子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

「おとなガキ大将」のススメ

           
 

   最近、街中で群れて遊ぶ子供達を見かけなくなりましたね。子どもをねらった物騒な事件が相次ぐ中、しょうがないことかもしれません。
   しかし、そのためか子ども同士が伝えてきた遊びが途絶えてきている気がします。群れて遊ぶ中で、きっと成長することも多いはず!
 

 
   ここは、一発!私たち親世代が、ガキ大将になったつもりで、ゲームをしている子ども達を連れ出して、徹底的に身体を動かして遊んでみてはいかがでしょうか。今回、「おとなガキ大将」と称して、その極意をご紹介しましょう。ちなみに、お父さんのメタボ予防にも最適です。(注:翌日、筋肉痛になることをご了承ください。) 
            
 
             
  おとなガキ大将への極意その1:なにをやる?
  おとなガキ大将への極意その2:どこで?
  おとなガキ大将への極意その3:心得
  おとなガキ大将への極意その4:技の伝授
 

 
            
            
 

  おとなガキ大将への極意その1: なにをやる? 

 
            
   私たち大人が子どもの頃やった遊びをいろいろ思い出してみて見てください。ご参考に、いくつかご紹介します。             
 

  オニごっこ系5種/幼児向け3種/低学年向け2種/道具を使うもの2種 

 
 ルールは一例なので、ご自身で慣れ親しんだルールを採用してくださいね。 
            
            
                 
  03346.gif   
  オニごっこ系
 
  03346.gif 
                                               
  高オニ    地面よりも高い場所が安全地帯となり、つかまらない。
  高い所には10秒しかいられない。
 
  色オニ    オニが「○○色!」と指定した色をさわるとつかまえられない。
  オニは逃げる人たちが色をさわる前につかまえる。

 
  凍りオニ    オニにタッチされるとその場で凍って動けなくなってしまう。
  他の人にタッチしてもらうと生き返る。

 
  助け     オニにつかまった人たちは、オニの陣地の壁や柱などに
  手を繋いで繋がられる。他の人に「切ーった!」と言って繋
  いだ手を切ってもらうと生き返れる。オニが複数いた方がお
  もしろい。
 
  十字オニ    5メートル四方の四角に十字にオニ用の通路(幅30センチ
  位)を書く。オニにタッチされずに、オニの通路以外の4つの
  四角を順番に10周すれば勝ち。オニは十字になった通路
  を駆使しタッチする。
             
  DSCN2289-1.jpg 
 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  幼児向け
 
  03346.gif 
あーぶくたった煮え立った
一人を真ん中に座らせ、まわりを数人が輪になってまわる。
  「ムシャムシャムシャ」で真ん中の子の髪をぐしゃぐしゃにする。
             
  あーぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよ
  ムシャムシャムシャ まだ煮えない(気分によって数回くり返す)
  あーぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよ
  ムシャムシャムシャ もう煮えた
  ごはんをたべて はみがきをして おふとんしいて さぁねましょ 
  トントントン なんの音? 風の音 
  トントントン なんの音? 雨の音 
  トントントン なんの音? お化けの音??!キャー!(逃げる)
 
 
  ハンカチ落とし
・輪になって座る。
  ・一人(Aさん)が輪の外をまわりながら、そっと誰か(Bさん)の後ろにハンカチを落とす。
  ・Aさんは気づかれないように素知らぬフリをしながら、1周回ってBさんをタッチする。
  ・Bさんは、タッチされないように素早く気づいて、Aさんを追いかける。
  ・Aさんは、タッチされる前に、Bさんが抜けた場所に座る。タッチされたらもう1回、落とす役をやる。
 
