子育て(得)情報

「あおもり子育てネット」の過去記事を再編集して掲載しています。

「おとなガキ大将」のススメ

           
 

   最近、街中で群れて遊ぶ子供達を見かけなくなりましたね。子どもをねらった物騒な事件が相次ぐ中、しょうがないことかもしれません。
   しかし、そのためか子ども同士が伝えてきた遊びが途絶えてきている気がします。群れて遊ぶ中で、きっと成長することも多いはず!
 

 
   ここは、一発!私たち親世代が、ガキ大将になったつもりで、ゲームをしている子ども達を連れ出して、徹底的に身体を動かして遊んでみてはいかがでしょうか。今回、「おとなガキ大将」と称して、その極意をご紹介しましょう。ちなみに、お父さんのメタボ予防にも最適です。(注:翌日、筋肉痛になることをご了承ください。) 
            
 
             
  おとなガキ大将への極意その1:なにをやる?
  おとなガキ大将への極意その2:どこで?
  おとなガキ大将への極意その3:心得
  おとなガキ大将への極意その4:技の伝授
 

 
            
            
 

  おとなガキ大将への極意その1: なにをやる? 

 
            
   私たち大人が子どもの頃やった遊びをいろいろ思い出してみて見てください。ご参考に、いくつかご紹介します。             
 

  オニごっこ系5種/幼児向け3種/低学年向け2種/道具を使うもの2種 

 
 ルールは一例なので、ご自身で慣れ親しんだルールを採用してくださいね。 
            
            
                 
  03346.gif   
  オニごっこ系
 
  03346.gif 
                                               
  高オニ    地面よりも高い場所が安全地帯となり、つかまらない。
  高い所には10秒しかいられない。
 
  色オニ    オニが「○○色!」と指定した色をさわるとつかまえられない。
  オニは逃げる人たちが色をさわる前につかまえる。

 
  凍りオニ    オニにタッチされるとその場で凍って動けなくなってしまう。
  他の人にタッチしてもらうと生き返る。

 
  助け     オニにつかまった人たちは、オニの陣地の壁や柱などに
  手を繋いで繋がられる。他の人に「切ーった!」と言って繋
  いだ手を切ってもらうと生き返れる。オニが複数いた方がお
  もしろい。
 
  十字オニ    5メートル四方の四角に十字にオニ用の通路(幅30センチ
  位)を書く。オニにタッチされずに、オニの通路以外の4つの
  四角を順番に10周すれば勝ち。オニは十字になった通路
  を駆使しタッチする。
             
  DSCN2289-1.jpg 
 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  幼児向け
 
  03346.gif 
あーぶくたった煮え立った
一人を真ん中に座らせ、まわりを数人が輪になってまわる。
  「ムシャムシャムシャ」で真ん中の子の髪をぐしゃぐしゃにする。
             
  あーぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよ
  ムシャムシャムシャ まだ煮えない(気分によって数回くり返す)
  あーぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよ
  ムシャムシャムシャ もう煮えた
  ごはんをたべて はみがきをして おふとんしいて さぁねましょ 
  トントントン なんの音? 風の音 
  トントントン なんの音? 雨の音 
  トントントン なんの音? お化けの音??!キャー!(逃げる)
 
 
  ハンカチ落とし
・輪になって座る。
  ・一人(Aさん)が輪の外をまわりながら、そっと誰か(Bさん)の後ろにハンカチを落とす。
  ・Aさんは気づかれないように素知らぬフリをしながら、1周回ってBさんをタッチする。
  ・Bさんは、タッチされないように素早く気づいて、Aさんを追いかける。
  ・Aさんは、タッチされる前に、Bさんが抜けた場所に座る。タッチされたらもう1回、落とす役をやる。
 
  花いちもんめ
二組に分かれそれぞれ手を繋いで一列に並び、向き合う
             
  (A組) ♪勝ってうれしい花いちもんめ♪ (前に3歩進んで足を上げる)
  (B組)♪負けてくやしい花いちもんめ♪ (前に3歩進んで足を上げる)
  (A組) ♪となりのおばさんちょいときいておくれ♪(以下繰り返し)
  (B組) ♪オニがこわくていかれません♪
  (A組) ♪おかまかぶってちょいときいておくれ♪
  (B組) ♪おかま底ぬけいかれません♪
  (A組) ♪おふとんかぶってちょいときいておくれ♪
  (B組) ♪おふとんボロボロ行かれません♪
  (A組) ♪どの子がほしい♪
  (B組) ♪あの子がほしい♪
  (A組) ♪あの子じゃわからん♪
  (B組) ♪この子がほしい♪
  (A組) ♪この子じゃわからん♪
  (両方)相談しよう、そうしよう(相手チームからだれをもらうか相談する)
      決ーまった!
  (A組)○○ちゃんが欲しい!
  (B組)○○ちゃんが欲しい!
      (じゃんけんをして負けた人は相手チームに移動する)
 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  低学年向け
 
