャペル内
TEL /FAX 017-766-8840

HP :http://www.geocities.jp/joyfulaomori/

MAIL : joyful8068*yahoo.co.jp
(上記の*を@に変えて送信してください)



子どもをすくう、家族をすくう 「受け手」をつないで・・

dream1.gif

◆ 今回取材したのは、いずれもその必要性を強く感じて、一般の人たちが自主的に活動を始めた団体だ。虐待をはじめ、家庭内の問題を取り巻く環境は深刻で複雑。もつれた家族の糸を、子どものため、母親のため、あるいは父親のため、それぞれの居場所をつくって解きほぐそうと試みる。

 そこで「虐待」を防ぐために、私たちはどうしたらよいだろう。虐待を受けていると思われる子どもを見かけたら、どうすればいいか。 それぞれの立場でできる“ヒント”を聞いてみた。

◆「まずは子どもと信頼関係を築くこと。」チャイルドラインの関係者は言う。あくまでも子ども本人と信頼関係を築いた上で、語られる状況について聴いていく。もし深刻な事態である場合、子どもの自主性を尊重した上で、各機関との連携などの対応策を示し、一緒に考える。

dream6.gif

◆「子どもは(虐待の事実を)言葉には表せないんです」とFRCの澁谷氏。だから子どもと一緒の時間を作り、その様子から見て感じ取る必要があるという。親の様子を気をつけて見ていき、何か気になる雰囲気を感じたら、そっと接触し話を聴いてみるのも一つの方法だと言う。

◆「親御さんも、虐待しながら、すごく後悔していたり、一番罪悪感があるんです。ただ、安心してそういった気持ちを打ち明ける、ストレスを和らげる場がないままに、くり返しくり返し子ども達に当たってしまうんだと思うんです。」と話すのは同FRCの久美子さん。「どんな親も安心して、自分のことをオープンにして話せる場所が必要なのかな。」

◆虐待に胸を痛めるどんな人でも、小さくとも確かな支えとなることができる。例えば子どもたちにチャイルドラインの存在を教えることで。親との信頼関係を築きつつ、スマイル・オンや、ファミリー・リカバリー・センターの相談口を教えることで。

 そしてまた、行政、民間の枠を超えて、子ども、親、家族を受け止める「受け手」同士がつながり、支援の網の目を細やかにする。悩みを抱えた家庭を支えるネットワークが今、青森でつくられようとしている。


mattari-bana2.gif



  • -
  • -

保育のプロに聞く、子育ての極意【黒石 中郷・美郷保育園】



   「ただ愛情を持って」hoiku.gif
   だまって見守る育児の極意。


 天然木と自然光が感じられる広い部屋。素足の子どもが数人駆け寄って来てkodomo.gif
「こんにちはー!」「何しーにきーたの?」素直な好奇心で笑顔を見せる子ども達を、後ろでにこやかに見守る保育士さん。のびのびとした園の空気が伝わってきました。

  社会法人五倫会が運営する、青森県黒石市の中郷(なかごう)保育園と美郷(みさと)保育園。
熱心な保育実践で、県外からの見学者も多いという、両園にお邪魔して、“子育ての極意”を伺ってきました。


    保育のプロが教える 育児の極意   

・「本物」が教える感動が、
            生きる力を育てる。
・「
失敗」を糧に、
        次に挑戦する力を育てる。

・「愛情」を持って見守れば、大丈夫。
・できるまで、最後まで、「何度でも」。

・親に気付いてほしい、
        育児の中の「大切なこと」。
・親のため、子のため、地域のために、
            保育園ができること。
・お母さんにできる一番のこと。
   とにかく「子どもをかわいがる」こと!