  花いちもんめ
二組に分かれそれぞれ手を繋いで一列に並び、向き合う
             
  (A組) ♪勝ってうれしい花いちもんめ♪ (前に3歩進んで足を上げる)
  (B組)♪負けてくやしい花いちもんめ♪ (前に3歩進んで足を上げる)
  (A組) ♪となりのおばさんちょいときいておくれ♪(以下繰り返し)
  (B組) ♪オニがこわくていかれません♪
  (A組) ♪おかまかぶってちょいときいておくれ♪
  (B組) ♪おかま底ぬけいかれません♪
  (A組) ♪おふとんかぶってちょいときいておくれ♪
  (B組) ♪おふとんボロボロ行かれません♪
  (A組) ♪どの子がほしい♪
  (B組) ♪あの子がほしい♪
  (A組) ♪あの子じゃわからん♪
  (B組) ♪この子がほしい♪
  (A組) ♪この子じゃわからん♪
  (両方)相談しよう、そうしよう(相手チームからだれをもらうか相談する)
      決ーまった!
  (A組)○○ちゃんが欲しい!
  (B組)○○ちゃんが欲しい!
      (じゃんけんをして負けた人は相手チームに移動する)
 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  低学年向け
 
  03346.gif 
               
 
  ●
だるまさんが転んだ
 
 

  01104.gif01104.gif 

 
                                               
      オニは柱(壁)に顔を伏せます。他の人ははオニから少しはなれたところにスタートラインを引き、そこから「初めのいーーっぽ!」と言ってオニに近づきます。 
      他の人は、オニが「だるまさんがころんだ」と大きな声で叫んでいる間だけ動き、オニに近づきます。 
      オニは叫び終わると同時に振り向きます。その時動いてしまった人は、オニに捕まりオニと手をつないで、助けを待ちます。 
      どんどんオニに近づき、「きーった!」と言って、捕まっている人の手を払い助けます。それを合図に一斉に逃げます。 
      オニは気配を察知し「ストップ!」と叫び、みんなを止まらせ、逃げた人の所まで、「だるまさんが転んだ」の言葉の歩数分すすみ、届いた人にタッチします。 
 
  けんけんぱ
               
   丸を右の図のように書いて、スタートラインから石を投げる。
   石が入ったところに足を着けないように、「ケン(片足)・パ(両足)」とリズム良く丸を踏んでいく。
 
  DSCN2293-1.jpg 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  道具を使って
 
  03346.gif 
 

  ゴムとび
  二人が輪の中へ入り、向き合って、「いろはにほへと」と言いながら、ゴムをつまんだり伸ばしたりして、色々な形に変形させる。高さや形は自由。
  飛ぶ人は後ろを見ていて、その形を見ないまま、「飛ぶ」「くぐる」「またぐ」「はねる」を選ぶ。振り向いてその高さ・形がどうであれ、宣言したとおりにする。
 

 
  大縄跳び             
 

  03605-1.gif 

 
             
  くまさんくまさん 両手をついて
  くまさんくまさん 片足あげて
  くまさんくまさん まわれ右
  くまさんくまさん さようなら
 
             
  03606-1.gif 
             
  おじょうさん おはいんなさい
  ○○ちゃん おはいんなさい。
  ありがとう 
  じゃんけんポイ (先に入っている人と跳びながらジャンケンを する。)
  負けたおかたは おでなさい。 (ジャンケンに負けた人はナワから出る。)
 
             
  03607-1.gif 
             
  (最初は縄を揺らして)郵便屋さん、落とし物。
  拾ってあげましょ(ここから縄をまわす)
  1枚、2枚、3枚…
 
               
 

  道具について
  ゴム跳び用のゴム裁縫用の細ゴムなどを使うと良いでしょう。100円ショップなどでも売っています。
  縄跳び用ナワ一人用の跳びナワを繋げてもできると思いますが、長めのロープが1本あると縄跳びだけじゃなく、色々な遊びが広がります。
1対1で引っ張り相撲も駆け引きがあって面白いです。 

 
 
            
 

  おとなガキ大将への極意その2: どこで? 