  03346.gif 
               
 
  ●
だるまさんが転んだ
 
 

  01104.gif01104.gif 

 
                                               
      オニは柱(壁)に顔を伏せます。他の人ははオニから少しはなれたところにスタートラインを引き、そこから「初めのいーーっぽ!」と言ってオニに近づきます。 
      他の人は、オニが「だるまさんがころんだ」と大きな声で叫んでいる間だけ動き、オニに近づきます。 
      オニは叫び終わると同時に振り向きます。その時動いてしまった人は、オニに捕まりオニと手をつないで、助けを待ちます。 
      どんどんオニに近づき、「きーった!」と言って、捕まっている人の手を払い助けます。それを合図に一斉に逃げます。 
      オニは気配を察知し「ストップ!」と叫び、みんなを止まらせ、逃げた人の所まで、「だるまさんが転んだ」の言葉の歩数分すすみ、届いた人にタッチします。 
 
  けんけんぱ
               
   丸を右の図のように書いて、スタートラインから石を投げる。
   石が入ったところに足を着けないように、「ケン(片足)・パ(両足)」とリズム良く丸を踏んでいく。
 
  DSCN2293-1.jpg 
 
            
            
                 
  03346.gif   
  道具を使って
 
  03346.gif 
 

  ゴムとび
  二人が輪の中へ入り、向き合って、「いろはにほへと」と言いながら、ゴムをつまんだり伸ばしたりして、色々な形に変形させる。高さや形は自由。
  飛ぶ人は後ろを見ていて、その形を見ないまま、「飛ぶ」「くぐる」「またぐ」「はねる」を選ぶ。振り向いてその高さ・形がどうであれ、宣言したとおりにする。
 

 
  大縄跳び             
 

  03605-1.gif 

 
             
  くまさんくまさん 両手をついて
  くまさんくまさん 片足あげて
  くまさんくまさん まわれ右
  くまさんくまさん さようなら
 
             
  03606-1.gif 
             
  おじょうさん おはいんなさい
  ○○ちゃん おはいんなさい。
  ありがとう 
  じゃんけんポイ (先に入っている人と跳びながらジャンケンを する。)
  負けたおかたは おでなさい。 (ジャンケンに負けた人はナワから出る。)
 
             
  03607-1.gif 
             
  (最初は縄を揺らして)郵便屋さん、落とし物。
  拾ってあげましょ(ここから縄をまわす)
  1枚、2枚、3枚…
 
               
 

  道具について
  ゴム跳び用のゴム裁縫用の細ゴムなどを使うと良いでしょう。100円ショップなどでも売っています。
  縄跳び用ナワ一人用の跳びナワを繋げてもできると思いますが、長めのロープが1本あると縄跳びだけじゃなく、色々な遊びが広がります。
1対1で引っ張り相撲も駆け引きがあって面白いです。 

 
 
            
 

  おとなガキ大将への極意その2: どこで? 

 
              
  03332.gif     以前だったら、その辺の道ばたで遊んでいたものですが、現在だと、近所の公園などの確保さえた場所がいいでしょう。学校の校庭もおすすめです。
   まわりで遊んでいる子も引き入れてみてはいかがでしょうか。
 
            
 

  おとなガキ大将への極意その3: 心得 

 
            
 

  一、なるべく社会での肩書きを捨て、ガキ大将になりきる。
  一、勝ちにこだわる。
  一、最低限の危険の回避・他人への迷惑をかけないという2点だけ気をつける。
 

 
            
 

  おとなガキ大将への極意その4: 技の伝授 

 
              
 

  遊びを作ってい行く技をさりげなく伝授しましょう。
・遊びを面白くするために、臨機応変にルール変更しましょう。
  ・ズルは認めてはなりません。ルールは変更しても、ズルは認めない、それが「ガキ大将」です。
 

             
  例えば、鬼ごっこのグループの中に一人小さい子がいたりすると、小さい子用のルールを作ります。小さい子が鬼になったときには逃げる範囲を制限するとか、鬼二人制を導入したりします。
   かくれんぼの時に隠れる範囲を決める、鬼ごっこで逃げる範囲を決める、など、その場に応じて、相談して決めなくてはならないことはいろいろあります。やってみて、ゲームが滞ったりすれば、その都度、「タイム!」がとられ、少しずつルールを変更していきます。
 
 それらは、すべて、遊びを「面白くするため」の技なのです。   
 

 
  04305.gif 

 
            
 

  00286.gif 

 
            
   以上、4つの極意をご紹介しましたが、30分も真剣に遊んだら、息はあがり、フラフラになるかもしれません。そんな時は無理はせずに、「子どもに遊びを伝えるのが目的なのだから」と心の中で言い訳をしつつ、次回の作戦を練りつつ、潔く「イチ抜け!」を宣言し、後は子どもに任せましょう。 

  • -
  • -
1/1