保育士さんイチオシ! お母さん・お父さんに、開いて欲しい。→クリック





    のこぎりだってこのとおり!       noko.gif 年長児は町ねぶたも作って曳きました。         

   nebuta.gif




自分で育てた稲を、
自分で脱穀してみます。

まずは手で、割り箸で、ボール、金槌・・・

kome2.gif





.本物が教える感動が、
生きる力を育てる。


 「自然や芸術など、“本物”に触れ、“何が本当に価値を持っているか”ということを知る。子どもが『いいなぁ』『すごいなぁ』と感じる体験が、この先どんな環境においても生きる力を育てるのだと思います」と中郷保育園の山口園長。

 中郷保育園の駐車場脇に、木製の鶏小屋があり、中には十数羽のニワトリが。子ども達が毎日餌やりをし、育てています。採れた卵はみんなで食べ、時には家に持ち帰って、家庭の食卓でも子どもの体験と共に大事に味わいます。

 鶏のほかにも、稲、野菜、果物など、生き物(いのち)を育て、地域の旬を味わう原体験を大切にしている両保育園。中でも、子ども達が自ら失敗に気づき、学んで育つよう見守る保育方針を大事にしているそうです。


.「失敗」を糧に、
次に挑戦する力を育てる。


 例えば子ども達が育てた、旬の「さつまいも掘り」。年中児は、平らな土に、思うままに自由勝手に植えさせます。でも、秋に掘ってみて、年長さんが収穫したイモと比べると、収量が明らかに少ない。どうして?

 どうしてなのか、大人(保育士)はもちろん知っています。でも正解は教えません。代わりに、その“くやしい”体験をもとに、子ども達が図鑑を借りて、育て方を調べてくるのを助けます。

 「畝立て」「植え付け」「ツル返し」など、そこで出会った古来から伝わる知恵と技。「アタマ」だけでなく、「カラダ」と「ココロ」で学ぶ子ども達。そして翌年の秋、やっと豊かな実りを実感できるというのです。



待ちに待ったさつまいも。
でも、ちょっとまって。よくみてごらん?

DSCN2425.JPG




中郷保育園の山口園長先生

DSCN2448.JPG


 
.愛情を持って見守れば、
  大丈夫。 


 そうは言っても、子どもが失敗したり、がっかりしないよう、ついつい口を出し、先に手助けをしてしまうのが親心・・・。そこを敢えて見過ごすというのは、相当な度量が求められるのでは?

 「ただ愛情をもって。たっぷりと愛情をもって見守れば、大抵のことは大丈夫なんです」と山口園長。

 「実はあの鶏小屋も子ども達が作ったんですよ」と先生にっこり。えっ?まさか!

 「まず鶏小屋はどうやって作るのか、図書館で本を借りて調べるところから始めます。」


 .できるまで、最後まで、 
  何度でも。 
 


 図書カードを作るために、園児が自分と親の名前、住所を覚え、書けるように
 「できるまで何度も通います。そして必要な材料がわかれば、子ども達が近くのお店に値段を調べ、買いに行き、おつりをもらって来る。それからやっと作り始めるんです。」

そうやってみんなが作った鶏小屋は、野鳥が入りそうな穴は自分たちで補修して、当番活動をして飼育しています。

 なんでもやらせてみる。最後まで見届ける。『養護』(見守り育む)力と『教育』(失敗を糧に、気づきを学びに変える)力の両立を目指す園の方針が、ここにもしっかり生きていました。



保育園児・作、
雪にも負けない立派な鶏小屋です。


DSCN2480.JPG




mamatomo_soft_s.gif

   地域で子どもを育てること。
   親を、育てること。



 ここは図書館?いいえ園の廊下です。
   その蔵書は2万4千冊以上!

rouka.gif



 .親に気付いてほしい、
 育児の「大切さ
」。 


 両保育園では、この地域で子育てする、親と子どもの居場所として、黒石市の「地域子育て支援センター」の役割も担っています。

子育て中の親が楽しめる場を提供すると共に、電話、面談での「育児相談」も随時受け付けています。

また、親たちに『気付いてほしいこと』を知らせる機会としても、幾つかのプログラムを用意し、通信でお知らせしています。育児本の貸し出しや、食生活を見直す「旬の料理教室」としてこの秋は七輪で旬の秋刀魚を焼いて食べたりもします。




 .親のため、子どものため、
地域のために保育園ができること。


 わらべ歌、童謡などの「歌のある暮らし」を大切にしつつ、このほかにも様々な支援を取り入れています。

・0歳児から預かる「乳児保育」
・午後9時までの「延長保育」
・緊急時などの「一時保育」
・週末勤務時の「休日保育」
・障害児の「ふれあい保育」
・小学校低学年児の「学童保育」
・中郷保育園では「病後児保育」


 その充実ぶりは、地域で子育てをサポートするすべてを行っていると言っても過言でないほど。




別館の病後時保育室 『トトロの家』
子どもの体調が優れないけれど、
仕事を休めない時、みてもらえます。


byougoji.gif





 抱っこして、ぎゅってして、受入れて。
 
hoiku2.gif

 それがなにより子どもの力に。


 .お母さんにできる一番のこと。
 とにかく「子どもをかわいがる」こと!