 
              
  03332.gif     以前だったら、その辺の道ばたで遊んでいたものですが、現在だと、近所の公園などの確保さえた場所がいいでしょう。学校の校庭もおすすめです。
   まわりで遊んでいる子も引き入れてみてはいかがでしょうか。
 
            
 

  おとなガキ大将への極意その3: 心得 

 
            
 

  一、なるべく社会での肩書きを捨て、ガキ大将になりきる。
  一、勝ちにこだわる。
  一、最低限の危険の回避・他人への迷惑をかけないという2点だけ気をつける。
 

 
            
 

  おとなガキ大将への極意その4: 技の伝授 

 
              
 

  遊びを作ってい行く技をさりげなく伝授しましょう。
・遊びを面白くするために、臨機応変にルール変更しましょう。
  ・ズルは認めてはなりません。ルールは変更しても、ズルは認めない、それが「ガキ大将」です。
 

             
  例えば、鬼ごっこのグループの中に一人小さい子がいたりすると、小さい子用のルールを作ります。小さい子が鬼になったときには逃げる範囲を制限するとか、鬼二人制を導入したりします。
   かくれんぼの時に隠れる範囲を決める、鬼ごっこで逃げる範囲を決める、など、その場に応じて、相談して決めなくてはならないことはいろいろあります。やってみて、ゲームが滞ったりすれば、その都度、「タイム!」がとられ、少しずつルールを変更していきます。
 
 それらは、すべて、遊びを「面白くするため」の技なのです。   
 

 
  04305.gif 

 
            
 

  00286.gif 

 
            
   以上、4つの極意をご紹介しましたが、30分も真剣に遊んだら、息はあがり、フラフラになるかもしれません。そんな時は無理はせずに、「子どもに遊びを伝えるのが目的なのだから」と心の中で言い訳をしつつ、次回の作戦を練りつつ、潔く「イチ抜け!」を宣言し、後は子どもに任せましょう。 

  • -
  • -

絵本「まがなった」~青森の子どもは吹雪でも「まがなって」元気に遊びに行きます









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

青森の冬が楽しくなる。

かわいくってあったかい。

なつかしくって新鮮。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



青森市浅虫出身のイラストレーター砂山恵美子さんの

とってもかわいい絵本をご紹介します。











maganatta-s.jpg














きのうもおっといも ふぶき。

はあ マイネ! きょうはあそびに いぐっ!

でもね、雪国の子は そっからが たいへんなの。

ほら、おばあちゃんが「ちょっとまぢへ!(まて)」といってます。

まいっちゃうよね…。



maganatta003.jpg









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■












 「まがなう」は「みじたくする」という意味の津軽弁。吹雪の中、外へ飛び出していく前に、子どもが「ちゃあんと『まがなう』」お話です。



 「私の小さいときもこんなんだった。」「これはやらなかった」と、なつかしくってくすっと笑っちゃう小さなエピソードがたっくさんつまってます。



 「まがなう」以外にも、「マイネ」「なんたかんた」などなど、津軽弁の発音記号つき。

 

 子どもと一緒に読んで、その後、外で雪遊びしたら、青森の寒くて大雪の日々も、楽しくなっちゃうこと間違いなしです。










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











maganatta002-ls.jpg


  • -
  • -

コドモごころ☆ロゴロゴ青森

           
 

   コドモに関係のあるロゴマークをまとめてご紹介。
   見かけたことあるもの、知らなかったもの、ありますか?
 

 
            
 

   05.gif 

 
              
             
 

   諸君、ワシの名前を知らんかの?
 
   青森県の子ども達が、県内各地で、いつでも、どこでも学べるようにしている県民カレッジの「子どもカレッジコース」の顔じゃよ。
 

 

   幼児から中学生までが学びたいと思ったときにいつでも、無料で入学できるんじゃ。講座によっては受講料や教材費がかかるものもあるけれどもな。 

 

   県内の様々な体験学習やスポーツ教室に参加したり、県内79の博物館や体験施設に行ってみたり、はたまたカレッジ認定のテレビ番組やビデオを見ても、1単位として受講シールがもらえるぞ。 

 

   50単位のシールがたまると、認定証がもらえるんじゃ。習得単位数により4段階の奨励賞が授与されるしくみになっておる。楽しみじゃろう? 

 

   みんなこぞって応募してくれたまえ。申込み方法や詳しい学習情報はこちらを開いてみてくれたまえー。 

 
 

   

 
  :::::::             
 

    マナビーンズ博士1.jpg 

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  「学ぶって何か楽しい!
  わかるって何か嬉しい」
 

 
 

 
    

 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  マナビーンズ博士 

 
 

  青森県総合社会教育センター主催、
  県内の幼児から小中学生を対象の
  「子どもカレッジコース」の顔
  

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

  子「おかあちゃん、おかあちゃん」
  親「なあに?」
  子「私達って何のマークなの?」
 
  子「リンゴだよねぇ」
  子「違うよ、aomoriの“a”だよ!」
  親「そうねぇ、どっちも当たりよね。私たちは、県内で“子育てを応援するサービス”を行っているお店に付けられるマークなのよ。」
 

 

  子「どんな応援?」
  親「応援の仕方には二種類あってね、一つは割引・特典型の『ニコニコ店』、もう一つはお出かけ配慮型の『ほのぼの店』なの。」
 

 

  子「何が違うの?」
  親「まず『ニコニコ店』はクーポン券の呈示で妊婦や18歳未満の子供連れの家庭を対象に、割引やポイント増量、優先予約などのサービスを提供してくれるのよ。緑色のにっこりマークが目印。」
 
  子「じゃあもう一つは?」
  親「オレンジ色のマークが『ほのぼの店』よ。」妊婦や子育て家庭がお出かけしやすいように、例えば授乳室やプレイルーム、ベビーカーや子ども用食器を貸し出してくれるお店に付くの。」
 
  子「エー!すごい!行ってみようよ!」
  親「そうね、まずはこちらで近くにある店を調べてみるわ」
 

 
 

   

 
  :::::::             
 

    シンボルマーク(大サイズ).jpg 

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  「お店の情報は、
  ホームページを見てね。」
 

 
 

 
    

 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  青森子育て応援
  わくわく店
 

 
 

   子育てを応援するサービスを行っている
  県内のお店に付けられるマーク。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

  子「・・・・」
  母「いいこ、いいこ♪ねんねしてるの?」
  子「・・・ママ、ぼくゆらゆら気持ちいい」
  母「ママのお腹に居るからよ」
  子「なんでゆらゆらしているの?」
  母「ママが歩いているからよ」
 

 

  子「・・・ママ、今度はガタゴト揺れてるよ」
  母「そうね、電車に乗ったから」
  子「そっか、電車ってガタゴト揺れるんだね」
 
  子「・・・ママ、ママ、なんだか苦しいよ」
  母「うん・・・ずっと立っていたからかな、下腹が張ってきたみたい。頑張って、降りる駅まであとちょっとよ」
  子「・・・キューッと閉まって苦しいよ。痛いよ??」
  母「困ったわ・・・どうしよう・・・」
 

 

 
  子「ママ!急に楽チンになった!お腹、ほわぁってあったかくなった☆」
  母「良かったわ。今このマークを見て、ある方が座席を譲ってくれたのよ。」
  子「こないだはこのマークを見て、近くの人がタバコを消してくれたしね。ボクこのマークだーい好き!どこでもらえるの?」
  母「こちらでダウンロードできるのよ。妊婦さんはみんな身につけると、わかってもらえて嬉しいよね」
 

 
 

   

 
  :::::::             
 

    h0301-1d.jpg 

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  「おなかに
  赤ちゃんがいます」
 

 

   
 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  マタニティマーク 

 
 

  妊産婦が交通機関等を利用する際に身に
  つけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすく
  するもの。
  さらに交通機関、職場、飲食店、その他の
  公共機関等が、ポスターなどとして掲示し、
  妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

    みなさんこんにちは。私をどこかで見たことがありますか? 