 こんなに充実した子育て支援をしている中郷・美郷保育園。それでもやっぱり一般のお母さんたちに望むことは?

 「とにかく、子どもをかわいがってほしい!」と即答したのは、美郷保育園の湯瀬園長。

 よく“「かわいがる」のと「甘やかす」のは別”だといいます。たしかに「いけないことはダメ」。

  すぐ物を買い与えたり、子どもがやる前に親がやってあげてしまうのは『甘やかし』です。でもなによりもまず、「ぎゅっと抱きしめて、(大好きよと)まるごと受け入れてあげること」。それが何より子どもが育っていく中で、自信と生きる力の源になるから、と。



保育士さん達がお母さん・お父さんにイチオシ!のお勧め本

 ・・・本吉円子 (まとこ・「まと」は旧字体の円) 著
    『愛されて育つ  保育の現場からお母さん・お父さんへ』 企画室・版 1997年

  




yomikikase_soft_s.gif

DATA: 社会法人五倫会kigae2_soft.gif
 ・中郷保育園 ・・・【HP】 
       青森県黒石市末広67-11 
TEL 0172-53-3715(FAX 4413)
 ・美郷保育園 ・・・
      青森県黒石市追子野木2丁目181-1 
  TEL 0172-52-3890(FAX 3015)




banner88.png

  • -
  • -

「自ら然くあるままに、育てよ児どもら」(2)?懐かしく新しい、青森の自然育児・自然教育


  
 

  ---CONTENTS---new mame.gif 

 
     
  1.   自然だから安心、自然だから育児が楽しい!《自然育児友の会 青森》 
  2.  
  3.   大丈夫、人は必ず成長する。あせらず“根っこ”を育てよう《十和田シュタイナー教育を学ぶ会》  
  4.  
  5.   自然の中で体験することは、世界中みな同じ。 《ガールスカウト 青森県支部》 
  6.  
  7.   自然に育て、自然に育てられる。《NPO法人 白神一ツ森自然学校》 
  8.  
 
 
 
 
 

  2 大丈夫、人は必ず成長する。あせらず「根っこ」を育てよう!
 
 

 

   ◆ シュタイナーは「根っこを育てる」教育。
        目に見えない「無意識」の部分を育てる教育。

 
 

 
 

  自然育児 シュタイナー教育を学ぶ会 20071002 003.jpg 「シュタイナーは“根っこ”を育てる教育なんだそうです。」十和田シュタイナー教育を学ぶ会の桜田さんはこう話してくれた。
 
    テレビ・ゲーム・マンガ・・・常に「意識」に目覚めるよう、いろいろな角度から常に強い刺激にさらされる現代の子どもたち。「目覚め」の中でなされたことは、「眠り」の時に無意識の中に溶け込んでゆく。「眠り」と「目覚め」の規則的なリズムを健全に繰り返すことにより、意思に働きかける。その中で「根っこ」=つまり「無意識」を大事に育てるのが、ドイツの人智学者ルドルフ・シュタイナーの提唱した教育論、シュタイナー教育だという。
 

 

   植物で考えれば、土の上に出ている部分だけを伸ばそうとするのが今の教育。いくら葉や茎が伸びても、根を張っていなければ、僅かな風にもすぐ倒れてしまう。無意識は、ただ楽で便利な中では育てられない。 

 
 

  ◆ 特別なことはしなくていい。
                子どもは周期(リズム)の中で自然と育つ。
 

 
 

  w83.gif 

 