 

   私は“○○○を大切にする心”をはぐくむ運動に多くの方々が参加してもらうために生まれたロゴマークです。  

 

    将来を担う子どもたちが、心身ともに健やかに、たくましく成長することは、県民全ての願いですよね。子どもに関する痛ましい事件が多発する昨今ですが、子どもたちが、○○○を大切にし、他人への思いやりをもち、たくましく健やかに生きていけるよう県民総ぐるみで、○○○を大切にする心を育てるための様々な取組みを進める運動なんです。 

 

   具体的には、○○○の大切さを伝えるメッセージの発信など、だれもがそれぞれの立場で参加できます。 

 

   例えば19年度は、このテーマに即した絵本の原作を募集し、命を大切にする心を育む絵本を制作しました。学校、図書館、保育所等に広く配布しますので、是非子どもと一緒にご覧下さい。 

 

   また、「声かけリーダー」の皆さんが地域の方々と一緒に、子どもたちへ朝夕の声かけや見守りを行いました。このほか、20年度開催予定の「○○○について子どもと大人が本音で語り合うワークショップ」を企画・運営するコーディネーターを養成するセミナーを開催しました。今後、各地でワークショップが開催されます。皆さんの参加をお待ちしています。 

 

   私をどこかで見かけたら思い出してください。そして一人ひとりに何ができるか考えてみましょう。  

 
 

   

 
  :::::::             
 

  undo_logo1.jpg  

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  ひとつのいのち。
  みんなの
  だいじないのち。
 

 

   
 
            
 

  05.gif  

 
                
   答え・・・⇒   

  命を大切にする
  心を育む県民運動

 
  文中の
○○○は、
  「いのち(命)」です。
 

 
 

  子どもたちが、命を大切にし、他人への
  思いやりをもち、たくましく健やかに生き
  ていけるよう育てるため、県民総ぐるみで、
  命を大切にする心を育てるための様々取り
  組みを進める運動です。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

   こんにちは!○○○です。 

 

   「あそびたい」「しりたい」「まなびたい」という、子どもの心、願いを、まあるいからだにいっぱい詰め込んだ、“子どもの豊かな心を育む環境づくり推進運動(「○○○運動」)”のシンボルキャラクターです。もう、どこかであなたと会ったことがあるかもしれませんね。
 
   青森県では、子どもたちが青森県の豊かな自然、歴史、文化の中で、家庭の絆や地域の温かい見守りに包まれながら、遊びや様々な体験を通して豊かな心を育む環境づくりを目的とした県民運動を推進してきました。
    

   現在、この「○○○運動」を、もっと地域のニーズに合った形で推進しようと、多くの地域に自主的なネットワーク組織が立ち上がりはじめ、地域独自の活動が進められています。
 
   今後の「○○○運動」は、こうして各地域に立ち上がったネットワーク組織がさらにつながり、既存の子どもにかかわる各組織ともつながって、「青い森の子どもを育むネットワーク」として成長することを目指しています。
 
   子どもの豊かな心を育む環境づくり推進運動は、地域の皆さんのアイデアと力でこれからも進められます。もしかしたら、そこでまた○○○と会えるかも?しれませんよ。
 

 
 

   

 
  :::::::             
 

  ashumaru.gif  

 
 

 
 KEYWORD 

             
 

  あそびたい
  しりたい
  まなびたい
 

 

   
 
            
 

  05.gif  

 
                
    答え・・・⇒   

  あしゅまる
 
  文中の○○○も、
  「あしゅまる」です。
 

 
 

 
   「あしゅまる運動」は、多様な体験や活動を
通して子どもたちが豊かな心を育むことを
  目的としています。
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 
              
             
 

   

 
 
 

   さて、上に出てきたシンボルマーク・ロゴマークたちの名前と活動、
わかりましたか?
 
   日本全国、そして青森県それぞれの様々な事業・活動がありますが、
  一番使うのは子育て(妊娠)中の貴方と子どもたち!
  楽しく覚えて、上手に活用してみてくださいね。
 
   そのほか、県内の各地域内にも、いろいろな子育てにまつわるロゴマーク
  があります。目に留まったら、どんな活動のマークなのか、調べてみると
  いいことあるかも。だってみんなにもっと知って、もっと使ってもらうためのロゴ 
マーク、なのですから・・・☆ 
    
    あなたが考える「こんな意識が大事よね」というロゴマークを作ってみて、
  ネット上で配布するのも面白いかもしれませんね。みんなに受入れられれ
ば、
  全国、いや、全世界に広がるかも知れません。育児、家事、仕事の合間に、
  ひとつ考えてみてはいかがでしょうか?
 

 
            
 

  05.gif 
  05.gif 

 

 
  • -
  • -