   たとえばシュタイナー学校の教材としても有名な「みつろうクレヨン」。一般的なクレヨンに比べ、描きにくい。クレヨンをしっかり握り、ある程度の力を込めて紙に描くという行為そのものが、子どもの意思に働きかける。その中で“根気”が自然と育っていくのだという。でもそこで代表の柿本さんが口を開いた。「そうだけど、それがシュタイナーの言いたいことじゃないのよ。」
 
  シュタイナーによれば、「ああすればよく育つ」「こうすれば良い」という“やり方”を提示するのではなく、「その子どもの育つ、“自然な流れ(過程)”を大切にする」ことがなによりだと言う。大人は、子どもの幼児期には「よき手本」として、少年期には「頼りになる権威」、そして青年期には「ユーモアのあるよき先輩」として、子供の前に立つことが大切なのだと。 
 
  w13.gif マスコミを通じて多くの情報が取り巻く中、目の前の子どもの在り様よりも、外部からの情報に目を奪われがちな現代。「優れて良い子を育てなければ」という社会的プレッシャ??が母親を急き立てる。
 
   しかし乳児や子どもをはじめ、大人や老人に至るまで、「すべての人間は、成長の流れ、発達のリズム(周期)の中で育っていくもの」だとする“考え方”が、シュタイナー教育の真髄なのだと言う。
 

 
 

  ◆ 人は必ず成長する。
     そう信じ、引いて見守る「待ち」の子育て、親育て。
自然育児 シュタイナー教育を学ぶ会 20071002 014.jpg 

 
 

   柿本さんがこの“考え方”に出会ったのは、お子さんが中学生の時。思春期を迎え、不安定になった娘を案じて模索するうち、一冊の本に出合った。子安美智子著『ミュンヘンの中学生』、日本におけるシュタイナー教育のバイブルとも言われる一冊だ。娘の恩師だった桜田さんにこの本を紹介した。
 
   
教師10年目で「過渡期だった」という桜田先生は、この本を読み、目から鱗の落ちる想いがした。今では中学校でのスクールカウンセラーとしての一面も持ち、不登校児の指導にも当たる桜田さんだが、「頭で考えた、知識ばかりの教育はダメ。」と言い切る。「特別なことはしなくていい。ヒトは必ず成長する、そう信じて待つんだ。」  

 
 

  suisai.jpg 

 

    『学ぶ会』では参加者の年代に合わせ、フォルメン、水彩(にじみ絵)などの芸術教室や、シュタイナー学校のアドベント(※)を模した季節のおまつり(冬至まつり)を、親子で、あるいは子ども自身が体験できる。その時も柿本さんたちは「こうしなきゃだめ」とは言わない。その場でそれぞれが感じた“唯一無二の想い”を、自分の中でゆっくりと味わい、持ち帰る。 

 

   「子育てに大切なのは、『一歩引いて見守る』こと。」 誰しもその時期に自分に必要な課題を、自分の力で乗り越えようとしている。だから、「安心していいよ」という想いを、子どもにも、親にも伝えたい。
 
 
 

 
 
             
 

 
 

 

   

             
 

   
  柿本さん(左)と桜田さん

 

 

  hutari.jpg
    「これだけやってもまだ、(シュタイナー教育を)
    “わかった”とは言えない。わからないから
     私たちは今でも、『学ぶ会』なんですよ(笑)。」
 

 

 
 

   ●十和田シュタイナー教育を学ぶ会 

 

   お問合せ ・・・代表 柿本和代  0176 22 5423
 
   ・ シュタイナー芸術教室(小1から中学生向け)
        子どものためのフォルメン・水彩・その他の学習会など
   ・ シュタイナー教育「おやこであそぼ」(幼児から低学年向け)
   ・ 年2回の水彩体験
講座 (1月・6月)
   ・ (アドベントにちなんだ)冬至まつり(12月)→参加者歓迎します【詳細はこちら】pdf
 
 ・・・ りんごロウソクに火を灯し、季節にちなんだお話を聴いて、
   ライアーの調べに耳を傾けます。
 

 
 
 
 
  (※)アドベント・・・キリスト教において、イエス・キリストの降誕を待つ期間のこと。
 
 
 
 
  

 
  mattari-bana2.gif 

 

   

  • -
  • -